« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「1つひとつ」 のりよ




12月24日

○家族みんなと

 今日は、お父さん、お母さん、家族みんなとのお餅つき、クリスマスの夜が嬉しかったです。午前は、盛男おじいちゃん、永禮さん、須原さん、河上さん、なのはな友の会の方々、りゅうさんも来て下さり、お餅つきをさせてもらいました。みんなの笑顔や流れの中でお餅つきが楽しくて、こうして美味しいお餅ができるんだなと思いました。数日前から、河上さんやあゆちゃん、お仕事組さんが準備や段取りをして下さり、今日はまえちゃんと石臼につかせてもらいました。みんなとかけ声を言ったり、蒸された餅米を運んで、ついて、丸めるまでのスピード感も感じました。

 まえちゃんの合いの手を見させてもらって、自分も永禮さんの合いの手をさせてもらいました。永禮さんが「心臓の鼓動だね」と話して下さり、永禮さんのリズムに乗って、心臓の鼓動を揃えてできたことも嬉しかったです。みんなでつくお餅の感触が少しずつ変わり、温かくてツヤツヤのお餅になっていく過程も間近で感じました。合いの手の難しさも感じましたが、まえちゃんややすよちゃんの合いの手を見させてもらい、普段からも適切な間をとったり、すっと相手の気持ちに添えるようになりたいと思いました。

 初めてお餅つきをする子もいて、きょうかちゃん、しょうたさんとお餅つきができて、体も気持ちも暖かくなりました。みんなでお正月用の丸餅、豆餅をたくさんつくことができて楽しかったです。昼食には、できたての生餅を、大根おろし、あんこ、きなこで頂きました。お餅、大根、小豆……、すべてなのはな産が嬉しいです。体育館にはコンサートで作った飛行機やパネルが飾られて、みんなのアンサンブルも聞かせてもらい、特別な時間が嬉しかったです。

○日々の生活から

 クリスマスイブの夜は、夕食にチキンライスを頂いたり、お父さんとお母さんのお話も聞かせてもらえて嬉しかったです。今日1日を通して、いつも、お父さんとお母さんが話して下さる、お餅と魂のことも思い出しました。神様の大きなお餅からもらった魂を、少しでも高めて、また神様に返していくこと。それは、なのはなでの毎日も同じように感じます。
 今日もみんなの中の一部、大きな流れの一部になって、たくさんの経験や気持ちを共有させてもらいました。盛男おじいちゃんとの門松やお正月飾り作りのお話も嬉しかったです。お餅つき、クリスマス、これから年末年始に向けても、紅白歌合戦、おせち作り、お正月遊びなどもあります。なのはなで、お父さん、お母さん、みんなとの1つひとつが宝物で、日々の生活から大切に積み重ねていきたいです。

 最後に。夜の集合で「時間を守ること」についての質問もあり、お父さんが「締め切りがあるなかで、より良いものを求めていくこと」を話して下さいました。そのお話を聞かせてもらい、お父さん、お母さん、あゆちゃんが思い浮かびました。いつも、どこまでも、より良いもの、高いレベルのものを追求していく熱い気持ち。その中にも、具体的で明確なプラン、目標、締め切りを設ける緻密さ。日々の生活が、いつも本番だと思って、お父さんとお母さんの基盤を固めていきます。
 今日から、まえちゃんとるりこちゃんと、山小屋便りとコンサートの感想文の編集も始まりました。毎月、まえちゃん、るりこちゃんと編集できることが嬉しく、編集を通しても、プランや締め切りの設定、新しい工夫もできるようになりたいです。
 お父さん、お母さん、今日も1日ありがとうございました。

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.