« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「柚の木」 あやこ




11月26日

 今日は午前中にゆずの収穫をしました。
 ゆりかちゃんが、「これからゆずの収穫をするけど、すごく良い香りだからよかったら来て!」と声をかけてくれました。そのときちょうど室内で、ゆきちゃんと一緒に荷物整理をしていて、天気もいいし、暖かくなってきたから、畑とか見に外に出ようと言っていたところだだったので、嬉しかったです。
 私自身も、柚畑の柚のことは気になっていました。夏に地這いきゅうりの作業をしているときには、いつもそばに柚の木があって、実がたくさんついてきて、緑からだんだん色付いていく様子も見てきました。愛着があって、収穫したいとも思っていました。

 ゆずの木の下に行くと、風に乗って柚の香りがしてきました。甘いような、酸っぱいような、苦いような、私がなのはなで好きになった香りです。
 剪定ばさみで、木の下の方から実を取っていくのですが、柚の木にはそれを拒むかのように棘がたくさんついていて、奥の方についている実を採ろうとすると、その棘が手を刺して来ました。こんなときに手袋を忘れてしまった私は、実を採るのに困難してしまったのですが、この実はこんなに固いガードに守られているんだ、と思うと、柚の実が大事な宝物のように思えてきました。
 木の高いところの実は、私の好きな高枝切りばさみを使いました。高枝切りばさみは、けっこう難しくて、でも上手く採れるとその一回一回が小さな成功体験のように感じて「やった!」と思いました。

 この柚の木は、とくに手入れをしたわけではないです。ただそこにあって、キュウリの畑を見守ってくれていただけです。そう考えたら、この木は、私たちが柚畑で地這いキュウリの手入れや収穫をしている姿を見てくれていて、共に時間を過ごした木だと思うと、とても愛着が湧いてきました。
 そして、今年はとても豊作になりました。崖崩れハウスのところにある木も含めると、4コンテナいっぱい採れた上に、まだまだ、今日収穫仕切れなかった分も残っています。
 良い香りに包まれて、みんなと収穫できた時間が嬉しかったです。

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.