« ★前のページ  ||  ★次のページ »

10月11日 夜のなのはな 「強い気持ちを持ち続けて ― 勝央町硬式バレーボール大会 最終戦 ―」




10月11日 夜のなのはな

IMG_8154 400 「競った状況で、強い気持ちで
プレーし続けられるかが問われる」
お父さんの言葉を受けて
強い気持ちで、勝央町民硬式バレーボール大会の
最終戦、『STO』チームとの試合に挑みました。

1セット目から、
4人のアタッカー、しほちゃん、あけみちゃん、
ゆかこちゃん、あゆちゃんのアタックが決まりました。

相手アタッカーの鋭いアタックもブロックし、
得点を重ねていきました。

アタックやブロックが決まる瞬間、
チームのみんなの力強いプレーや気持ちを感じました。
1セット目は、21対19まで追い詰めましたが、
落としてしまいました。
それでも、コートサイドや2階席から、
監督のお父さん、応援に来てくれたお母さんやみんなが、
大歓声でなのはなの空気を作って、
一緒に戦ってくれました。

IMGP6612
IMG_8191 400 2セット目も、シーソーゲームが続きました。

相手チームの鋭いアタックやサーブに
攻め込まれる場面もありましたが、
アタックを打つ人だけでなく、トスやレシーブをする人も
みんなでお父さんの指示を聞いて、
同じ意識で次の1球に向かいました。

サーブカットのときも、コートサイドからお父さんが
「少しうしろに構えよう」と声を掛けてくれて、
レシーバーのみんながボールを上げてくれました。
しほちゃんのアタックを中心に、
なのはなの攻撃が決まっていきました。

IMGP6663
試合をしながら、
コート内でチームのみんなと声を掛け合って修正したり、
セット間でも、お父さんが作戦を確認してくれて、
強い気持ちを持ち続けることができました。

うしろを振り返れば、
チームのみんなの力強い姿や声を感じ、
お父さん、お母さん、みんなの応援からも
大きなパワーをもらいました。

今の自分たちのベストを尽くす、
そのために、自分の役割を果たしたい、と強く思いました。

2セット目を21対18で落とし、試合に敗れました。
試合前に、お父さんが話してくれた
「競った状況で、強い気持ちで
プレーし続けられるかが問われる」ことや、
その1点、その1球の重さも改めて感じて、
気持ちが正されました。

IMGP6569
IMGP6756

IMGP6763

今大会は準優勝という結果になりました。

この大会に向けて、
新しいメンバーやポジションでチームを作り、
試合や練習を重ねてきた過程で学んだことを、
これからにも繋げていきたいです。

(のりよ)

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.