« ★前のページ  ||  ★次のページ »

6月9日(日)「それぞれの場所で全力で―日商簿記3級・1級の受験&ソフトボール大会・卓球大会への出場」




6月9日のなのはな

P1110765
P1110759 P1110762
P1110766P1110784 今日の3大イベントの1つ、
商業簿記検定に簿記部8期生のみんなと臨みました。
8期生は3級、私は1級を受験させていただきました。
私は去年の7月、1級の勉強を始めるとき、
来年の6月に1人で試験を受けるのだと思っていました。
でも、今日、朝食の席には
簿記部8期生のみんな、
ソフトボール選手のみんな、
卓球の選手のみんながいました。

昨日から、何人もの人に、
「応援しているよ」「頑張ってね!」
と声をかけてもらいました。
受験会場に行き、写真撮影をして
試験をする部屋に行くと、
村田先生やなおちゃんが、
固い握手で力をくださいました。
同じ1級受験生の方が、
すごく優しく声をかけてくださいました。

1時間半の商業簿記・会計学を終えて
休憩時間に廊下に出ると、
2時間の3級の試験をしている
みんなの集中した空気を感じました。
工業簿記・原価計算に入り、
頭が止まったとき、
考えることを放棄しそうになったとき、
応援してくれているみんなのことが浮かびました。
(私がここで勝手に諦めるわけにはいかない)
そう思ったら最後まで力を出し切ろうと思えました。

私は今日世界一幸せな受験生だったと思いました。
こんなにたくさんの
あたたかい応援を受けて
試験に臨める幸せ者は他にいないと思いました。
なのはなだから、試験という壁でさえ
こんなに嬉しい気持ちで
臨めるのだと改めて感じました。

ここに来るまでの過程で、悩んだり、
苦しんだり、不安になったり、
面白かったり、嬉しかったり、
たくさんのことを感じて、
心に1つずつ溜めていくことができました。
正直今日の自分の解答に自信はありません。
それでも、みんなの応援してくれた気持ちを
信じることができるから、不思議と安心しています。

村田先生を始め、たくさんの人に
支えてもらって今日の受験がありました。
受かることだけが良いことだとは思っていません。
今日の受験に
みんなとこうして臨ませてもらえたことが、
すごく尊いことに感じます。
また明日から、今日の日を越えて、
新しいリズムの生活を楽しみたいと思います。

(のん)

P1110773P1110781
   
 
***
IMGP6746
 
ソフトボール大会「第33回津山朝日盾争奪大会」に出場しました。
この日に向けて
選手のみんなと練習を重ねてきました。

今回は津山で活動するソフトボールチームを中心に
全4チームが出場し、
トーナメント形式で試合が行われました。

バッテリーには津山の高校生の2人が
なのはなのチームに助っ人に入ってくれ、
当日にチームが完成しました。
一緒に試合に臨めることが楽しみで嬉しかったです。

IMGP6899IMGP6909
IMGP7227 第1試合目、アップルチームとの対戦でした。
この大会を6連覇している強豪チームです。
なのはな先行で始まりました。
バッターボックスに入り、
相手ピッチャーの球は速かったです。
速い球に苦戦しました。
ソフトボールを経験し、
身体に入れている人と対戦するなかで
自分たちの課題がたくさん見えました。

私はこの試合を通して、
こういう苦しい展開のときこそ、
気持ちをどう持つかということが
とても試されると思いました。

苦しいとき、どう気持ちをもって打開策を見つけるのか、
どう気持ちを持てば明るいほうへ向かっていけるのか、
どんなにピンチでも、どんなに無謀でも
心の底であきらめない気持ち
もしかしたらという希望を強く信じて
打開策を作り続ける気持ちが大切だと思いました。
そういう存在になれるようにもっと気持ちを強く持ちたい、
自分のためではなく、
周りのためチームのために
もっと強い人になりたいと心から思いました。

お母さんが、「ボールをどこに持っていくのか意志が大事なんだ」
と教えてくれました。
できるかできないかということではなく、
相手がどういう相手であっても、
自分はこういうプレーをしたい
自分はこうありたい、こうしたい
という意思を強く持って
目の前のボールに、目の前の試合に向かわなければいけない
と思いました。
 

 IMGP7308IMGP7173
1試合目は8対1で敗れました。
悔しさが残る試合でしたが、
今の自分たちの実力がわかり、
課題が明確になりました。

それを踏まえて2試合目に臨みました。
私は試合前にお母さんが言ってくれた言葉が
心にありました。

「お前たちには甘えがあるんだ、
どこか自分たちは素人だということに甘えている
だから気持ちが逃げるんだ」

逃げたくないと思いました。
ボールが打てるか、
相手のランナーを殺せるか、
守備が守り切れるか、
保証はどこにもないです。
そのなかで、いつも今の自分で
今の自分の実力で全力で向かいたいと思いました。

IMGP7020
IMGP7283 怖がることをやめて
思いっきりボールを打ち、全力で走りました。
私はファーストを守っていて、
みんなの送球をどうあっても
止める気持ちでマウンドに立ちました。
止められないわけがないと思いました。
みんなの球だから止められる。
とめなければいけないと思いました。

綱渡りのような気持ちでした。
いつも崖っぷちでした。
でもみんなと全力で崖っぷちだったから
その崖っぷちの気持ちも楽しめました。

2試合目は31対1の大差で勝利しました。

今回の試合で見えた課題を
次回の試合では、越えたいと思いました。
逃げない気持ち、
今の自分を認めて今の自分で全力で向かっていく気持ち、
ソフトボールに向かう気持ちは
自分たちが生きる姿勢です。
私は日々の生活から
気持ちを作り身体を作り、
また次の試合に臨みます。

なのはなでソフトボールができることが嬉しいです。
試合で自分たちを知っていけること、
自分たちを進化させていけること、
うまい人と戦い技術を磨いていけること
その過程を大切にし、
一つひとつを糧にしていきます。

(まえ)

 

 IMGP7417
 
 
 
***
勝央町民球技大会 卓球の部に出場しました。
団体戦ではなのはなレッドが準優勝
個人戦ではちさとちゃんが準優勝をしました!
卓球大会の記事は明日アップします!
IMGP8450
 
 
 
***
盛りだくさんな1日の締めは、
セブンブリッジならぬナインブリッジ大会で楽しみました。
罰ゲームでは、
ソフトボール大会の出場にちなんで
ソフトボールのストライクボールのように
ストレートに愛の告白が罰ゲームでした。
お父さん、お母さん、村田先生に
日頃の思いを告白しました!

IMGP8464

IMGP8452
<村田先生も参加してくださいました!>

IMGP8495

☆☆☆
罰ゲームの愛の告白トップバッターはなおちゃんでした。
村田先生へ熱い告白でした。
IMGP8507

IMGP8521

IMGP8546
<ゲストの村田先生も罰ゲームに……
村田先生からお父さんへ告白です>

 
 
« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.