第200回「やるべきことに追われてしまいがちな気持ちについて」

【質問】
 やることに追われてしまいがちな気持ちについて。
 私はやるべきことがたくさん重なったとき、すぐにパニックになってしまうと思います。
 例えば、消灯までに、あれとこれとギリギリ全部終えられるのではないかと思うときに、ふっと別の用事を頼まれると、急に「もうできない!!」と大混乱して、しばらく何も手につかないという感じです。
 また、小さい頃から、学校の宿題を終わらせるまでそのことで頭がいっぱいになってしまうこともあり、一つ一つは楽しいことなのに、いくつか重なると、義務的にやらねばならない、と大変なことになってしまいます。
 どうしたら、もう少し心にゆとりを持って落ち着いて構えられるのでしょうか。教えていただけると嬉しいです。

 
 

【お父さんの答え】
<img src=
 僕もそんな感じですよね。やらなくてはいけないことが重なると、急にやりたくなくなってしまいますね。何もやりたくなくなる。半分でもやればいいのに、一つもやりたくなくなる。拗ねるような気持ちが沸き上がって……。ちょっとパニックというか。
 今日も僕、嫌なんですけどね。いやね、一つひとつは大したことないの。例えば今度、講演会があって、その講演先に僕の経歴書というか紹介の文章を送る。今までもやってきているから、ちょっと手直しして、FAXすれば済むだけなのに、やれないでいる。
 メールを書かなきゃならないとか、手紙を書かなきゃならないとか、いくつか重なっている。もう嫌なんですよね。なんで嫌なんだろうね。
 こんなふうに、何日もやらなきゃならないことが溜まってくると、それを処理するのが加速度的にたいへんになってくる。
 何が理由で、こんなふうに嫌になるのかということですが、僕の場合には、睡眠不足が続いていて、集中力がないときには特にそうなりがちですね。で、気力、体力とも充実しているときは、何でも来いという感じで、いくつでも終わらせるぞ、やるぞ、ちっちゃな仕事、大きな仕事、なんでも大丈夫という感じになることができます。
 あと心配事がいくつかあるときもダメですね。だいたいいつもなのはなファミリーは60人くらいの在籍者がいるわけですが、これだけの人がいると、いろんな心配事があるんですよ。大なり小なりね。もちろん日替わりで、同じ人じゃなくて色んな人なんですけどね。
 心配事が心に引っかかってると、どんどんそれが重くなっていきますよね。誰かが不調だだとか、誰かが何とかだとか、そういうことで、それが解決できてないなんていうのが重なって、尚且つ、やらなきゃならないことがあると、もうなんか手をつけたくない気分という感じになってしまうんですよね。
 話が全然違いますけど、遠い話しちゃいますけど、人って死ぬまでになにか仕事をしてると思うんですけど、どれだけ有効な仕事をしているんだと疑問になることがありますね。あまり、有効な仕事というのはしていないんじゃないか。あんまりしてないんですよね。

 

お母さん:
 お父さんも、雑用ばっかりだよね。

 

お父さん:
 そうなんだよね、雑用ってすごく多いですよ。誰かの腕時計の電池入れなきゃならないとか、アクセサリ直さなきゃならないとか、それをアマゾンで部品を頼まなきゃいけない、スピーカー直すのに買ってあった予備のユニット、どこに置いたか探し出さなければならない、とかね。

 

お母さん:
 そんなことを色々思ってるときに、お母さんがふっと、お気に入りのスーツケースの鍵が壊れたものがあったのを思い出して――こないだ、草刈り機を分解して直してたでしょう。「お父さん、草刈り機を分解して直していたくらいなら、これを直してよ」って、簡単に直せるんじゃないの? って言ったら、「はいはい、お手の物だよ、5分で直しましょうか」みたいな感じで触りだして――。

 

お父さん:
 おかしなもので、スーツケースってあまり直そうと思ってないでしょ。「壊れちゃったね、鍵。新しいの買うしかないね」って言ってたから、このスーツケース捨てるんだろうと思ってたら、お母さんに「直せるでしょう」と言われたら反射的に「直しますよ!」って言ってしまった。捨てようと思っていたのをなんで直す気になっているのか。

 

