« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「れいこちゃんの周りが」 えつこ




7月23日

 あきこさん、かりんちゃん、りひとくん、かりんちゃんのお友達のにこちゃんが、なのはなに帰ってきてくれました。
 昨日、廊下を歩いていたら、りひとくんが子供玄関から頼もしい声で「帰りました!」と声をかけてくれました。
 続いてかりんちゃんとにこちゃんも、「帰りました」と挨拶してくれました。
 かりんちゃんの身長が私と同じくらいになっていることに驚きました。
 少し長くいてくれて、畑作業も一緒にするとのことで、とても楽しみです。

 れいこちゃん、お誕生日おめでとうございます。
 先日、輪踊りの練習のときに、2グループに分かれてお互いの踊りを見ました。
 私は、れいこちゃんの踊りに惹きつけられました。
 表情が希望に溢れていて、れいこちゃんの周りが光って見えるくらいに存在感がありました。
 ポーズとポーズとの間の動きがしなやかで、情緒豊かで、心から踊りを楽しんでいるのを感じました。
 楽しんでいるけれど、自分のための踊りではなくて、美しい踊りを人に見せるという意志の強さがありました。

 れいこちゃんは、いつ見ても明るい表情をしています。
 お父さんが、悲観的なシンデレラと楽観的な「あしながおじさん」の主人公のお話をしてくれたことがあります。
 私はそのとき、楽観的なお姫様はなのはなの中では誰だろうと考えたとき、れいこちゃんが思い浮かびました。
 れいこちゃんの周りはいつも肯定的で優しい空気があります。
 どんな状況にあってもポジティブな答えが出るような空気です。
 れいこちゃんの日記から、繊細な心を感じます。
 その繊細な心から、指先まで神経の行き届いた一輪車の演技や、見ていて心が柔らかくなるような優しい絵などの表現が生まれるのだろうと思います。
 こんなに繊細な心を持ったれいこちゃんだから、笑顔の裏で大変なこともあるだろうと思います。
 でも、れいこちゃんは、いつ見ても、口角が上がっています。
 その甘えのなさ、強さを尊敬しています。
 大好きなれいこちゃんと家族になれて嬉しいです。れいこちゃんにとって良い年になりますように。

 今朝、車を運転しているとき、些細だけれど嬉しいことがありました。
 私の前を走っている車が右折しようとしていましたが、対向車が途切れなくて右折のタイミングに困っている様子でした。
 そのとき、ある対向車の方が、右折しようとしている車に、道を譲りました。
 私はその光景を見たとき、嬉しくなりました。私もそのような心持ちで運転をしたいと思いました。
 自動車で通勤していると、たまに、あおり運転や無駄なクラクションなど、自己中心的な運転を見て悲しくなることがあります。
 今朝、対向車に道を譲った方のような心持ちでみんなが運転していたなら、事故は減るだろうと思います。
 そのような世の中であったなら、生きやすくなるだろうと思います。

 

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.