« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「未来で待っている誰かを信じて」 のん




5月22日

○思ったこと

 今は勉強しなくちゃと思って、勉強だけしなくてはいけないと思うと、やっぱりおかしくなると思いました。勉強しかしちゃいけないと思っていると、集中力がなくなったとき、ほかのことをするのに罪悪感が出てきてしまって、勉強する気になれない自分が駄目人間のように感じてしまいます。勉強する気になれなくなったとき、何をしていいのか分からなくなります。

 いくつかのことを同時並行でやるというのは、やっぱりすごく大切だと思いました。今、自分にはその同時並行でやりたいことというのが、あまりないと思いました。勉強をとにかく頑張らなくちゃと思っていると、何のために頑張るのか、ということが、ふと気付くとどこかに落としてきてしまっている感じがしました。

 とにかく勉強する、合格点を出す、ということに意味を見いだしていると、だんだん頑張る気力や立ち向かう気力、勉強を楽しいと感じる心がなくなっていく感じがすると思いました。何のために頑張るのか、それを強く思っていないと、勉強のための勉強、試験のためだけの勉強になってしまう感じがしました。

 やりたいことにしてもそうだと思いました。勉強に集中できなくなったとき、ほかにやることがなくて、あれ? と思うことがここ数日あります。なのはなに来る前は、意識していなかっただけでずっとそうだった、ということに気付きました。

 勉強以外することがなくて、暇をもてあまして漫画を読んだりネットを彷徨ったり。過食嘔吐の症状があったときも、やりたいことがなくて、食べ物を食べる以上に楽しいことがなくて、過食嘔吐をやめても惨めになるのがわかっていたからやめられなかったのだと思いました。

 やりたいことがなかった。学歴をつけるとか、お金を稼ぐとか、そういう目標はあったけれど、その先にビジョンはなくて、自分はただこうやって暇をもてあましながら死が来るのを待って生きていくんだと思っていました。それだけで生きるには、人生はあまりに長すぎると思いました。

 
 最近、簿記部8期生の人が、過去問を解いていて、わからなかったところを聞いてくれることが何度かありました。誰かに必要としてもらったときの勉強は、1人でしているときとは違って、色鮮やかに楽しく感じます。意味を感じられる勉強、自分のためじゃない勉強は、もっと、もっと、と手を伸ばすことができます。

 自分が合格するかしないか、と思っているだけの勉強は、ただ苦しいです。自分のために頑張ろうという気は、もう本当に起きないんだと思いました。8期生の人みたいに、自分を必要としてくれる人がいるなら、力を出そうと思えます。

 受験勉強は長い戦いです。畑作業では、自分が一生懸命鍬をふるったら、それで楽になって助かる人が目の前にいるから、頑張りやすいです。でも、勉強で得た知識や力で、目の前にいる人の役にすぐに立てるわけではないから、頑張りが持続しにくいです。自分を待っている人がいる、自分が役に立てる人がいると信じ続けていないと頑張れないと思いました。

 最近、やりたいことを見失っていましたが、未来で待っている誰かを信じて、その人に何ができる自分でありたいかを想像して、その自分になるにはどうしたらいいかを考えて、やるべきことをやりたいことにしていこうと思いました。

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.