お母さん:
 頼もうかなって思って、置いていたんだよ。スーツケースなんてどれも一緒でしょと思うようだけど、真ん中にポケットが付いていたりして、使い勝手がいいスーツケースがあるんですよ。人それぞれ違うだろうけど。それが使い勝手が絶対にお母さんは良くて、直してもらいたいなと思って置いていたわけ。
 普通だったらもう諦めてたんだけど、お父さんに言ったら、このスーツケースの会社は、本社が東京の足立区にある会社だから、きっと部品があるよ、って言うわけよ。大手だったら「ああもうそんなのは型遅れですから置いてません」と言っておしまいなんだよ。あるかもしれないと言って電話して問い合わせたんだよね。

 

お父さん:
 そうそう。スーツケースのこういう、留め金ですよね。ここに鍵がついていて。これが止まらなくなっちゃったの。中を分解してみたら、部品が折れてるんですよ。折れちゃっているから止まらない。それで、お母さんはこの鍵の袋をとっていて、そこに電話番号があった。アジア・ラゲージという。足立区ですからね、足立区谷中と言ったらこれは下町の工場の一杯あるところで、ここで作っているものだから、これは下町だなと思って電話をしたら、「ホームページの修理依頼のコーナーがありますからそこに、カバンの写真を撮って送ってください」という。それでね、そのサイドロックという鍵をするところのバックルが一体式だから、このアッセンブリ一式で売ってくれませんかってメールを書いた。昨日、デジカメで写真を撮って送ったら、今日、返事が来てですね。同じシルバーはないですけど、黒がありますよと。2個1セットで1944円。送料込みで。超安いですよ。送料込みですから。
 で、それでもう、すぐ送ってくださいと言ったら、「今日4時までに連絡をもらったら今日発送します」と。今日3時くらいにメールしたら、明日到着ですよ。早い。お母さんがかなり気に入っていた黒いスーツケースが直ることになっちゃいました。

 

お母さん:
 嬉しいよね。捨てないといけないと思っていたのに直ってしまうなんてね。
 そうやって、丁寧にそれで対応してくれたんだよね。

 

お父さん:
 そうそう。嬉しいね。
 でね、みんな、このTSA002という、このマーク。何のマークかわかりますか。これはアメリカに行く――世界中どこでもいっしょかな――このカバンじゃないと駄目なんです。普通カバンってこういう鍵があって、これで、鍵が開いたりするんですね。
 このTSAというこのマークは世界共通で、同じ一つの鍵で、空港の税関の検査員がカバンを勝手に開けて中を見られる鍵ということなんです。一つ一つの鍵はそれぞれ別だけど、もう一つ別な共通の鍵で、開けられますよというマーク。税関の検査員は持っている鍵。もしこのマークが無いカバンで税関を通す場合には、鍵をかけてはいけませんということ。最悪、鍵を壊しますが文句は言わないで下さいということになっている。でも、このマークのついているスーツケースなら、そんなことはないですよという、そういうマークなんですよね。いずれにしてもこういう感じで、余談でしたけどね。
 でも、こういうのって結構面白いから、こういうのはめんどくさがらずに写真撮って、やれるんですよね。それで、やったやったって……。

 

お母さん:
 それを優先してしまうので、またやるべき仕事が遅れてしまう。

 

お父さん:
 そうだね、こういうのは優先しちゃうね。

 そんなこんなでね。それで、そういうことでやる気がなくなっちゃうのはみんな一緒かなと思うんですよ。
 その対策としてはただ一つ、やっぱり基本に返ると、やらなきゃいけないことを紙に書くんです。2つでも、3つでも書く。書いて、見られるようにする。自分で。
 そうすると、あ、やれそうかな、という気になってくる。書かないと、頭の中で2つ3つでも覚えておかないとと思うと、嫌だなって思う。でも、書いたら半分過ぎやったような気になっちゃう。できたらそれをやる時間も書く。何時までに。順番も書いちゃう。それだけで非常に解決されたような気になるのは確かですよ。
 その、書くっていうのが面倒くさいんですよね。それができない。
 今みたいな、うわってなっちゃう人は全部そうですけど、問題を全部ひと目見てわかるような箇条書きとか単語で書いて、全部一度に見られるようにする。これがすごく大事。悩みを解決するときもそれが大事。一覧性にするんです。
 もっと言うと、いっぱいダーッて余分なことを書き出して、ハサミで切り分けて1個、1個、貼り変えて動かして、同じ種類の悩みは同じところに固めちゃうんですね。うまく固めると、ああ自分はこれで悩んでたのか、って。解決できそうだなとか、大したことないなと思えるようになる、ということなんですよね。

