« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「奇跡の日」 ななほ




5月23日

 今日は午後から、永禮さんやみんなと水やりツアーをしました。
 ひろこちゃんが水やりガイドさんになってくれて、グラウンドの稲の水やりから始まり、10個以上の畑を巡りました。
 グラウンドの稲の水やりは、午前中にもしたのですが、午後にはもう既に水が乾いていて驚きました。少しお日様の光は隠れていたのですが、気温は温かくて気持ち良かったです。
 稲の水やりをしていたら、永禮さんが、「あー、ななほちゃん!」と手を振ってくれて、私の目を見て笑顔でジョーロを渡してくれました。
 また、タンクからホースでジョーロに水を汲んでくれて、その方法が画期的で物凄く早く、これからもホースでジョーロに水を汲んで体力と時間を無駄にしないようにしたいと思いました。

 グラウンドの水やりの後は、梅林野畑です。梅林野畑では、1番最初に絹さやとそら豆の水やりをしました。
 絹さやも空豆も順調そうで、空豆はもう空豆のベッドがパンパンになっていて、今すぐにでも収穫できそうでした。
 絹さやと空豆の水やりは、ジョーロ一杯80センチで、たっぷりと水をあげることができて良かったです。
 その後は1人2ジョーロを片手に持って、梅林奥奥の畑のアンデスコーンとスイートコーンの水やりをしました。
 アンデスコーンとスイートコーンもジョーロ1杯6株と、すごく大量に水をあげることができて、甘くて美味しい瑞々しい、トウモロコシになりそうです。

 梅林の後は、数人の人で原畑のツタンカーメンの水やりをして、他の人で石の下の絹さやの水やりをしました。
 石の下に行く途中の坂で、グミの木を見つけて、オレンジ色と紫色の甘そうなグミが実をつけていました。
 私は小さい頃に山でグミの収穫をしていた事があるので、またグミの収穫をして、なのはなのみんなでグミを頂きたいなと思いました。
 石の下の絹さやは、あっという間に終わってしまい、続いて向かった先は野畑です。

 野畑は1番最初に、ゴーヤの水やりをして、その後は絹さやとレタスの水やりをしました。
 レタスの水やりは物凄い量で、大変だったのですが、永禮さんとやすよちゃんが何往復もして水を汲んで来てくれました。
 また、タンクの下から水を出してみんなで並びながら水やりをすると、いつの間にか最後の畝まで来ていて、レタスの水やりが楽しかったです。
 野畑の後は、そのままビワの木畑でゴーヤの水やりをして、定植されたばかりのゴーヤが、すごく小さくて可愛くて、赤色の茎にも癒されました。

 ビワの木畑まで来たら、お次は吉畑下の水やりだったのですが、その前にパーキングエリアでお茶休憩をしました。
 パーキングエリアからは、なのはなの畑がたくさん見えて、アスパラ畑に根菜類に、石生田んぼまで見えて、お茶休憩でスッキリとしました。
 休憩をしたら、丁度作業が終わったBチームさんがヘルプに来てくれて、なおとさんが手を腰に当てている横で、ゆきなちゃんも同じポーズをして、2人がどや顔をしているのが面白かったです。

 Bチームさんが来てくれたら、水やりツアー再開で、吉畑下のシャルムとエゴマの苗に水やりをしました。
 シャルムはいつの間にかしっかりとした根ができていたり、エゴマも種から葉っぱに成長していて、野菜の成長が嬉しかったです。
 それに、吉畑下には大根やニンジンも植えられていて、大根が本当に太くて、また甘くて美味しい大根スティクを頂けたらいいなと思いました。

 吉畑下の水やりの後は、斜畑で空心菜の水やりをして、空心菜は水が好きなのでジョーロ1杯6株でした。
 空心菜は初めて見る人が多くて、みんなに、「空菜ちゃんと悟空です!」と紹介することができて、嬉しかったです。
 なおとさんやりなちゃんが、「え!これが空心菜」と驚いていて、みんなの嬉しそうな様子が私も嬉しくて、空心菜がこれから大きくなっていくのが楽しみになりました。

 斜畑の水やりのをしていたら、まりのちゃんから電話がかかってきて、追加で半分畑と山畑の水やりもすることになりました。
 その為、空心菜の後は半分畑で小豆やササゲ、黒大豆と白大豆などのお父さんの大好きな豆の苗床の水やりをしました。
 まだ、小豆やササゲなどは芽が出ていなかったのですが、黒大豆は少し芽が出ているものもあって、完全ではないのですが芽が少し起き上がっている姿が可愛かったです。

 半分畑の後は、何人かの人がウナギ取り畑の里芋の水やりをして、私たちで山畑のえびす南瓜の水やりをしました。
 えびす南瓜は全部で、100株以上もあったのですが、みんなで水やりをすると、数分で終わりました。
 ジョーロ1杯3株で水やりをしたのですが、みんなが、「ここまでいきます!」と言っている間に、全てのカボチャの水やりが終わっていて、みんなの力は凄いと思いました。
 永禮さんが手前側と奥側の二方にタンクを取り付けてくれて、みんなと効率よくスムーズに水やりができました。

 えびす南瓜の水やりをしていたら、西側の空は晴天なのですが、東側の空にうす暗い雲が現れました。
 私が、「虹が出そうな天気ですね」と永禮さんに伝えたら、「本当だね、でもすごい良い天気だね」と言ってくれました。
 でも、山畑の水やりが終わった時に、何かが上から降ってきて、よく見たらポツポツと水の水滴が落ちてきました。
 「雨?」と半信半疑で独り言を言っていたら、あけみちゃんが「本当だ!」と言ってくれて、空を見上げたら薄い虹が出ていました。
 私は虹が大好きなので、思わず「虹だ!」と叫んでしまったのですが、みんなも「わー」「本当だ!」と笑顔で話してくれて嬉しかったです。
 永禮さんも驚いていたのですが、「虹ななほだね」と私のニックネームを考えてくれて、虹を見つける事ができて嬉しかったです。

 山畑で水やりツアーは終わりのはずだったのですが、残りの時間で忘れていたユズの木畑のオクラの水やりをしました。
 もう5時に近づいてきていて、終点になりそうだったのですが、5時55分から5分間でオクラの水やりをしました。
 ユズの木畑のオクラには化成肥料が追肥してあって、最後に水やりができて本当に良かったです。
 また、第1弾のオクラが少し大きくなっていて、早くオクラの収穫をしたいなと思いました。
 やっと水やりが全て終わって、みんなで、「終わりましたー!」と叫んだら、丁度ピッタリ5時で、5時のアラームが石生地区中に響き渡りました。
 奇跡なのか、偶然なのか、それとも誰かがアラームを押すのを待っていてくれたのか、思わぬ展開で嬉しかったです。

 最近は少し疲れが溜まっていて、上手く体が動かない事が多いのですが、楽しい水やりツアーでエネルギーが補給されました。
 夜にひろこちゃんが、「元気?ななほちゃん。」と声をかけてくれて、「元気です!」と答えると、「簿記頑張って」と言ってくれて、本当に優しさを感じました。
 私ももっと利他心の気持ちで、優しい人間になります。
 お父さんとお母さんに、簿記も何から何まで全てお任せして、私はなのはなで成長していきたいです。

 今日は今から簿記の過去問があるので、お休みなさい。お父さん、お母さん、みんなの事が大好きです!

 

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.