第207回「調理されて食べられる魚はかわいそう?」

【質問】

 昔テレビで中国人が、魚を生きたまま灼熱の油の中に体だけを入れて調理しているのを見ました。その魚は生きているので油の中でとても苦しそうにしていました。私はそれを見て、中国人はなんて残酷なことをするんだと怒れてしまって、魚が可愛そうでいたたまれなくなりました。
 それとは別に、誰が言っていたのか忘れてしまったのですが、「魚は痛みを感じない」ということを聞いたことがあります。
 それを聞いて、釣りのときに魚の口に針を引っ掛けたりしているのや、生きたまま調理をしているのを見て、少し安心しました。
 だけどふと、魚がそう言ったわけじゃないだろうし、と思い、なんだか信じられなくなりました。
 お父さんとお母さんは、魚に痛覚がないというのは本当だと思いますか?

 
 

【お父さんの答え】
お父さん:
 という質問ですね。
 痛覚がない、っていう、これはどうなんでしょうというふうに思うんですよね。
 あのね、これを聞いてちょっと思い出したのは、「神経ガエル」です。知っていますか。中学校の理科の実験でやったんじゃないかな。
 カエルちゃんがいます。ここが口と思って下さい。ここに目玉がついています。この口に、はさみを入れて、ジョキンと頭を切り落とします。そうすると脳の部分がない身体になります。下顎と身体だけ、ですね。顎を針金に引っ掛けて、吊るします。

 

あゆ:
 (唖然として聞いてるみんなの顔を見て)みんなのかお……。

 

お父さん:
 これが顎で、身体は下に垂れ下がっている、と思ってください。
 背中をこっちへ向けておいて、硫酸に浸した小さい小指の爪くらいの紙を背中に、ぽんと付けるんです。
 すると、カエルは急に、足を曲げて、かっかっかっと背中に足を回して、その硫酸の紙片を取ろうとします。
 頭が取れてるのにこうやって動くんです。硫酸の紙片が落ちるまで。

 

まゆ:
 そんな実験、学校でせんて。

 

お父さん:
 そう? やったよね。今はしていないのかな。
 これはどういう実験かというと、脳がなくても、背中の皮膚についた硫酸が熱くて痛いので、それを取るという反射がある、ということを確かめる実験です。
 背骨の中の脊髄から直接、排除しろという命令が行って、足を動かして危険を取り去る。つまり、頭のほうに「痛い」という信号が行くと同時に、脊髄から直接、それを排除する命令が足の神経まで行って、落とすように仕向けているわけです。神経ガエルと言うんですね。脳を取り去って、神経しかないので。脳が指示しなくてもそれをやるわけです。神経が生きてる限りはね。
 それを確認するための実験なんです。
 それを考えると、「痛い」っていう感覚は、なんなんだって話ですよね。
 脳がなくても、背骨で痛みを感じるからこそ、反射がおきている。
 少なくとも、カエルちゃんの心では感じていなくても、背骨では感じている。神経で感じて痛みを排除している。だけどそれは痛みを感じていないということなの? 心で感じなくても身体が感じてたら、嫌なんじゃないの? と僕は思ってしまうわけです。
 あのね、同じことが人間でも起きるんですよ。
 医者から、「残念ですが脳死です。延命していても、もう脳が生き返ることはありませんよ」と言われたとします。家族が「わかりました」といって、「じゃあ呼吸器も何も全部外しますよ」「しょうがないですね。諦めます」そんなやりとりがあったとします。
 それで、延命の器具を外すでしょ。外したら、脳死のはずの患者が暴れます。苦しいからね。それを見たら家族は大きなショックを受けます。もうあれですよ、それ見ちゃったら、自分たちが殺しちゃったんじゃないかと思うくらい、家族は苦しみますよ。
 脳死といっても、大脳新皮質のほとんどが死んでいるというだけで、一部の脳細胞が残っていることは普通ですし、確実に反射神経は残っているので、苦しくなったら暴れるというのは当然のことです。

 それをどう考えるかっていうことですよね。
 大脳新皮質のある部分の脳だけが人間で、呼吸器を止められたら反射的にかーって苦しむのは自分の子供ではないのか、と疑問に思う人は多いはずです。
 脳死って、すっごく、おかしいですよ。
 偏見かもしれませんが、脳死を人間の死として、僕は認めたくないですね。
 心臓が動いてる限り、生きてる限り、生きてるでしょうって言いたいですよね。

 で、生きてるかどうか、痛みがあるかどうかはともかくとして……。
 あ、もう一つ。話は遠回りしてしまうけど、ちょっとした日本料理屋さんに行って、出てくる、魚の活造り。ここに、頭が皿の左側にどんとあります。背骨があって右側にしっぽが立ててあって、刺し身が背骨の上あたりに並んでいる。食べようとすると魚が、パクパクって、動く。
 これを、外国人は、おかしい、っていう。残酷だ、と。それを喜んで食べるのは日本人だけ。…そういうのは聞いたことある?

