« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「その孤独に寄り添えるだけの力を」 のん




9月3日

○簿記論講義
 今日から簿記論の講義が始まりました。
 最初にガイダンスがあり、講師の女性の先生が税理士のやりがいなどを話してくれたのですが、そのなかの一言が忘れられません。
 『経営者って孤独なんですよ』
 その経営者の相談に載ってアドバイスができるのが税理士なんだと。
 それを聞いて、自分はその孤独に寄り添えるだけの力をつけなくてはいけないのだと思いました。

 定点カメラの映像は先生と黒板を映しているのですが、最前列の受講生の後ろ姿も映っていて、自分も講義をしている感じがしました。
 講師の先生はすごく分かりやすい話し方で、1.5倍速にしても何も問題ないほどで、このはっきりした話し方もついでに学ばせてもらおうと思います。

 簿記論は今までやってきた簿記をもう一度基礎からしっかりと、という感じでした。
 先日、本試験の問題はどんな感じなのだろうと思ってネットで見てみたのですが、1級のときにも大体で記憶していて、つつかれると痛いところをたくさん突かれていて、まずいなと思ったので、知っていることだと思っても気を抜かないで、細かいところまで正確に記憶し直そうと思いました。

 明日は財務諸表論の最初の講義です。
 どんな講師の先生との出会いがあるのか、どんな世界が開けるのか、楽しみです。

○硬式バレー
 今日は硬式バレーの練習も始まりました。
 6月は試験でできなかったので、1年ぶりの練習でした。
 レシーブ練習をしていて、しほちゃんにたくさんアドバイスをもらいました。
 腕を振ってしまう癖があるから、もっと体でもっていくこと。ボールを受けたときに、ボールが来た方向じゃなくて、ボールを上げたい方に体を向けること(特にチャンスボール)。面をしっかり作ること。

 ボールを上げたい方に体を向けるというのは、やってみたら全然上がり方が違っていて、こんな小さな違いでこんなに違うんだと思いました。
 体でもっていくには、足をもっとしっかり使わないと駄目だと思いました。

 アタックレシーブでは、打たれた瞬間に動き出すのができませんでした。
 今動き出したら間に合わないだろうというところまでボールが来て、やっとどこに落ちるかが分かるという状態で、予測の範囲と速さが課題だと思いました。

○ソフトボール
 夕方のソフトボール練習では、今日はバッティングをやりました。
 スイングをコンパクトにしてスイングスピードを上げる練習をしたり、なおとさんが投げる下投げの速球を打つ練習をしました。

 スイングスピードを上げるために、テイクバックをなくして、ためを作るだけで、すぐ打てる状態でかまえるのですが、私はテイクバックしてしまっていると教えてもらいました。
 自分ではしているつもりがなかったので、すごく意識しないと直りませんでした。

 あと、打つ球がほとんどライト方向に飛んでいくので、振り遅れているのだということも感じました。
 バッティングも本当に些細な違いがボールに渡ると大きな違いになると思いました。

 この前は、私の打ち方が後ろ体重で打っているから、前に重心を移動して、前に押し出す力を加えるといいと教えてもらいました。
 ボールを迎えに行かない程度に前に重心を移動すると、本当に前に力が加わりやすくなったのを感じました。

 少し変えるだけでその結果の変化をしっかり感じられるのが面白いと思いました。
 1つ1つできるようにして、確実に進歩していきたいと思います。

 

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.