« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「体や心の底から」 のりよ




11月24日

○表現者になる

 今日は、金時太鼓保存会の皆さんと合同練習をさせてもらえて、とても嬉しかったです。
 ウィンターコンサートを行う勝央文化ホールのステージ、音響、ライトの中で、金時太鼓の皆さんとみんなと、『グレイテスト・ショー』『ディス・イズ・ミー』『フロム・ナウ・オン』のダンスやコーラスができたり、金時太鼓の演奏も聞かせて頂き、体や心の底からパワーが湧いてきました。
 3曲の合わせを繰り返しさせてもらい、ダンス中は心臓の鼓動が太鼓のビートと重なって感じないのですが、1曲を終えるごとに心臓の鼓動や、全身や気持ちに残る興奮を感じました。

 金時太鼓さんの『雷神』を聞かせて頂き、曲が始まる寸前から別人になるようなオーラや気迫に、気持ちが高まりました。
 遠くから雷雲が迫ってくるような繊細な音。雷神の宴のような迫力の音。
 金時太鼓さんの「はっ!」というかけ声。雷神になったような表情。空気が動くような、大きなパワーが波動となって伝わってきました。
 1打1打に気持ちが研ぎ澄まされていき、そうした表現に近づいていきたいと思いました。
 目の前で、表現者になるということを感じさせてもらい、みんなの中で、自分ではない何者かになる感覚を実感させてもらいました。
 一瞬たりとも、何でもない人になってはいけないんだと改めて感じました。

 お父さん、お母さん、竹内さん、りゅうさん、りなちゃんが見て下さり、金時太鼓の皆さんやみんなの中で、たくさんの気持ちや力を引き出して頂きました。
 いつも、お父さんとお母さんが、「誰もが苦しまない、優しい世の中を作っていく仲間集めをしていくんだ」と話して下さいます。
 お父さん、お母さん、たくさんの方々に支えて頂きながら、みんなの中で表現できること、気持ちを作っていけることが幸せです。
 今の気持ちを心に刻んで、なのはなのコンサートが求めていくレベルや、気持ちが伝わる表現へ高めていきたいです。とても貴重な合同練習をさせて頂けて嬉しかったです。

○コンサートに向かって

 数日前から、お父さん、お母さん、みんなと、第1回目の通し練習、『グレイテスト・ショー』のコーラスやダンス練習をさせてもらいました。
 お父さんとお母さんが作って下さった脚本の流れに乗って、みんなと劇や曲の中で、全身で気持ちを表現できることが嬉しく、本当にサーカス団の一員になった気持ちになりました。
 以前、お父さんが「密度濃く、ダンスをすること」を教えて下さいました。
 あゆちゃんが「1曲のコーラスで、色々な役を演じよう」、さやねちゃんが「今がそのままコンサートになります」と教えてくれました。
 あゆちゃんやさやねちゃんの姿や言葉がとても奇麗です。深い所で気持ちを表現したり、奇麗な表現に近づいていけるように、普段の姿や気持ちから磨いていきます。
 密度濃く積み重ねていきます。
 お父さん、お母さん、みんなの中で、なのはなのコンサートを作っていく1人として、舞台以外の毎日も本番だと意識して、みんなのチームプレーの中で、その時その場であるべき役を演じていきます。読んで下さり、ありがとうございました。

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.