 

えりさ:
 SNSとかで、日本人が食べてて、動き出して、無理無理! っていう動画とか、あります。

 

お父さん:
 それはどういう意味で。これ「おかしいんじゃない?」ってことだよね?

 

えりさ:
 ええ、「おかしいんじゃない?」って……。

 

お父さん:
 生きてるのを食べて、喜んで、これは活きが良いなんていうのはおかしい、と。
 みんなはどうなの? そういうの経験がある、見たり聞いたりして経験があって別におかしいと思わない人。(多数)
 おかしいと思う人(少数)。
 多くの日本人は、魚の活き造りをおかしいと思わないでしょ? 美味しいよね。それが普通なんですよ、日本では。
 これをどう考えるか。すごく難しいですよね。

 ちなみにまた余分な話ですけど……。
 僕の母親が料理をしてくれたことですが、まあ暑い頃になると、母親がドジョウ料理を作ってくれるたんです。生きたドジョウの料理を。
 だいたいドジョウは生きてるやつしか調理しませんね。
 親がドジョウ料理を作ってくれた人、手を挙げてみて。ああ、一人いる。
 ドジョウちゃん、料理の途中で2回暴れる場面がある。
 スーパーからビニールのパックの中で泳いでるのを持ち帰ったとします。
 それをザルに移します。ザルに入れて、蓋を用意します。

 まず、1回目の惨劇。塩をひとつかみ。相撲を取るわけでもないのに。そのザルにいるドジョウめがけてバッと投げ入れて、すぐに蓋をする。ばたばたばたばたって、蓋の下でドジョウが暴れます。ドジョウは自動的に塩まみれになって、ぬるが取れる。ひと騒ぎ終わったあと、「塩をかけてごめんね」と言いながら水ですすぐ。きれいにぬるが取れた。

 次。「ハア、ひどい目に遭った」って思ってるドジョウはひと休みしています。
 鍋にドジョウ汁を入れて、沸騰させます。ゴトゴト。そこによく水を切ったドジョウ。「ああひどかった、さっきは痛かった。今も痛い……」って言うのを、煮えたぎった鍋の中にバンッて入れ、蓋をバンッて閉める。バタバタバタ! 
 ドジョウが飛び出さないように蓋をしばらくおさえている。やがて静かになる。
 それが美味しいんですよ、ドジョウが。そうやって生きたドジョウを調理するんですね。
 僕は子供の頃見ていて、なかなか凄まじい戦いだなと思って、よくドジョウに負けないでお母ちゃんは料理してるなって見てました。

 もっとマイルドなドジョウ料理となると、大きな鍋に豆腐を一丁入れるんです。水です。そこにドジョウちゃんをよく洗って入れる。まあ塩で洗ったほうがいい。
 鍋の中に泳がすんです。それを、火にかける。だんだん鍋が熱くなってくると、ドジョウはパニックになってきます。「何か涼む方法はないか」ってなって、「ああそうだ」「ここにある豆腐ちゃんに入ろう」。入る。ズンズンズン。進むんです。ここなら安全。
 それでそのままだんだん煮えていきますからやがて、豆腐ドジョウができる。
 どちらにしても、ドジョウ料理は生きているのを調理するので、かわいそうと思えば、かなりかわいそうな料理ですよね。
 考えてみると魚料理とかドジョウ料理とか、ウナギもそうですけど、調理される側からすれば悲惨ですよね。
 それで、そういうことを、どう考えるかということですね。

 僕はね、時々、色んなものを擬人化しますよ。花でも擬人化しちゃいますけどね。
 でも、料理をしたり、コトなにか物を食べるにあたって、擬人化してしまったら痛々しくて何も食べられなくなります。それこそ、菜食主義者になるしかなくなります。
 あまり擬人化する必要はないんじゃないかな、という感じがしますよね。
 で、やっぱりその人の持っている文化や、地域のカルチャーに関係が深いんです。食生活というのは、カルチャーなんですよ。それを痛ましいと思うか思わないかも含めて。

