« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「自分で意義づける」 あけみ




12月23日

〇自分で意義づける
 夜の集合のお父さんの話、すごく今の自分に響いたように感じます。 
 今の自分は、自分のプラン通りで、自分がイメージしたようになっている。一人ひとりにプランを与えているのではなく、それぞれ一人ひとりがイメージしたように、プランしたようにしか、ならないと話されました。
 その人となのはなの関係も、その人の毎日、楽しさも、意義づけるのは全部自分次第というお話でした。
 今の自分は、自分がイメージしたもの、プランしているものという話の時、ドキッとしました。私は、どこか他人任せというか、プランを保留にして、ただ消費していた部分が大きいと感じました。
 今の目の前の生活を意義づけるのも、消費するのではなく、自分のものとして、自分の人生の一部としてつくるのも自分でした。
 当たり前のことだけれど、私の中では当たり前のことになっていなかったです。

 あと、最近まで、逃げ道を残して、どこか半身で生活していたというのは、質問者に向けての言葉だったけれど、私のことでもありました。

 最近、自分は今後どうしたいのか、どう生きていきたいのか、何が好きで、何をしたいのか、考えることがあります。
 私は、なのはなで好きなことがたくさんできたと思います。楽しい、好きという感情の幅が広がっていると思います。
 でも、まだまだ“好き”という感情がとても薄いように感じます。ふと、(どこか冷めている)と感じることが多いです。

 私は今後、外国や色んな世界を見たり、感じたり、色んな文化や人、音楽、芸術を知りたいです。人間としてももっと美しくありたいです。だから今、なのはなでたくさん自分の幅を広げ、表現をしり、吸収して、言葉以外の言葉をたくさん増やしたいです。
 社会に通用する人の、当たり前のこと身につけていきます。
 間違えていたら、教えてもらいたいです。でも、今の私の気持ちです。

〇ソフトバレー
 今日は、ソフトバレーの大会に参加させてもらいました。大会には、ガチンコの部(大人)とわいわいの部(子供も参加)というのがありました。私達は、ガチンコの部に参加しました。ガチンコの部では10チーム以上の参加がありました。
 なのはなからは、3チーム出場しました。私は、なのはなレッドでした。結果は、4位でした。と同時に、チームワーク賞を頂きました。『個人プレイからチームプレイへ』という今年のコンサートのスローガンにあるような賞をいただけたのが嬉しかったです。
 ソフトバレーでは、自分の視野がどのくらいなのか、プランを持てているのか、というのがハッキリとすると感じました。
 上手い人達のプレーをみたり、お父さんから教えてえもらって、学べるのが嬉しかったです。
 相手の穴を見て落とす、ブロックは単純に飛ぶのではなく相手のボールが来る場所をみて飛ばないで止めるなど、お父さんが客観的にプレーを見てくれて教えてくれることは、的確で、効果的でした。
 自分が試合ではないとき、上手い人達のプレーをみて、どこか穴はないかと見ていた時、いつもお父さんが教えてくれるように、コートの後ろにスペースが出来ているのが見えました。
 見ようと思わないと見えない、知らないと見えないことはたくさんあると思いました。

 途中ですが提出します。
 低気圧なのか、気持ちがマイナスになりがちですが、明るい方にイメージします。なりたい人をイメージします。

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.