第120回「血を連想させる単語を聞くと」

【質問】
 心臓や血管など、血を連想させる単語を聞くだけで身体の力が抜けたり、力が入らなくなってしまうのはなぜですか?
 昨夜、お父さんが、心筋梗塞のお話をしてくださったときに、
「血管にコレステロールの塊が詰まって、心臓に必要な血液や栄養が行かなくなってしまう」
 という言葉を聞いただけで、身体の内部をイメージしてしまって、組んでいた手の力が抜けました。
(実際に血を見たりしても具合が悪くなったりすることはないのですが)

 自分の考えた答え
 1、怖がりだから
 2、心臓などは実際に見たことがなくて、
   自分の知らない世界(?)だから。

   ちゃんと身体の仕組みを理解したら、怖さもなくなる。
 3、その他
 

  
 

【答え】
お父さん:
 心臓や血管の話しを聞いたら、力が入らなくなる。
 イメージする力が強いんでしょうね。気持ちが弱ってると、嫌なことを思い出しますよね。自分の兄弟がやけどをしたとか、怪我したときのことを思い出したり、そうなったらどうしようという心配が沸き上がったり。
 気持ちが落ちますよね。そんな風にマイナスなことを思ったら気持ちは落ちます。
 気持ちが弱いときには、マイナスなイメージを凄くしやすくなっちゃいますね。
 子供のときに、世界が壊れちゃうんじゃないかという心配をする。
 家庭が壊れることと、世界が壊れることがイコールで繋がってる。
 心臓と血管。なんかマイナスのイメージが広がって力が抜けやすい。それはあるんでしょうね。
 生きることに希望が出たり、自信ができてくるとそうでもないんでしょうね。 
 でも、そうはいっても、そういう話しの得手不得手はあるでしょうね。ちょっと苦手な人と苦手じゃない人。
 いま医者になろうとしている人でさえ、それはあるでしょう。
 研修で、解剖したり、実際に手術をしたりして、それはどうも自分に合っていないかもしれないと感じる人もいるでしょう。逆に、合っている人もいるでしょう。

 
 だけど、イメージする力が強いというのは、いろんな意味でいいことなんです。

 まず自己暗示をかけやすい。
 たとえば、夜に寝付けないなというとき、寝付きやすくする方法があります。
 周りの音を3つ、同時に聞いて、自分の頭の中ではイメージをふくらまさずにいると、無心になって眠れるという方法がありますが、その反対にイメージを強く持って眠りやすくするという方法もあるんです。
 それが自己催眠の方法で、布団の中で横になってから、次のようにイメージしていきます。

 まず手が重くなる、次に手が温かい、と自分に言い聞かせる。
 次に身体が重くなる、身体が温かくなる、心臓が静かに打っている、太陽神経叢(たいようしんけいそう)というお腹の中心が暖かくなる、と自分に言い聞かせていって、最後はおでこが涼しくなる、そういうイメージを順番に感じるようにしていきます。(太陽神経叢というのはヨガの考え方にあるものですが)

 ひとまず最初は手が重くなる、暖かくなる、とイメージするわけですが、手が暖かいというイメージをするときに、手の中の血管にあったかい血が流れてるというイメージをすると、手があったかく感じられるんです。心臓をイメージするとその鼓動がはっきり感じられる。
 そして最後はおでこが涼しいというイメージ。
 おでこの下の大脳の前頭葉のあたりに冷たい風があたって冷えてきているとイメージすると、ほんとに涼しく感じます。
 やがて、いい眠りにおちる。
 そういうイメージをしやすい人なんじゃないかなと思いました。
 いきなり、不用意に血液のことを言われたら、それは力が抜けるような感覚に陥っても仕方ないところはあるような気がします。
 ただ、イメージを強く持てるということは、いいことだと思いますよ。マイナスに捉える必要はないと思います。

 

 

(2018年9月28日掲載)









第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」

第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます!
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.