第161回「会話と、興味の深さについて」

【質問】
 車内での会話について

 車内で会話があるとき、私はうまくその空気にのることができないです。私は会話できなくても良いと思ってしまっていました。
 人と場所と時間が変われば答えが変わります。
 それぞれの状況でどう会話すればよいでしょうか?
 
1.ホールにウィンターコンサートの練習をしに行くとき
2.イベントに行くとき
3.山小屋に作業しに行くとき
4.ホールに演奏を聞きに行くとき
5.作業中、軽トラで移動するとき

自分の答え
 ドライバーさんがスタッフさんまたは入居期間が長くしっかりした気持ちのできている人である場合、その人が作ってくれる空気に乗って会話する。
 空気を作っている人が、よくないと思ったときはのらない。
 山小屋に行くときは別として、作業中はリーダーさんまたはドライバーさんが何も言わない限り会話しなくてよい。

 

 

【答え】
お父さん:
 まずね、どこか行くときと、帰るときとでは、答えが違うんですよね。
 僕が出張などで遠方に出るとき、電車の中とか飛行機の中では、本を読んでることが多いんですけど、取材に向かっている道中では、絶対に小説は読まなかったです。
 取材をする気持ちを作りながら行かないと、良い取材にならないからです。
 相手先の資料を読むことはありますが、余計なことを考えないで、取材のことだけを考えます。取材が終わっての帰り道は、まったく異なります。帰りは車中で小説を読みながら帰ります。リラックスして帰ってきます。
 こんなふうに、どこへ行って何をする道中なのか、という違いによって、車内で喋る内容が変わってくるんじゃないでしょうか。やっぱり人間というのは、何かするときに助走が必要なんですね。車に乗ってるというのは、何か目的地があって乗っているわけです。その目的地に合わせたことをしていくべきですよね。
 だから、「ホールにウィンターコンサートの練習をしに行くとき」だったならば、ウィンターコンサートの気持ちを作りながら行くべきです。着いたらすぐ練習になりますから、あんまり道中で喋らなくていいんです。
 

 それと移動距離、移動時間の長短がありますよね。ここから勝央文化ホールは近いので、あっという間に到着しますよね、その間、車内で楽しもうとか会話を楽しませようというのはあんまり考えなくていいんじゃないでしょうか。それよりも集中力を切らさないほうが大事です。
 練習が終わっての帰り道ならば、リラックスしてまあ「しりとりゲーム」などしながら帰ってきていいんですけどね。
 行くとき、しりとりしながら行ったら、ステージの上でセリフをしゃべるよりもしりとりが頭の中で続いていて「ま、ま、ま、ま……まんじゅう」なんてことになっちゃって、良い練習にはならないですよね。
 

 だから、その“どこに何をしに行くか”というので、答えが違うということなんです。
 向こうに目的があっても、軽い目的で、大した作業が無くて物を取りに行くだけだったら何を喋ってもいいです。今日は瀬戸内海まで牡蠣殻を取りに行ってくれましたが、現地で牡蠣殻をいただくだけですから、そこでなにか高いパフォーマンスを発揮する必要は無いわけですよね。そのときには往復とも、自由に喋りながらいていいですよ、ということですよね。

 作業しに行くときも、作業の集中力を切らすようなことはあまり喋ったら駄目でしょうね。
 ホールにコンサート演奏をみんなで聴きに行くときも、せっかく聴くんですから、聴く気持ちを作りながら行ったほうがいいでしょう。
 それから畑作業などをしていて、次の畑へ移動するのに車を使うとき、これはごく短い距離ですから、次の作業に頭を持っていくといいでしょう。そういうふうに喋る、喋らないを使い分けることが大事なんじゃないかな、というふうに思いますよね。
 

