« ★前のページ  ||  ★次のページ »

8月6日(火)「地這いキュウリ、畑へ&紫色と茶色のコントラスト」




8月6日のなのはな

今日の早朝作業は、大人数で地這いキュウリの植え付けをしました。
植え付けをした河原下田んぼ畑は、今年から新しくお借りした畑で、私は到着するまで土の状態が分からなかったのですが、とてもふかふかでした。
まずみんなで畝作りをしました。畝幅は約2メートルの畝です。
地這いキュウリは、地面に大きく広がって育つので、畝幅も大きく取ります。
水はけが良くなるように高畝を目指しました。

P8060005

1畝を2人1組で作っていきました。
リーダーのあゆちゃんがタイムキーパーをしてくれて、大体1畝15分ペースで進んでいきました。
途中から、ピーマンの整枝作業を終えたチームも駆けつけてくれ、畝立てを続ける人と植え付けに入る人の二手に分かれ、さらに大人数で進んでいきました。
あっという間に植え付けを終え、藁敷き、ネット掛け、水やりとどんどん作業が進みました。
約3時間半で無事にキュウリの植え付けを終えました。
みんなで協力して、終えられた達成感や、大人数作業での楽しさを味わえました。

P8060031

P8060027

支柱で育てるキュウリの第1弾と2弾がもうすぐ終了します。
寂しさもありますが、地這いキュウリが植えられて、まだまだキュウリの収穫ができることが嬉しいです。

(まゆ)

P8060035

●●●●●

 

紫色の例のもの。例のものを掘りあげるため、私たちは土にスコップをさす。
茶色の土からのぞく紫色。茶色と、目にくっきりと鮮やかに認識させる紫。土の中でできるコントラスト。

そう、今日はサツマイモ掘り。 真夏に行う少しスペシャルなサツマイモ掘り。
その紫の鮮やかさはみんなを驚かせて、喜ばせます。

P8060042

2人1組になって、せーの! でスコップをさし、そーれ! で芋を掬いあげる。ゆうこちゃんと声をかけあって息を合わせて掘りあげました。
掘りあげた芋が大きければ、モデル、べっぴんさん、立派だ! と喜びあい、小さければ一緒に少しだけ悲しみます。けどそれもそれで楽しいです。

P8060041P8060040

P8060046
〈永禮さんも作業に来てくださいました!〉

黒マルチシートの回収から始まり、見上げると、畑に一面に芋が掘りあげられ、回収されます。
この崖崩れ畑一面に潜っているサツマイモをみんなで掘りあげました。コンテナに入れて、体育館に連れていきます。
そこに連れていかれたサツマイモは数日間干されて、甘みを増して、調理されて食卓へ行きつきます。
みんなとサツマイモ堀りができて楽しかったです。

(やよい)

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.