« ★前のページ  ||  ★次のページ »

2月12日(火)「味噌の糀(みそのこうじ)古吉野くんと味噌の家ファミリーの5日目――第2弾味噌の仕込み――」




2月12日のなのはな

 ●味噌作り第2弾! みんなで味噌の仕込みをしました!●
 
第2弾の味噌作り、5日目。
最終日の仕込みを迎えました。
この日まで4日間、
チームメンバーのみんなと
米糀を育ててきました。
お米研ぎから始まり、
蒸米、引き込み、切り返し、
1番手入れ、仕舞仕事、そして出糀。
毎回、変化していく米糀を
観察するのが興味深く、
楽しかった手入れが
終わってしまう寂しさと、
無事仕込みを迎えられた嬉しさの、
両方の気持ちがありました。
P2120008
P2120026 第2弾の米糀づくりから、
新しい温度計を取り入れました。
これまで1つだった温度計を
4台体勢にしたことで、
米糀の温度変化に新たな気づきがあり、
対応に苦戦してしまったこともありました。
ですが、出来上がった米糀は、
これまでにない、ふわふわの米糀となりました。
米糀と白大豆を混ぜ合わせて作る、
味噌玉作り。
美味しくなってほしいという思いを込めて、
ギュッと力を込めて作りました。
樽に詰めるときも、よく空気を抜きました。
最後に振り塩をかけて、
味噌樽の蓋を閉めました。
「美味しくなって、
3年後のまだ見ぬ誰かに食べてもらってね」
と言ったちさとちゃん一言に、希望を感じました。
P2120004
ここで少し、第2弾味噌作りメンバーのエピソードを紹介します。
第2弾味噌作りのチーム名は、『味噌の家(みそのけ)ファミリー』です。
メンバーのちさとちゃん、ゆりかちゃん、
なおとさん、れいこちゃん、さくらちゃんと
活動する手入れの時間は、いつもあたたかい雰囲気に包まれていて、
まるで本当の家族のようだなと感じたことから、このチーム名が思い付きました。 

 

P3152145 家族構成もあります。
お父さんがなおとさん、お母さんがちさとちゃん、
長女がゆりかちゃん、次女がわたし、
三女はれいこちゃんとさくらちゃんの双子姉妹です。
そして、米糀の名前は、
『味噌の糀 古吉野(みそのこうじ こよしの)』君です。
この名前は、なおとさんが命名してくれました。
温度上昇の激しい、元気いっぱいの男の子で、
”味噌の家”の1番下の弟をイメージしました。
チーム名、米糀の名前が決まると、
チームとしての一体感がさらに強まりました。
糀のお部屋となる家庭科室へ入ると、
中にいたメンバーの子が、
「おかえり」と迎えてくれました。
いつもみんなが笑顔でした。
米糀を作る過程で起きた秘話もあります。
手入れ2日目と3日目の夜は、
家庭科室の隣の音楽室で寝泊まりをして、
一晩、1時間おきに
米糀の見回りをしました。
真夜中でも目覚めよく起きたい!
ということで、
目覚ましのアラーム音を
『田園』というメロディにしました。
思わず、広々とした青空と草原を
思い浮かべてしまうような
軽快なアラーム音の効果は……、
はっとしてすぐに目が覚めたという子と、
逆に穏やかすぎて
全く気がつかなかったという子の
2つに分かれる結果となりました。
この他にも、ちょっと笑ってしまうような
名言が生まれたり、
”味噌の家ファミリー”の家族団らんとした、
ほっとあたたかい気持ちになる
出来事もありました。
P3152150
P2120040 味噌作りを通して、
米糀を育てる楽しさ、面白さ、
難しさを知りました。
そして、チームメンバーのみんなの
優しさを感じました。
5日間が毎日わくわくの連続でした。
みんなの思いが込められたお味噌は、
きっと美味しくなります。
そして、みんなを笑顔にしてくれると思います。

(るりこ)

 
   
***
   
新しく使わせていただくことになった、
河原の畑の開墾を始めました。
畑は、幅が約10メートル、
奥行きが約30メートルあります。
開墾を2月中に終わらせて、
春から新しい作物を植えます。

午前は、永禮さんとあやこちゃん、
しょうたさん、私の4人で進めました。
永禮さんが、開墾の進め方を教えてくださり、
3人が草刈り機で、手前と奥から刈っていって、
1人が刈った笹を集めて山にしていきました。

DSCF8001
DSCF8004 午後からも引き続き開墾を進めていきました。
永禮さんが、チェーンソーを使い、
太い木も切ってくださいました。
永禮さんがいてくださると、
永禮さんの仕事の綺麗さ、速さにとても憧れて、
永禮さんの仕事を、
間近で学ばせてもらえることが
とても嬉しいと思いました。

私は、永禮さんが切って下さった木を運び出し、
山にしました。
開墾をすると目に見えて畑が開けていき、
これが未来に繋がっているのだと思うと、
自分の持てる力を最大限に使って、
やり遂げたいと思います。

(しほ)

   
 
***
夜は、藤井さんが来てくださり、
アコースティックギター教室がありました。
IMGP6277

IMGP6291

IMGP6317

 

 

***

 

仲屋食品さんからの、今日のお魚

毎週、火曜日、水曜日、金曜日は『お魚の日』。
境港の仲屋食品さんが、
新鮮なお魚を魚市場からなのはなファミリーまで、直送してくれるのです。
このコーナーでは、
仲屋食品さんから届いた魚をご紹介していきます。

 

今日のお魚【アカガレイ】

赤カレイ
〈上が鱗を取ったカレイ、下は鱗を取る前のカレイです〉

アカガレイは、今の時期、日本海全域でとれる魚で、
今日届いたカレイは、“2艘引き”という底引き網漁でとられたものだそうです。
カレイは、水深200~300メートルの海底に棲んでいます。

赤カレイ
〈どことなく、歌舞伎の役者絵を思わせるような表情をしています〉
 

このカレイには、白子もついていました。肝も味わえる煮付けとして、いただきました!

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.