 何度でも思い出すのは、アメリカの人だったと思うんですけど、ある経営者が、会社が大変で、自殺することにしたんですよ。それで、自分がどれだけ大変なことを背負っているか、残っている遺族に教えてやろうと思ってね。こんな重荷を背負ってたんじゃ自殺するのもやむを得ないな、ってきっと分かってもらえるだろうと。
 それで、「鍵を直さなきゃいけない……アジア・ラゲージに写真を送る、問い合わせをする」とか、ひとつずつ。「それから……」全部書いていった。
 書いていったら本当にたいへんですよ。120いくつもでてきた。
 俺はこんなに大変なのを背負ってたんだなあ!
 でも、待てよ。これで自殺するか? って。
 親戚の面倒も見てて、これをこう解決しなきゃならない、これも解決しなきゃならないということも、全部書いた。大変なのもあるんですけど、一つひとつ書き出していたら、どうも一つひとつは大したことがない。全力でやって、できるかどうかという感じじゃない。一つひとつは簡単なことばかりで、やれないことはひとつもないんですよ。逆にこれで自殺したら笑われるなと。メール1つくらい書けよ、大したことないだろって。
 そういうことで、自殺するのを思いとどまった。
 じゃあ、どれからやろうかな。片付けてやろうじゃないか、って順番つけて。
 その人はそれから、順番つけて箇条書きにして、一個ずつ優先順位をつけていった。
 そしたら次から次に解決していくので、何も問題がなくなってしまった、ということなんです。

 棒術士の集団に襲われた宮本武蔵ですよ。宮本武蔵は道場破りです。いろんな鎖鎌とか剣道の人とか棒術士とかと戦った。
 棒術士の道場にいって師範と戦ったときには、やっぱり武蔵は強いので長い棒を物ともせずその師範を斬り殺した。そういうときってね、お金もらうんですよ。お金をかけるんですよ。それでお金をもらってね。
 帰っていったら、弟子たちは黙っていませんよ。20人、30人が棒を持って追っかけてきた。「構わねえから、みんなで寄ってたかって倒して、お金を奪い返し、同時に先生の恨みを晴らしてやろう」と、追いかけてきた。
 大変ですよね。
 それを、20か30のやらなきゃならないことが追いかけてきていると思ってくださいよ。いくら宮本武蔵だってそこで囲まれて叩かれたり突かれたりしたらそれは負けますよ。
 宮本武蔵、追ってきたのがわかったら、ダッと走った。山に逃げ込んだんです。「逃がすな、追え」ってみんなで追った。そしたら狭い山道、一本道をみんな一列になって追っていく。すると急に宮本武蔵は振り返って刀を抜いた。先頭の人が切り倒される。2人目の人、行こうと思っても一本道なので、1人目が倒されてからでないと行けない。立木が邪魔で、棒が邪魔になって振り回すこともできない。
 1人ずつしか、相手にならないわけです。宮本武蔵は一列のところへダッと走っていって先頭からひとりずつ、片付けていって、しまいに5人も10人も倒されて、これでは勝負にならないから棒術の連中は「みんな逃げろ」って、逃げ帰った。
 つまり数十人の棒術士を1列にすることで、1対1の戦いにしちゃった。そしたら勝てちゃうんですよ。
 順番を付けてやる、そうすると一つひとつはたいしたことない。そういうことなのかなという感じがするんですよ。
 まあ僕も言ってるだけですけどね。いつもプレッシャーに押しつぶされてね、1対1にする前に。

 

お母さん:
 お母さんは優先順位をつける。

 