 そのカルチャーの微妙なあたりが犬ですよね。ドッグ、犬。
 中国あたりでは――韓国でもそうかな、犬を食べる文化を持つ地域がある。
 中国では犬だけでなく猫でも、なんでも動物を食べる文化がある。ハクビシンでも蛇でも鳥でも何でも食べる。その犬を食べる人たちに対して、動物愛護団体が――ああ、最近、犬肉まつりがあって、犬肉まつりに動物愛護団体が抗議に押し掛けたというニュースがありました。僕は驚きましたけど、食用犬の養殖業者がいるんですね。食べる用の犬を、豚を生産するみたいに育てている。犬を生産する養殖業者がいる。犬を売って生計を立てている。そういう人たちはもちろん、犬を食べる文化が昔からあるのだと主張します。動物愛護団体はかわいそうだと言って、対立する。
 まさにこれは、食文化の、モラルの持ち方の違いですよね。
 片や食べるのが当たり前。片や、食べちゃ可愛そうだという考え方。
 食べることに関しては、あるいはそれをどう扱うかということに関しては、文化の違い、カルチャーの違いがあって、それをどう見るかということで、やめたほうがいいと言うか言わないかも全部考え方の違い、と思ったらいいんですよ。
 だから文化の異なる人に対して、あまり口を出すのはどうかと思います。他の人のカルチャーに対して、同じ土俵に乗ってないのに、口に出すのはいかがなものかという気が僕はするんですね。

 今、現に日本で困っているのが、鯨肉です。鯨肉を食べる文化というのが、日本では昔からあります。鯨肉をずっと当たり前に食べてきていて、特に戦後、食糧難の時代に鯨の肉で動物性タンパク質を摂っていた。
 僕も学校給食で大好きだったのが、鯨肉のフライですよ。超美味しかったですよ。それを食べて育った。今は鯨は見かけないですよね。それはなんでかというと鯨の肉を食べる文化を持たない人たちが、「食べるんじゃない」って反対して、今は、なんていうか試験操業みたいな、あるいは調査捕鯨的な分でしか食べられなくて、特に捕鯨の文化のある街でだけよく食べられている、そういうようなことがありますよね。
 だから、痛いか痛くないかとか言う以前に、カルチャーとしてどうなのかということを考えたら、自分のスタンスがとりやすいかと思います。
 今の日本人でも、クジラはどうかな。食べたことないから考えにくいかもしれないけど、クジラ肉を食べるの賛成の人? 反対の人? ああ反対はいない。それは日本人として食べてきている、というのをよく知っているからですよね。
 そうだよね、アメリカでは反対でしょ?
 試しに犬を食べるの賛成な人は手を挙げて。反対の人?(賛成は0人) ああ、犬を食べていいという人はここにはいません。やはりカルチャーなんですよね。

 魚の痛みに対して同情するかどうかというのも似たところがあって、僕は同情しませんね。
 ずっと前に、3本の刃がついたヤスを持って海に潜ったある日のこと、割と小さい魚ですけど、魚がいたので、ぴしゅっとやったんですね。僕は下手くそで、その魚に当たったんだけれども、ツルンと滑って、刺さらなかったんですよ。そしたらその魚は「危なかった!」って逃げるかするのに、「え? なに? なんかが背中に当たっちゃった」という感じでそのままそこで餌なんかつついている。
 あららと思って、またプシュッとやった。今度はズドンと刺さる。「いててて」。この魚、なに考えていたんだろう。なんで逃げなかったの? はてなマーク付きましたね。魚ちゃん、ちょっとおばか、という感じですね。
 逃げる魚もいます。逃げない魚もいる。よくわからないです、何を基準に逃げるのか逃げないのかが。
 鯛あたりは、結構うるさいです。かなり察して、早めに逃げます。だけど、逃げない魚も多いです。魚、食べてもいいんじゃないですか。魚、文化として食べてきていますからね。で、かわいそうに思う必要もないんじゃないですか。どういう食べ方をしようともね。
 痛いか痛くないか、というと痛いに決まっている。
 しかし、痛いからかわいそう、痛くなさそうだったらかわいそうじゃない、という以前に、それを食べる文化があるかどうか。食べる文化があれば、痛い、痛くないに関わらずに食べる。
 だから、痛いか痛くないかは、かわいそうか、かわいそうじゃないかとか、食べるか食べないかの基準として、考える必要がない。
 それを食べる文化がある人は、それを擬人化しないので、文化のない人とは別な心持ちで美味しくいただく、ということでしょうね。