 ……考えてみたら、今日も、いつもそうですけど、僕はいつも人と喋っているんですよね。だいたい、1日中、夜中まで喋りっぱなしです。
 その間、場合によっては、なにがしかを語って、あるいは誰かの話しを聞いているわけです。
 やっぱり、喋るっていうのは、相手に対する興味があるとか、何かに対する興味がある、というので喋り続けることができるんです。相手に興味が無いと、何も喋ることができない、聞くこともできないし、なにかちょっと相手が喜びそうなことを言う材料も無い。
 考えてみると、いつも、相手に聞く準備、もしくは自分が何かを話す準備というのを、いつも心の中でしている感じですよね。
 そういう準備が心の中にないと、うまく喋れない、あるいは聞くこともできない。
 

 誰か僕を訪ねてきた人が「ああつまらなかった、来た甲斐が無かったな」とか、「来た意味が無かったな」と思ったら、もう来なくなるでしょうし、関係もどんどん薄くなっていくでしょうしね。
 それは外部の人に対しても思いますが、なのはなファミリーの子に対しても思います。僕と会って話した人には、喜んでもらいたいという気持ちがかなり強くあります。
 僕は喋ったあと「あの人と喋って得をしたな、良かったな、楽しかったな」というプラスのイメージを持ってもらって、その会話を終りたいと常に思っています。
 もしそれが逆になると「あの人と喋って損したな、時間が無駄になったな」となって、その時間は失敗だと思うんですよ。
 喋ってよかった、っていうプラスの気持ち、得をしたっていうふうに思わせなかったら失敗だと僕は思っています。また行きたいなとか、またお父さんと話したいな、と思わせる、外部の人だったらまた会いに来たいと思わせる。そういう会話ができたら成功だなというふうに思うんですよね。
 

 だから、僕はそういうふうに誰に対しても失敗をしたくないので、ものすごく気を使って喋りますし、また会いたいなと言ってもらうように喋ります。
 そんな毎日ですから、家に帰るころにはげっそりしていて、もう何も口もききたくないわって言いながら、今度はお母さんとの会話でちょっとリラックスをして頭をほぐすというね。そんな感じですけどね。
 喋った疲れは、お喋りで取るみたいな感じです。
 なんかタバコのブレンドをする仕事の人が仕事時間ずっとタバコ吸ってますけど、休憩時間になるとやっぱりタバコを吸うそうですね。自分の好きなタバコで、リラックスしながらタバコ吸うみたいな。
 相手が得したなと思ってくれるお喋りを意識して、ぜひやってみてください。

 

 

(同じ人の質問)
 私は人に対して興味が薄いのですか?
 私は好きな人がたくさんいるし、話したいこと、聞きたいこと、伝えたいこともあると思っていました。
 好きな人の好きなところをもたくさん思い浮かびます。
 
 
お父さん:
 あのね、興味がある、聞きたいこともあるという、それにはすごく幅があるような気がするんですよね。つまり、あるかないか2つに1つじゃないんです。
 その興味の深さだとか、聞いてみたいことの幅の広さとか深さというのが、それぞれ人によって違うんじゃないかなと思うんですね。で、そういう意味で、この質問の人はその幅が狭く、深さが浅いということだと思います。もっと、もっと、興味を深くする必要があるのかなっていうふうに思いますよ。
 

 例えば、僕が若いときに、もし山口百恵と車で2人きりで移動することになったとします。
 超緊張しますよね。1時間移動。で緊張して何も喋れなくて、何か聞きたいこともあるし、好きだし、興味あるけど、って1時間黙ったまま行くかというと、行かないでしょうね。もう喋りまくりの聞きまくりで、緊張以上に喜びが勝っちゃうでしょうね。それがお母さんだったとしてもですよ。山口百恵じゃなくてもね。でしょ。緊張するということで山口百恵を例に出したんですけどね。
 それくらい興味を持ってると、なかなか話が止まらないですよねっていう感じがします。っていうことですよ。

 だからそれを考えると、その、興味の薄い人と、緊張のほうが勝っちゃって黙っちゃう人とがいるんですよ。緊張とかよりも、聞きたいとか、喋りたいとか、興味を超えるような、そういう深くて強い興味の持ち方をしてはどうでしょうかということですよね。
 それが人を好きになるということです。うすーく、好きになっても、興味も薄いです。それだと会話をしてもすぐに途切れて、シーンとなってしまうでしょうね。
 たぶん、活発な人、会話の多い人というのは、この質問の人よりもずっとずっと好きの度合いが強くて、興味の深さが深いです。そこを考えてみてください。

