« ★前のページ  ||  ★次のページ »

2月25日(月)「宝物の根笹 & 菜の花の手入れ」




2月25日のなのはな

最近、鋭く刺さるような冷たい風が柔らかくなり、
太陽の光もすこしずつ強くなり、春を感じるようになりました。

農作業でも、先を読みプランを立てることを、お父さんからよく教えてもらっています。
夏野菜の支柱立ての準備も始まります。

今日は、盛男おじいちゃんが教えてくださった場所で、
支柱のヨコ竹に使える”根笹”を取りに行きました。
おじいちゃんが「取ってもいいよ」と言ってくださっている場所に向うと、根笹がたくさん群生していました。

そこから、のこぎりで刈り取りを始めました。
最初は皆でノコギリで刈り取り、その後
刈り取る人と、根笹の頭や枝をカットする人に分かれ
作業を行ないました。

竹よりも根笹は細くて軽かったです。
次々に刈り取ることができ、その後の枝カットも
剪定ばさみで簡単に行なうことができました。
およそ1時間10分程度で作業を終え、
古吉野に帰りました。

P2250028
P2250008 今日は、450本の根笹を刈り取りました。
根笹は、細いけれどとても丈夫だと
おじいちゃんが教えてくださっています。
軽くて、持ち運びもしやすく、刈り取りも簡単で、
効率的だと感じました。
夏野菜の支柱立てには、たくさんの竹が必要になります。
この根笹を利用できることがとても嬉しいです。
良い支柱に繋げていきます。
おじいちゃんの山や山の周りには
たくさんの宝が眠っているんだと感じました。
おじいちゃんがいろんなことを教えて下さるから、
見えてくる宝でもあります。
こうやって、自然の中で学んだり、
吸収したりできるのが面白くて、嬉しいです。

(あけみ)

P2250035
P2250038 春野菜の種まきをしました。
今日種まきしたのは、
レタス640粒、水菜1,000粒、キャベツ720粒です。
レタスは第4弾で、5月下旬に収穫する予定です。
水菜の半数は、茎が紫色の品種をまいています。
4月下旬から子株取りで収穫する品種です。
昨日、今日と、外で12度を超える暖かさです。
ハウス内は32度を超えます。
レタスは、20度前後を好むので、
すでに成長しているレタスの苗も、
日中外に出してみました。
夜間のビニールも、植え付け時期が近くなった苗は、
取ったままにしています。

夜はマイナスに下がる日もありますが、
夜間の寒さにもならしたほうが、
露地に植えたときに、急な温度の低下にも
適応できるのではないかと思っています。
気温が高い分、苗の生育も早まると思うので、
植え付ける畑の準備も進めています。 

(まりの)

P2250001
   
   

永禮さんが1日、私たちと作業をしたり、リビングで過ごしたりしてくださいました。
先日にひきつづき、虫明へ牡蠣殻を取りに行ってくださったのですが、
そこで牡蠣殻をくださった漁師さんが、なのはなのみんなで食べられるようにと、生牡蠣をくださいました。
明日にも焼いて、みんなで牡蠣をいただけることがとても楽しみです。

 

P22500351 IMGP8914
<河原畑の開墾作業も進んでいます> <種まきなどに使う籾殻燻炭を作りました>
   
***
   
園芸作業では、古畑で育てている菜の花の手入れをしました。
ゆきなちゃん、えつこちゃんと3人で、風通しを良くする意味もこめて、
黄色い葉や下葉をつみ、草取りも並行して進めました。

古畑の菜の花は、なのはなファミリーを象徴する花で、園芸部のなかでも、特に大切にしています。
3月から4月にかけて、ちょうど桃の花の淡いピンクと菜の花の鮮やかな黄色が
春らしいコントラストをつけて、同じ時期にその景色を楽しめるよう、
種まきの時期や、レイアウトを考えています。

例年の経験を踏まえたうえで、今年は、お母さんと相談しながら
ちょっとした遊び心を持って、古畑の桃の木をぐるりと囲むように、
2弾に分けて、コの字型に菜の花を育てています。
第1弾は、お父さんのお誕生日である10月14日に種まきをしました。
これまで使っていなかった場所を管理機で耕して、新たに菜の花を育てたため
そのエリアは栄養が豊富で、今までに見たことがないくらい葉の色が濃く、元気に育っています。

また、菜の花は丈夫な花ですが、アブラナ科で、毎年、害虫の被害に悩まされます。
今年は、まりこちゃんと一緒に、種まき直後に不織布をかけたり、早い段階から、防除を行なったことで、
虫の被害にも合わず、綺麗に育っています。

 DSCF5001
第1弾の菜の花は、数日前から
順調に花を咲かせ始めています。
一部、土の耕しがうまくいかなかったところでは、
生育が悪いところがあったり、
例年に比べ暖冬で、暖かい日が続いていること、
それから全体として、葉が肉厚なのは良いけれど、
花がたくさん咲いてくれるかどうか、
背丈が低めなことなど、
春になるまで心配なことがあるのですが、
私のなかで1番は、
お父さんのお誕生日に種を蒔いたということで、
うまくいくと信じています。

午後の時間で、
古畑全体の草取りまでを終えることができ、
菜の花と一緒に、自分たちの心も
スッキリしていくのを感じました。

これから春、夏に向けて、
園芸部が動き出していくので、
私も、精一杯向かいたいです。

(みく)

DSCF5034
DSCF5042
<ノースポール、パンジー、クロッカスなどが
古吉野の周りを彩っています>
« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.