« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「スイカ、メロン、マクワ」 ななほ




7月29日

・大好きな大好きなマクワウリ

 今朝は、私は今季初めて、マクワウリの収穫をしました。畑には、けいたろうさんにゆいちゃんにまちちゃん。
 さきちゃんにみほちゃんに、えつこちゃんにりさちゃん。そして、マクワウリの収穫をしていたら、れいこちゃんとやよいちゃんも来てくれて、全員で収穫をしました。
 梅林奥の畑は去年に比べて、面積も株数も多いので、大人数でマクワウリを収穫します。

 1年ぶりのマクワウリの収穫は、少し緊張してドキドキだったのですが、なつみちゃんとペアでコンテナいっぱいに収穫ができました。
 なつみちゃんはマクワウリをポロっと収穫するのが初めてだったらしくて、私がお手本を見せるとすごく喜んでくれました。
 片畝を収穫するだけで、コンテナがパンパンになってしまって、今年は本当に甜瓜が絶好調で、大成功です。
 一昨日は52キロ。そして昨日と今日は200キロずつ、マクワウリが収穫できていて、お父さんの大好きなマクワウリの大豊作が嬉しいです。

 マクワウリの収穫の後は、りさちゃんとえつこちゃんと一緒に崖崩れハウスのミニトマトを収穫しました。
 ミニトマトの収穫をしていたら、聞き覚えのある声が聞こえて、ふと顔を上げたら水田さんの姿が見えました。
 水田さんが「諾神社、ありがとうね。朝早くから、ようやっとるわー。」と声をかけてくれて、朝から水田さんの明るい笑顔を見る事ができて元気が出ました。
 ミニトマトも発泡スチロール2つ分も、いっぱいに収穫ができて、過リン酸石灰のお陰で色も濃くて実も大きくて、甘くて立派なミニトマトが嬉しいです。

 午前の初めにも、みんなでマクワウリの選別や野菜の嫁入り作業をして、貯蔵庫がマクワウリで溢れかえっていました。
 1日で10コンテナ以上もマクワウリが収穫できて、少し消費が困る時もあるのですが、70人の家族みんなで今年の夏は、マクワウリを飽きるまで食べ尽くしたいです。
 朝・昼・夕と毎食の様に、マクワウリや三角メロンが食卓に並んで、いつもの色鮮やかな食卓に、またワンポイントが加わって、豪華な食卓が嬉しいです。
 昼食には、ミニトマトに空心菜にゴーヤの佃煮にカレイに、なのはなの野菜がたっぷりで、旅館に来た気分になりました。
 朝食も、夕食も、私の大好きな夏野菜が炒め物や煮物に変身して、毎食のように新鮮で美味しい野菜を頂けてすごく幸せです。
 また、夕食にはお父さんが昨日裁いてくださった、ヒラメの昆布締めのお刺身が出ていて、口の中でとろけるヒラメが最高に美味しかったです。

・可愛いりひとくん

 午前はりひとくんも来てくれて、なつみちゃんやはるかちゃんと桃花作りをしました。
 桃花作りをすごく無心でできて、作ってあった正方形や折りのパーツを、全て丸めまで完成することができて、達成感を感じました。
 途中には、りひとくんが子供食堂や学校の事を話してくれたり、アームレスリングや読み聞かせもしてくれて、その時間がすごく幸せに包まれていました。

 アームレスリングは腕相撲の事なのですが、小学校3年生のりひとくんは、予想以上に力が強くて、アームレスリングが最強でした。
 体も小さくて、すごく可愛いりひとくんなのですが、アームレスリングの時は真剣な眼差しで、全力を出して力を込める、りひとくんの姿が可愛かったです。
 読み聞かせも読書感想文用の本を読んでくれて、主人公や言葉になりきって話すりひとくんが可愛くて、読み聞かせの時間が嬉しかったです。
 りひとくんの読み聞かせはすごく上手で、「きっとあきこさんもりひとくんにこうやって本を読んでいるんだろうな、」と思いました。

「はあ、はあ、はあ」とか、「あー。定規ってた―いへん。」とすごく上手に読んでいて、りひとくんと一緒に居るだけで癒されました。
 夜の集合では、りひとくんがなのはなでの夏休みの感想を言ってくれたり、「りひとくんに聞いてみよう。」を開いてくれました。
 りひとくんの好きな子の話や、告白された時の事。なのはなの好きな所や、みんなの作業や生活の評価をしてくれて、りひとくんが少しずつ成長しているのを感じました。
 去年に会ったときは、まだ小さくて恥ずかしがり屋なイメージがあったのですが、一緒に居ればいる程すごく楽に伸び伸びとして、なのはなを好きで居てくれるりひとくんが嬉しいです。

 りひとくんが最後に、「なのはなのみんなは、可愛い。」と言ってくれたり、「明日の出発の寂しさを表現して、」と言うお父さんの質問に、「振られるほど、寂しい。」と恥ずかしそうに言っていて、すごく可愛かったです。
 かりんちゃん、りひとくん、お友達のにこちゃんがなのはなに来てくれて、夏祭りやダンスにソフトバレー。なのはなの毎日を一緒に楽しめた時間が嬉しかったです。
 午後には家族みんなで、スイカ割りではなく、スイカ・三角メロン・マクワウリ大会をして、みんなで夏を満喫できました。
 今年初めて、なのはなで黄色いスイカのシュガームーンを育てて、念願のスイカ割りができた事も嬉しかったです。

 昨日の午後にスイカの見回りに行った時、スイカの表面を軽く叩いたら、「ポンポン。」と良い音が鳴ったので、思わずお母さんに言いに行きました。
 すると、お母さんが「本当か、ならりひと達が帰る前に、スイカ割りをしよう。」と言って下さって、夢にも見なかったスイカ割りが、実現して嬉しかったです、
 お楽しみ会のオープニングは、ハリーポッターの9と4分の3番線ゲートに新しく決まったハウスごとに並んで、実行委員さんとやよいちゃんとあけみちゃんがみんなと招待してくれました。

 竹を振り落とす度に、拍手がおきて、声の通りに真っすぐに歩く人もいれば、何もない場所に竹を振り落としたり、フラフラとしている人もいて、最初から最後まで大盛り上がりでした。
 アドバイスも相手チームにも関わらず、みんな正直に方向をアドバイスして、迷いがなく真っすぐにマクワウリが割られていって、面白かったです。

 メロンマクワ割りが終わったら、お待ちかねのスイカ割りで、子供組メンバーが代表で、みんなのアドバイスの元にスイカを割りました。
 かりんちゃん、りひとくん、にこちゃんもすごく楽しそうで笑顔で溢れていたり、黄色いスイカを見た事も、食べた事もない人がほとんどだったので、みんなに喜んでもらえて嬉しかったです。
 シュガームーンは私の予想を遥かに超えて、すごく甘くて、口に入れた瞬間に、甘みと瑞々しさが広がって、今日の暑さには絶好のスイカ割りでした。

 大会の他にも、おやつや食卓に、お父さんの大好きなマクワウリに夏の定番のメロンやスイカをいっぱい頂けて、夏を満喫できました。
 かりんちゃんやりひとくん達にも、甘くて美味しいなのはなの野菜を頂いてもらえて、みんなの愛情たっぷりの野菜とお楽しみ会が嬉しかったです。
 今日は他にもダンス練習や出荷準備や、細々とした作業を進められて、朝からみんなと色々な事ができて嬉しかったです。

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.