 

 

(2019年3月1日掲載)









第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」
第134回「上品に、笑顔で、美しく」
第135回「続『上品に、笑顔で、美しく』」
第136回「嘘をつけない」
第137回「お父さんが怖い 前編」
第138回「お父さんが怖い 後編」
第139回「見事やで」
第140回「頼まれごとが不安・時間に遅れる①」
第141回「頼まれごとが不安・時間に遅れる②」
第142回「頼まれごとが不安・時間に遅れる③」
第143回「大きな声を出すこと」
第144回「時間の使い方」
第145回「お腹がすく」
第146回「本を読む時、第三者の視点になってしまう」
第147回「罰ゲームの答えとユーモア」
第148回「アイデアが出ないこと」
第149回「気持ちと身体の助走」
第150回「花や動物を可愛いと思えない」
第151回「美味しいセロリ」
第152回「尊敬している人といると、あがってしまう」
第153回「考え事がやめられない」
第154回「認めてもらいたい気持ち」
第155回「寝汗をかかなくなった」
第156回「時間の不安について」
第157回「楽器を練習したい、本を読みたい」
第158回「疲れを認めたくない」
第159回「アトピーと蕁麻疹」
第160回「はっきりした人になりたい」
第161回「会話と、興味の深さについて」
第162回「思春期の不安定」
第163回「潔癖症について」
第164回「自尊心」
第165回「自分の身体のサイズ感をとらえるのが苦手」
第166回「兄弟を心配する気持ち」
第167回「自分の声への違和感」
第168回「野菜の調子が悪いと、自己否定してしまう」
第169回「好きな気持ちと、誤解をされることへの不安について」
第170回「トイレが近いことについて」
第171回「競争意識について①」
第172回「競争意識について②」
第173回「コンディションによって態度が変わる人、変わらない人」
第174回「恐がりなことについて」
第175回「テンション」
第176回「目を見ること、見られること」
第177回「よいお母さんになる10か条」
第178回「音楽と我欲①」
第179回「音楽と我欲②」
第180回「時間の使い方と焦りの気持ち」
第181回「自分に疑心暗鬼になって、不安に陥ってしまうのはなぜ」
第182回「有志の募集に手を挙げづらい」
第183回「緻密に」
第184回「いつも怖い」
第185回「体型に対するこだわり」
第186回「気持ちの切り替えが、うまくできない」
第187回「米ぬかぼかし作り」
第188回「評価すること」
第189回「堂々とした人に怯えてしまう ①」
第190回「堂々とした人に怯えてしまう ②」
第191回「耳が良くないこと」
第192回「限界」
第193回「物を簡単に捨てることができてしまう」
第194回「整理整頓、片付けができない」
第195回「次のミーティングは、いつですか?」
第196回「整理が過ぎるのは症状ですか」
第197回「人をもっと理解したいということについて」
第198回「体育の授業が怖くて、さぼっていたことについて」
第199回「完璧が怖い」
第200回「やるべきことに追われてしまいがちな気持ちについて」
第201回「正面から受け取りすぎることについて」
第202回「手持ち無沙汰にさせることが怖い」
第203回「生き物が好きで触りたくなる気持ちについて」
第204回「魚の食べ方について」
第205回「ステージで間違いがあったときは」
第206回「作業で焦ってしまう」
第207回「調理されて食べられる魚はかわいそう?」
第208回「頑張ろうとすることに疲れた」
第209回「自己愛性パーソナリティ」
第210回「期待について その①」
第211回「期待について その②」
第212回「アウトプットで生きる」
第213回「キャパシティを大きくしたい」
第214回「コミュニケーション」
第215回「秋が寂しい」
第216回「我欲と、自分を大切にすることの違い」
第217回「声を前に出して歌うには」
第218回「できる気がしない、と感じてしまう」
第219回「苦手なことをしている時間を苦痛に感じてしまう」
第220回「握力について」
第221回「喜び合うための全力」

第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます!
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.