« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「いつか誰かを守れるくらい」 ほし




7月23日 ほし

 今日はれいこちゃんのお誕生日でした。
 れいこちゃんには明るい笑顔を沢山向けてもらって、自分も暗い気持ちから明るい気持ちになって、沢山支えられて、沢山の感謝の気持ちでいっぱいです。
 れいこちゃんは、目の前のことを真っ直ぐに受け止めて、絶対に逃げたりしません。
 目の前の人の気持ちを汲んで、誰にでも優しく接してくれます。
 れいこちゃんのダンスや一輪車に乗っている姿や表現するものからは、れいこちゃんの素直で真っ直ぐで、透明で綺麗な心がそのまま表れています。
 私がアセスメントに来た時、れいこちゃんが笑顔で、真っ直ぐに私の目を見ていてくれた事を思い出しました。
 その時、「こんな私を受け入れてくれているんだ」と、救われた気持ちになりました。
 希望を貰いました。
 私もそんなれいこちゃんのようでありたいと思いました。
 強くて、優しくて、勇気があって、真っ直ぐで、自分を守らないれいこちゃんのことが大好きで尊敬しています。

 今日の午前も、桃花づくりをさせてもらいました。
 桃ジャムが東京のアンテナショップなどに置かれているということを聞いて、なのはなのみんなで作った桃ジャムが遠くの地で手を取ってもらって、もっと言えば海を渡ることもあるんだと思いました。
 手にっとった人にとって、たった1つの、桃花になるんだなと思いました。
 手に取ってくれる1人1人の事を思って、大切に折らせてもらいました。

 今日の午後は、Bチーム作業で、まゆちゃん、しのちゃんとの作業でした。
 3人だけの作業で少し緊張していたのですが、まゆちゃんが作ってくれる、明るくて、楽しい、肯定的な空気の中で作業させてもらって、救われた気持ちになりました。
 作業後も、「ほしちゃんありがとう、疲れなかった?」と気にかけてくれました。
 その時は、全く疲れていなくて、楽しい作業をさせてくれたまゆちゃんに感謝の気持ちでいっぱいでした。
 まゆちゃんは本当に優しいなと思います。
 よく気が付いて、常に人に気持ちを添わせています。
 誰の事も忘れたりしません。
 まゆちゃんの言葉からは前向きさを感じて、立ち直ろうと努力している気持ちが感じられます。
 私も救われたことがあります。
 そんなまゆちゃんの姿から学ばせてもらうことが本当に多いです。まゆちゃんのようでありたいです。

 私は、「自分の事は自分で守るしかない」と心の中で、強く根付いてしまっていました。
 だけど今日、「自分の事は守ってくれる人がいるから守らなくていいんだ」と気が付きました。
 安心して、身も心も預けられる、なのはなという大きな存在があります。
 もう、自分の事を守らなくていいから、思う存分、自分を使っていいんだと思いました。
 疲れる怖さや、傷つく恐怖もありますが、疲れた時や傷ついた時は守ってくれる存在があるから安心して、自分を使えます。
 前に向かっていけます。
 だけど、まだまだ安心できていない部分があります。
 みんなのことを信じ切れていないんだと思います。
 安心出来る段階まで行きつくこと、逃げずに向かっていくこと、勇気を持ってみんなを信じることが、今の私にとっての試練なんだと思いました。
 みんなが私の事を信じてくれいるように、私もみんなの事を信じます。
 いつか誰かを守れるくらい、強くなっていきます。

 

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.