« ★前のページ  ||  ★次のページ »

7月21日(日)「大活躍! 手作りの米ぬかぼかし肥!」




7月21日 今日のなのはな

P1019198
なのはなでは今、作物の追肥肥料として、
“米ぬかぼかし肥”を積極的に取り入れています。
それに伴って、納豆作りも行っています。
私たちが、米ぬかぼかし肥にこれほど力を入れている理由は、
米ぬかぼかし肥を使用することで得られる効果が大きいと知ったからです。
米ぬかぼかし肥は、有機物肥料で、
実をたくさんつけるのに必要なリン酸を多く含んでいます。
他にも、窒素やカリの成分も含まれていて、
主に3つの成分をバランスよく整えることが出来ます。
土によく馴染み、土の中にいる微生物に対して悪影響を及ぼすガスを放出することなく、
土壌環境を豊かにしてくれます。
米ぬかぼかし肥は、他の有機肥料に比べて、効果が早く表れ、
液体肥料などの化成肥料よりも効果が持続します。
原料が有機物なので、環境にも良い肥料です。
まさにいいとこどりのような肥料です。
P1019180 米ぬかぼかし肥を作るには、
米ぬかにたねとなるもの(有機質肥料の原型)を
混ぜる必要があります。
たねには、落ち葉堆肥、蛎殻など
いくつか種類があります。
でもそれだと、
米ぬかが発酵するのに
(季節によって異なりますが、)
約1か月から3か月ほどかかります。
夏が終わってしまう前に発酵させるために、
発酵を早めてくれる“納豆”をたねに
米ぬかぼかし肥を作成することにしました。
   
 
納豆は、お父さんのアイデアで、
市販のではなく、なのはなにある
くず大豆で作成した手作り納豆を
使用することのなりました。
納豆作りの手順は、思ったよりも簡単でした。
用意した大豆のゴミを取り除き、
水で洗って綺麗にします。
それから(豆の4倍の量の)水に一晩つけておき、
次の日、水を捨てて鍋に大豆を移し、
鍋に大豆がつかるぐらいの量の水を入れ、
火を入れます。

火加減は強火で、豆が耳たぶのような
柔らかさになるまで煮ていきます。
蓋は閉めずに、あくを取りながら、
約2時間半ほど煮ます。
(食べる用ではないので、火加減は終始強火)
豆が柔らかくなったら火を止めて、
ザルに上げ、煮汁と分けて、
藁を敷き詰めていたタッパーに、
煮上がった大豆を入れ、
その上からまた藁を敷き、
大豆を藁で挟んだ形で、ラップをします。
段ボールと我を敷いたクーラーボックスにの中に
タッパーを入れ、お湯を入れたペットボトルと
一緒に1日半寝かせると完成です。

自作の納豆は、添加物など一切含まれていないので、
粘りが強く、持ちもいい気がします。

 
 
米ぬかぼかし肥作りの手順も簡単です。
手作り納豆100グラム、水2リットル、
米ぬか6キロを用意し、
先に容器に納豆と水を少し入れ、混ぜます。
粘り気が出てきて、濁ってきたら、
米ぬかに投入して、混ぜます。
残っている水を何回かに分けて入れながら、
混ぜます。それで終わりです。
1日半は、何も触れず置いておき、
2日目から毎日酸素を取り入れるように
かき混ぜていきます。
約1週間で本当に発酵してくれるので、
たくさんある夏野菜の追肥にも
間に合わせることが出来ています。
 P1019197
   
自作した納豆は、米ぬかぼかし肥だけでなく、
納豆水防除を作るための納豆にも、使用されています。
今は、自作納豆を使用した米ぬかぼかし肥を追肥するものには、
納豆水防除をしなくても、追肥だけで
防除の効果も得られるのではないかと試しているところです。
   
   
P1019205 今日は、36キロの米ぬかぼかし肥を追肥し、
新たに36キロの米ぬかぼかし肥を作成しました。
みんなが集まってくれ、30分ほどでできました。
自分が作った納豆を、
みんなが喜んで色んな形で使ってくれて、
いい効果が得られているのがうれしいです。
毎日米ぬかぼかし肥を混ぜていると、
愛着がわいてきて、本当にかわいいです。
みんなが本当に使用して良かったと思えるような、
野菜たちのためになるような、
質の良いものを作っていきたいです。 

(まゆ)

   
 
 
***
Bチームの作業は、キュウリとゴーヤに
米ぬかボカシ肥をやりました。
株と株の間に5㎝くらいの深さで穴を開けて、
その中に米ぬかボカシ肥を置いき、
最後に土をかぶせます。

米ぬかボカシ肥は、一から手作りのものです。
皆が心を込めて育ててきてくれた
米ぬかボカシを追肥するのは、
旅立ちのようにも思えて、
普通の追肥とは違って特別なかんじがして、
より一層心がこもりました。

P7210001 
   
P7210005 
   
DSCN3069
< ピーマンにも米ぬかぼかし肥の追肥をしました>DSCN3072
ダンボールの中に入っている米ぬかボカシを開けると、
とても良い香りがします。
私は、なんとなく懐かしさを感じる香りだな、
と思っていて、追肥をしながら
癒やされている気分になります。
キュウリやゴーヤに追肥をしていると、
野菜も喜んでくれているように感じて嬉しくなりました。

米ぬかボカシ肥は、発酵によって繁殖した微生物が、
土や作物の根に活力を与える効果があるそうです。
また、納豆菌も土にいいそうなので、
納豆菌と微生物で栄養豊富な土になって、
キュウリやゴーヤが
さらに元気になって
たくさん実を付けてくれたら嬉しいです。

Bチームでは、今キュウリがたくさん採れていて、
最近はゴーヤの収穫も始まりました。
今年は白色のゴーヤも育てています。
一般的な緑色のゴーヤとは少し違って、
表面のゴツゴツが丸くぷっくりとしていて、
ロウのようにタラーンと垂れているかんじで、
とても可愛らしいです。
近々、モロヘイヤや粉雪姫カボチャの収穫も
始まる予定なので、
夏本番に向けて野菜が
たくさん収穫できることがとても楽しみです。

(つき)

P7210016
   
   
***
『シェイプ・オブ・ユー』のダンス練習を進めています。
午前と夜の練習で、
フォーメーションを詰めていきました。
IMGP9348
   
IMGP9342
   
   
 
   
   
   
 
« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.