第102回「プログラムミスを修復する」

【質問】
 昨日は質問に答えて下さってありがとうございました。
 昨日の質問を踏まえて、また質問があります。
 

 依存には色々あると思うのですが、昨日の話にあったような、分かりやすい依存(食への依存、タバコなど)ではなく、自分ではあまり気づく事の出来ない、親への依存について質問です。
 その親への依存を切り離せるまでの期間や、切り離し方などは、親以外の依存を切り離すときと同じですか?
 

 ■自分の答え
 同じではない、けれど分からない。

 

 

お父さん:
 そうですね、それは親の依存を切り離すのも、親以外の依存を切り離すのも「同じ」だと思ってください。
 また、アルコール依存を引き合いに出して考えましょう。
 アルコール依存の強い人はどうなるかというと、本人から望んで、もしくは強制的に、精神病院に入ったほうがいいよ、と閉鎖病棟などへ入ります。
 精神病院で依存の強い人はどうするかというと、簡単に言うと絶対に出られない檻の中に入れて、暴れようと何をしようとそこから出さずに、酒を強制的に断つ、という強硬手段を取るわけです。……摂食障害の人と似ている? なのはなでは保護室に入れることはしませんけどね。
 そういうことをしないと収拾がつかないわけです。理性が働かなくなっていますから。
 じゃあ、そうして半年くらいかけてアルコールを完全に切った人が、病院から退院してきました。この人は二度とアルコール依存にならないでしょうか、という話なんです。
 そのままにしておいたら、ほぼ全員、またアルコール依存になって、戻ってきます。
 それでアルコール依存症は、治らない病気、とも言われています。
 

 もっと言うと、摂食障害だって「治らない病気だ」と言う人もいます。
 医者から言われた人も多いですよね。
「摂食障害は治すことのできない病気なんだよ、上手に付き合っていく病気です。ある程度コントロールできたら、それはもう治ったと言っていいんだよ」
 治らない。依存は切れない。一般的に言って、それがこの病気の本質なんですよ。
 だけど、なのはなファミリーの考え方は違います。
 摂食障害の症状を完全に消す、再発のない完治、ということを目標にして、やっています。
 実際、卒業生を見ると、卒業生のほとんどは、完全に依存が切れて再発はありません。
 

 親への依存を切るというのも、同じなんです。
 やっぱり親の依存を切るのはすごく難しいです。
 で、1か月くらいしたら、親が恋しいなとか、会いたくて堪らない、ここを飛び出しても会いたい、というような強い依存の症状はかなり落ち着きます。
 だけど、半年間、親との連絡を絶てば依存が消えるかというと、消えませんということなんです。それは、食の依存、アルコール依存と、全く一緒なんです。
 じゃあ、それでは依存を完全に切るために、なのはなファミリーでは何をしているのか。
 依存を切るミーティングをすることで、依存が完全に切れるようにしています。
 今、やっている――新しい人はちょっと入っていないですけど――ミーティングがまさにそれです。自分の心の傷を完全に癒やす。完全に分解掃除をして整理をつけて、心の傷を、傷ではなくする。そうすると、依存が完全に切れます。
 依存が完全に断ち切れた状態になれば、外に出て自立したあと、いろんな問題が起きたり、状況が変わったりしても、その依存がまたもう1回芽を吹くということが、なくなるんです。
 そういうふうに心の傷を完全に消さないと、一時的に依存を中断させただけでは依存症から回復することはできません。
 

 だから、
「ここにきて、アルコールも断つことができました、食事も普通にできるようになりました」
「偉いね、4か月で体も元気になり、よい生活習慣もついた、良かった、さようなら」
 って出したら、まあ時間の問題で、また同じ症状を出すでしょうね。
 この中にも、何回も入院しては退院し、入院しては退院し、を繰り返して、さっぱり治らないという人がたくさんいます。身体(体重)を普通に戻して、普通の食習慣に戻して、昼夜逆転も直して、これで行けるかなと思って外に出てきても、またすぐに時間の問題で、あっという間に摂食障害の渦の中に巻かれていく。
 だから、それは何が原因で、それをどう正したら治るのか、ということを明らかにするわけです。なのはなファミリーでは、それをやっていくわけですけど、いってみたら、それを1人ずつ明らかにするためのミーティングです。
 それが不思議に思うかもしれませんが、心の病気の大きな原因は割と共通点があって、鬱病や統合失調症なども、ほとんどが摂食障害の心の問題と共通点があります。
 

