« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「秋ジャガイモ大豊作!」 ゆうこ




11月26日

「ジャガイモ掘り」

朝食時のコメントであゆちゃんからダンスを教えに帰って来てくれていたりかちゃんが昨夜になのはなを出発したことを教えてくれました。
日帰りで3時間かけてなのはなに帰って来てくれていたことも教えてもらって、仕事で忙しい中、時間を作ってみんなのために力を尽くしてくれて本当にありがたいなと思いました。
りかちゃんのキレのあるダンス姿がかっこよくて、一緒にステージに立てることもすごくうれしくて、ダンスに華を添えられるようなコーラスを頑張りたいです。
 たくさんのお客様に共感していただき喜んでいただけるようなコンサートにすることがりかちゃんへの恩返しに繋がるのだと思って、全力で向かっていきます。

 午前中に梅林上畑のジャガイモの収穫をしました。初めにあんなちゃんが傷芋を出さないように畝の外側から少しずつ掘っていくように教えてくれて、みんなで堀り方を共通認識してから作業を始めることができて、力任せにならないように繊細さを忘れないようにと心に留めることができてうれしかったです。
 えつこちゃんと向かい合わせになってスコップを垂直に差して、息を合わせて土を持ち上げると中からソフトボールサイズのジャガイモがゴロゴロと出てきて、えつこちゃんと「すごいね」と喜び合えたことうれしかったです。
土の中からどんなサイズのものがどれくらい出てくるのだろうとワクワクした気持ちになったり、みんなの手によって畑一面にジャガイモが広がっていって、お日様の光に照らされたジャガイモが気持ちよさそうにしている光景に心が満たされて幸せな気持ちになりました。
 なかには私の顔と同じくらいビッグなものもあって、生まれて初めてこんなにも大きなジャガイモを見てびっくりしました。
 近くで作業をしていたまちちゃんも大きなジャガイモを手に「見て」と笑顔を向けてくれたり、所々で喜びの声が上がっていて、育てるのが難しいと言われている秋ジャガイモが大豊作になったことがありがたくうれしかったです。
 デストロイヤーという品種のジャガイモは盛男おじいちゃんから美味しいとおすすめしてもらったもので、目も覚めるような鮮やかな紫色のマーブル模様をしていて、食卓に並んだときに彩りがきれいだろうなと思い、頂けるのがすごく待ち遠しくなりました。

 掘り終えたジャガイモは品種ごとにコンテナに回収してえつこちゃんと一緒に軽トラに運んでいきました。
 ずっしりとした重みがみんなの愛情がたっぷり詰まっているようでうれしかったです。 みんなの力強さや傷芋を出さないようにと優しい気持ちで作業に向かっているのを感じて一緒に作業させてもらえた時間があたたかくてうれしかったです。
 
 古吉野へ帰るとゆずの甘酸っぱい香りがしてきて、昼食時のコメントであんなちゃんがゆずを4コンテナ収穫したことを教えてくれました。
 農産倉庫の中が秋冬野菜でギュウギュウになっていて実りの秋がうれしいなと思います。 

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.