 
 

(2019年8月20日掲載)









第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」
第134回「上品に、笑顔で、美しく」
第135回「続『上品に、笑顔で、美しく』」
第136回「嘘をつけない」
第137回「お父さんが怖い 前編」
第138回「お父さんが怖い 後編」
第139回「見事やで」
第140回「頼まれごとが不安・時間に遅れる①」
第141回「頼まれごとが不安・時間に遅れる②」
第142回「頼まれごとが不安・時間に遅れる③」
第143回「大きな声を出すこと」
第144回「時間の使い方」
第145回「お腹がすく」
第146回「本を読む時、第三者の視点になってしまう」
第147回「罰ゲームの答えとユーモア」
第148回「アイデアが出ないこと」
第149回「気持ちと身体の助走」
第150回「花や動物を可愛いと思えない」
第151回「美味しいセロリ」
第152回「尊敬している人といると、あがってしまう」
第153回「考え事がやめられない」
第154回「認めてもらいたい気持ち」
第155回「寝汗をかかなくなった」
第156回「時間の不安について」
第157回「楽器を練習したい、本を読みたい」
第158回「疲れを認めたくない」
第159回「アトピーと蕁麻疹」
第160回「はっきりした人になりたい」
第161回「会話と、興味の深さについて」
第162回「思春期の不安定」
第163回「潔癖症について」
第164回「自尊心」
第165回「自分の身体のサイズ感をとらえるのが苦手」
第166回「兄弟を心配する気持ち」
第167回「自分の声への違和感」
第168回「野菜の調子が悪いと、自己否定してしまう」
第169回「好きな気持ちと、誤解をされることへの不安について」
第170回「トイレが近いことについて」
第171回「競争意識について①」
第172回「競争意識について②」
第173回「コンディションによって態度が変わる人、変わらない人」
第174回「恐がりなことについて」
第175回「テンション」
第176回「目を見ること、見られること」
第177回「よいお母さんになる10か条」
第178回「音楽と我欲①」
第179回「音楽と我欲②」
第180回「時間の使い方と焦りの気持ち」
第181回「自分に疑心暗鬼になって、不安に陥ってしまうのはなぜ」
第182回「有志の募集に手を挙げづらい」
第183回「緻密に」
第184回「いつも怖い」
第185回「体型に対するこだわり」
第186回「気持ちの切り替えが、うまくできない」
第187回「米ぬかぼかし作り」
第188回「評価すること」
第189回「堂々とした人に怯えてしまう ①」
第190回「堂々とした人に怯えてしまう ②」
第191回「耳が良くないこと」
第192回「限界」
第193回「物を簡単に捨てることができてしまう」
第194回「整理整頓、片付けができない」
第195回「次のミーティングは、いつですか?」
第196回「整理が過ぎるのは症状ですか」
第197回「人をもっと理解したいということについて」
第198回「体育の授業が怖くて、さぼっていたことについて」
第199回「完璧が怖い」
第200回「やるべきことに追われてしまいがちな気持ちについて」
第201回「正面から受け取りすぎることについて」
第202回「手持ち無沙汰にさせることが怖い」
第203回「生き物が好きで触りたくなる気持ちについて」
第204回「魚の食べ方について」
第205回「ステージで間違いがあったときは」
第206回「作業で焦ってしまう」
第207回「調理されて食べられる魚はかわいそう?」
第208回「頑張ろうとすることに疲れた」
第209回「自己愛性パーソナリティ」
第210回「期待について その①」
第211回「期待について その②」
第212回「アウトプットで生きる」
第213回「キャパシティを大きくしたい」
第214回「コミュニケーション」
第215回「秋が寂しい」
第216回「我欲と、自分を大切にすることの違い」
第217回「声を前に出して歌うには」
第218回「できる気がしない、と感じてしまう」
第219回「苦手なことをしている時間を苦痛に感じてしまう」
第220回「握力について」
第221回「喜び合うための全力」

第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます!
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.