« ★前のページ  ||  ★次のページ »

11月17日(土)「見たことのない世界へ!『ザ・グレイテスト・ショー』練習&『ジ・アザー・サイド』衣装決定」




11月17日のなのはな

P1015622
今日から、音楽合宿第3弾が始まりました。
1日目の今日は、『ザ・グレイテスト・ショー』の
コーラスとバンドと合わせて、詰めていきました。

P1015613
〈休日は、普段はなのはなから
お仕事に通っている子も揃って
練習ができる、貴重な時間です〉
私は、平日は農協に勤めているので、今日、
噂に聞いていた、あゆちゃん指導の音楽合宿に
参加できたことが本当に嬉しかったです。

出だしの音を身体で表現する
指揮者の手の動きに、
1番に惹きつけられました。
コーラス練習の時間中、
あゆちゃんの指揮、
身体で表現するものに一体となりました。
午前の時間が、あっという間でした。

本当に自分事、我を忘れて、
あゆちゃんの眼の光の先にあるものだけを見て
全身で表現する時間は、最高に楽しかったです。
今、目の前にその世界があるのだと説得したい、
そんな表現でないとだめなんだ、
あゆちゃんの言葉1つひとつには、
説得力、凄みがありました。 

1つひとつの言葉を聞き逃してはならないと感じ、
その通りの音、迫力、世界観を出したい、
手の動きそのままの表現をしたいと
みんなで大きな塊になりました。

140%の音になり、
こんな素晴らしい世界を見たことがない! と表現します。
この曲の言いたいことのメインのパーツはこれだ。
畏れずに大声を出して、声が潰れる寸前までいけば
次の日には出せる音が1つ増えているんだ。
見たこともない恐ろしくもあるものが美しく迫りくる。
それは見たことのない美しさ。
上手い、下手は関係ない、
大丈夫、見たこともない美しさになれるから。
恐ろしいくらい、すごみのあるものが、
一歩一歩前ににじり寄るように。
自分を信じ切ったギラギラした眼で責めて引いて迫りくる。
実際にあゆちゃんに向かって、
みんなで一歩一歩前進しました。

P1015574
〈迫りくるような声を出す練習のとき、
みんなで一歩ずつ
あゆちゃんに近寄りながら歌い、イメージをつかみました〉

 P1015628 外国人になって、人格を変えて
もっと華やかにもっと透明に。
あゆちゃんの眼がキラキラとしていて
その世界を見たい、
その世界を見ている人を演じるんだ、
その願いそのものにもっと同化したいと思いました。

『なんて素晴らしい世界なんだろう』
『太陽だって私たちを止めることはできない』
これが最高のショーなんだ。
これからもっともっとよくしていけると思うと楽しみです。 

(まよ)

   
☆★☆★☆★☆
   
ウィンターコンサートに向けて、
衣装考案や衣装制作も日々進めています。

今日は、『ザ・グレイテスト・ショー』の衣装で使う
ベルトの装飾や、裁縫の作業を進めました。
衣装部のまゆこちゃんと一緒に、
土日で何を進めて、
どのくらいの数を作るかなど
目標や段取りを決めて進めています。

PB170001 
 PB170056
〈『ザ・グレイテスト・ショー』の衣装は、
今回のコンサートのストーリーから、
”宇宙人”をイメージしています。
今日は小物の一部となる、肩パットを作りました〉
 
衣装作りをしていると、
時間が経つのが早く感じます。

もっとよくするためにどうしたらよいかを考え、
悩むこともありますが、
ステージを煌びやかにしてくれる
衣装のあるべき形を見つけて、
諦めずに作っていきたいです。

考案では、今夜から
『ディス・イズ・ミー』を進めています。
『アイム・ゴーイング・スライトリー・マッド』や
『ジ・アザー・サイド』の衣装も決まり、
制作メンバーと考案メンバーで連携をとり、
みんなと協力して進めていきます。

みんなとウィンターコンサートへ向かって、
協力していけることが嬉しく
過程を大切に、
日々を積み重ねていきたいです。

(ふみ)

PB170023
〈『ジ・アザー・サイド』の衣装が決定しました!〉
   
☆★☆★☆★☆
   
午後からは、グラウンドで、
『アロハ・エ・コモ・マイ』のフラダンス練習をしました。 
PB170013

グラウンドで踊ると、
全体のフォーメーションがよく見えたり、
場見りテープがないために、隣の人との間隔を
お互いに感じ合いながら取る練習になりました。
体育館での練習とは一味違った感覚があり、
ウィンターコンサートのステージに向けて、
新たな課題も見つかりました。

   

 

***

 

JA美作支店に、なのはなから勤めている
まゆこちゃんが、
勝英農協の広報誌『しょうえいだより』で紹介されました!

まゆこちゃんは、
農林中央金庫岡山支店が10月3日に開催した
『第6回 JAバンク岡山窓口ロールプレイング大会』で
第2位でした!
DP2Q0227 DP2Q0222
〈大会前、古吉野なのはなでは毎晩、
練習をするまゆこちゃんの明るい声が聞こえていました〉

   
  ***
   

gakkilogo2

今日の楽器
【ドラム】

IMGP0435

IMGP0404
〈ドラム担当 かにちゃん〉

IMGP0446〈スネアドラムです。
Ludwig社の『LS403』というスネアで、
これは、主にロックで
パワーのある音を出せるように、と
組み入れたドラムです。
他にもなのはなには、それぞれ特徴の違う
ドラムやシンバルがたくさんあります〉

なのはなファミリーには電子ドラムセットを含め
全8台のドラムセットがありますが、
中でも代表選手なのが、このドラムです。

歴代のウィンターコンサートを始めとした
大きな舞台を 、その音と姿で支えてくれています。

日本の3大ドラムメーカーの1つであるPearl社のドラムで、
バスドラムは、「ジニサル・レゾネイター」というモデルです。
分厚く重たい作りで、鳴りが良い名器と言われています。
和田さんという、私たちにドラムを教えてくださった方が
以前、このバスドラムをツインペダルで
ドコドコドコ……と踏みながら、
「ドゥカティ(イタリアのバイク)の音は、これだと思うんだよ!」
と仰るのをきいて、ワクワクしたことを思い出します。

タム類は「プロフェッショナル MXシリーズ」というモデルです。
 
バスドラム、タム共に、
80年代後半から90年代初めにかけて開発されたもので、
特に「ゼニサル・レゾネイター」は
プロの奏者にも幅広く使われているようです。

太鼓はどれもメイプル(カエデ)で作られているのですが、
メイプルは木材らしい暖かみを持ち、
且つ抜けがいい音が特徴で、
様々なジャンルに対応できる定番の材料です。
ロック、ポップス、ジャズなど、
いろいろな音楽を演奏するなのはなに、
ぴったりなドラムだと思います。

何だか“ひとくち”ではなくなってしまいましたが、
今年のウィンターコンサートでは、
バンドの土台を担う一員として、より
このドラムが良さを発揮できるような演奏をしたいです。

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.