お父さん:
 やっぱり、一覧性にして見やすくしてから、順番を付けていく。
 順番を付けていくのは結構難しいから、言ってみたら1行ずつ紙を切って、それをテーブルの上に並べる、それが一番いいですよ。大きい悩み小さい悩み、わざと短い1つの悩みに切り分ける。5行10行で書いたら、それこそわからなくなる。
 なんとかの悩み、ぽん。なんとかの悩み。ぽん。
 そしたらだいたいのことは片付けられるんじゃないか。そんなふうに思います。
 
 
 

(2019年7月23日掲載)









第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」
第134回「上品に、笑顔で、美しく」
第135回「続『上品に、笑顔で、美しく』」
第136回「嘘をつけない」
第137回「お父さんが怖い 前編」
第138回「お父さんが怖い 後編」
第139回「見事やで」
第140回「頼まれごとが不安・時間に遅れる①」
第141回「頼まれごとが不安・時間に遅れる②」
第142回「頼まれごとが不安・時間に遅れる③」
第143回「大きな声を出すこと」
第144回「時間の使い方」
第145回「お腹がすく」
第146回「本を読む時、第三者の視点になってしまう」
第147回「罰ゲームの答えとユーモア」
第148回「アイデアが出ないこと」
第149回「気持ちと身体の助走」
第150回「花や動物を可愛いと思えない」
第151回「美味しいセロリ」
第152回「尊敬している人といると、あがってしまう」
第153回「考え事がやめられない」
第154回「認めてもらいたい気持ち」
第155回「寝汗をかかなくなった」
第156回「時間の不安について」
第157回「楽器を練習したい、本を読みたい」
第158回「疲れを認めたくない」
第159回「アトピーと蕁麻疹」
第160回「はっきりした人になりたい」
第161回「会話と、興味の深さについて」
第162回「思春期の不安定」
第163回「潔癖症について」
第164回「自尊心」
第165回「自分の身体のサイズ感をとらえるのが苦手」
第166回「兄弟を心配する気持ち」
第167回「自分の声への違和感」
第168回「野菜の調子が悪いと、自己否定してしまう」
第169回「好きな気持ちと、誤解をされることへの不安について」
第170回「トイレが近いことについて」
第171回「競争意識について①」
第172回「競争意識について②」
第173回「コンディションによって態度が変わる人、変わらない人」
第174回「恐がりなことについて」
第175回「テンション」
第176回「目を見ること、見られること」
第177回「よいお母さんになる10か条」
第178回「音楽と我欲①」
第179回「音楽と我欲②」
第180回「時間の使い方と焦りの気持ち」
第181回「自分に疑心暗鬼になって、不安に陥ってしまうのはなぜ」
第182回「有志の募集に手を挙げづらい」
第183回「緻密に」
第184回「いつも怖い」
第185回「体型に対するこだわり」
第186回「気持ちの切り替えが、うまくできない」
第187回「米ぬかぼかし作り」
第188回「評価すること」
第189回「堂々とした人に怯えてしまう ①」
第190回「堂々とした人に怯えてしまう ②」
第191回「耳が良くないこと」
第192回「限界」
第193回「物を簡単に捨てることができてしまう」
第194回「整理整頓、片付けができない」
第195回「次のミーティングは、いつですか?」
第196回「整理が過ぎるのは症状ですか」
第197回「人をもっと理解したいということについて」
第198回「体育の授業が怖くて、さぼっていたことについて」
第199回「完璧が怖い」
第200回「やるべきことに追われてしまいがちな気持ちについて」
第201回「正面から受け取りすぎることについて」
第202回「手持ち無沙汰にさせることが怖い」
第203回「生き物が好きで触りたくなる気持ちについて」
第204回「魚の食べ方について」
第205回「ステージで間違いがあったときは」
第206回「作業で焦ってしまう」
第207回「調理されて食べられる魚はかわいそう?」
第208回「頑張ろうとすることに疲れた」
第209回「自己愛性パーソナリティ」
第210回「期待について その①」
第211回「期待について その②」
第212回「アウトプットで生きる」
第213回「キャパシティを大きくしたい」
第214回「コミュニケーション」
第215回「秋が寂しい」
第216回「我欲と、自分を大切にすることの違い」
第217回「声を前に出して歌うには」
第218回「できる気がしない、と感じてしまう」
第219回「苦手なことをしている時間を苦痛に感じてしまう」
第220回「握力について」
第221回「喜び合うための全力」

第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます!
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.