« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「キャッチボール」 ゆうこ




1月30日

○キャッチボール

 午前中のフルメニューで柔軟、筋トレをした後にグランドでキャッチボールをしました。
 1分半おきに相手を変えて、短い距離から段々と距離を伸ばしていきながらキャッチボールをしていきました。
 相手の胸元に真っ直ぐに投げるのが難しくて、ついつい大きくなりがちだけれど、ゆきちゃんが毎回笑顔で、「ナイスボール」と言ってボールをキャッチしてくれたことが印象的で、すごくうれしい気持ちになりました。
 ゆきちゃんはなのはなに来てまだ日が浅いけれど、いつも笑顔を絶やさないで、外向きで明るくて傍にいてくれるだけで元気が出て、本当に素敵だなと思います。
 今日も太陽の光に照らされたゆきちゃんの笑顔が眩しいくらいに輝いていて、1分半という短い時間だったけれど、一緒にキャッチボールができたことがうれしかったです。
 私もどんな時も明るい声と笑顔を忘れないで、周りにいる人に元気を分けられるような人でありたいです。

○ランニング
 キャッチボールの後には奈義コースをランニングしました。うっすらと雪の積もった那岐山に向かって、一面に広がる田畑のなかを走るこのコースが開放的な気持ちになって私は大好きです。
 奈義コースではお題を2回回すことができるのもうれしいです。
 今日のお題の「みんなの考えたイノシシを捕まえる方法」では、えつこちゃんの「しほちゃんにバレーのアタックを打ってもらう」や、さくらちゃんが、「なのはなのみんなのダンスを披露してイノシシを釘付けにする」という面白い答えがあって、みんなからも笑いが起こっていました。
 私は、「餌を盛っておびき寄せる」というありきたりなことしか思いつかなかったけれど、こういう時にキラッと光る一言を言える2人が素敵だなと思いました。
 みんなとのお題回しや食事でのコメントでも、もっと頭を使って考えて自分の思いを自分の言葉で深く表現できるように意識していこうと思います。
 明日からは長くて険しい坂がある私が最も苦手とする石生1周コースのランニングになりますが、みんなの大きな流れのなかで着実に力をつけていきたいです。 

○大根
 午前中の作業では吉畑手前ハウスの前の土の中に貯蔵してあった大根を掘り起こす作業をしました。
 かなり深く埋めてあったため、スコップを使って土を掘り起こすのがすごく大変だったけど、土の中から真っ白な大根が顔を出すとうれしくて、もう1度大根の収穫をしているような気分になって楽しかったです。
 その後には大根を洗う作業をしましたが、今日はポカポカ陽気で水に触れても手が冷たさを感じないで気持ちいいくらいでした。
 音楽室からはアンサンブル練習をしているみんなの『剣の舞』の演奏が聞こえてきて、そのリズミカルな曲調に自然と作業の手が捗るのを感じてうれしかったです。
 『剣の舞』は、可愛らしいダンスもすごく魅力的で、日曜日に行われる久米公民館でのイベントでもたくさんのお客様に喜んでいただけたらいいなと思います。
 イベントに向かうみんなと同じ気持ちで自分のできることをしっかりと果たしていきます。 
 

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.