 それで、親への依存を切り離すには、ただ親と連絡を断つだけじゃなくて、心の中を整理して、心の中の傷にきちっとけりを付けないと、また依存は戻ってきてしまいます。
 ところで「心の傷」というのは2種類あります。
 よく勘違いされてしまうんですけど、例えば今、誰かとやり取りをしていて、ひどい言葉を言われるとします。「お前なんか死んじまえ」みたいな。それを聞いて、「あなたの言葉で傷ついた」というときも心の傷です。
 ところが、大人になってから、「あんたにひどいこと言われて傷ついた」という傷というのは、割と浅いんです。
 悪いことを言われて頭にきた。悲しくなったりした。それは言ってみると“嫌な思い出”です。
 言われたときは一番腹が立つだろうし、翌日も3日経っても、頭きたという状態ですよね。
 それが10日して、1か月して半年となったら、もう、「そんな事言われたっけな。あいつにはひどいこと言われたな」って遠い思い出になっていき、だんだん薄れていきます。まあ、10年か20年したら、ちょっともう記憶の彼方になって、どうでもいいことになりますよね。
 それは、要するに悪い思い出になる傷ですよね。
 

 ところが摂食障害で僕たちが言う「心の傷」というのは、それと種類が違うんです。
 僕たちが問題にするのは、4歳から6歳の間に受けた心の傷だけです。
 家族がばらばらになるんじゃないかとか、自分がこのまま生存できないかもしれないというような傷というのは、これは思い出にならないんです。
 なぜか。
 人間というのは、人間として生きていくためのプログラムが、生まれたあとで行なわれていくんですね。
 6歳までの間に、人として生きるプログラムがなされ、脳がどんどん進化していきます。
 その生きるためのプログラム中に傷つくと、これは思い出にならない。人が生きて行く上での本能のプログラムに、つまり脳の中に組み込まれてしまうんです。組み込まれてしまって、言ってみると冷凍保存されているようなものですから、ずっと色褪せないで残る。
 それはプログラムであって、思い出ではないので、少しずつ薄れることがないのです。
 

 このプログラムが、機能し始めるのが、みんなが思春期になる頃です。身体が変わり始めて、女性もしくは男性となる頃に、女性ホルモン、男性ホルモンが増える。増えると、この間違ったプログラムが解凍されてしまいます。この心の傷が解凍されたときに、正しく親離れができない、ということになってしまうのです。
 親離れができないために、親に対して、好きな感情、嫌いな感情、色んな感情が出てきて、うまく親離れができない。その葛藤が、生命脳にダメージを与えることで、いろんな症状――食欲中枢を壊したり、性欲中枢を壊したり、自律神経を壊したり――が始まり、その中心的なものは依存症ですが、ときには鬱病になったり統合失調症になったりすることもでてきます。
 そういう発症のメカニズムなので、本当にこの依存を切り離すためには、“プログラムミスを修復する”ということしかないのです。そのことで、きちんと親離れできるようになるし、依存症にも収拾がつきます。
 この親離れ中枢がもとで、アルコール依存とか摂食中枢の故障を起こしていますから、このプログラムがきちんと修正されたら、それらが根本的に解決できるのです。
 人間関係もきちんと取れるようになる。
 自己否定もしなくて済む。
 正しく自分の未来を明るい方向へ描いて、自立することができるようになる。
 すべてが変わる。それがこの親離れ中枢なんです。
 

 完全にそれを治すためには、今やってるミーティングで、自分がどういうプログラムミスをしたのか、自分のプログラムミスがどこにあるのかを明らかにする。それがわかる構成のミーティングになっています。
 そして、自分の中で意識的にプログラムをし直す、ということが、必須です。
 それは絶対に必要です。その修正ができたならば、再発しないのです。
 直さないで、その周辺の身体だけ治す、お酒を飲まない習慣をつける、そんな事をやっても、元々プログラムが壊れているから、必ずまた症状が出てしまいます。そこまで治して本物じゃないでしょうかということ。
 多くの病院では、現実的な取り組みとして、入院した患者さんに対して極端に痩せた身体のケアをして、普通の体重の許容範囲内に戻して、退院させます。
 いまの段階では、脳のプログラムミスを修正するような治療法やカウンセリングは、病院では行なっていません。
 脳のプログラムミスを直すことで、摂食障害のケアを本質的なものにしていくという発想は、残念ながら、まだ一般化されていないからです。
 しかし、ここまでしないと親への依存も完全には切れませんし、いろいろな依存症も完全に切れるというところまでいかない、と私たちは思っています。
 なのはなファミリーの卒業生の多くが、自立して働いているばかりでなく、結婚して、子供も作って、依存からまったく離れた健全な生活を営んでいるという事実が、そのプログラムミスを修正すれば依存症は再発しないということを証明してくれていると思います。

 

 

(2018年7月27日掲載)









第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」

第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます!
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.