第98回「自分がオーラのある人になるには」

【質問】

 オーラについて。
 「オーラのある人」という言い方がありますが、オーラとは、自尊心がある人にしか出せないものではないか? と思いました。
 例えば、ステージでお客さんに楽しんでもらうために演じるとき、オーラが無いと駄目だ、と思うのですが、それは自尊心を高く持つ必要があるということだと思いました。オーラは自尊心に基づくもの、という考えはあっていますか。

 自分の答え
 オーラは自尊心からくる。だから、自尊心が高くないと表現者としての生き方はできない。
 

 

お父さん:

 ちょっと違うんですよね。「自尊心を高く持つこと=オーラが出やすくなる」ということは合っているけど、オーラというのは「演じる心」です。オーラを持ってる人は、人から見られる自分を意識しているんです。あるいは見せる自分を作っているんです、心の中で。それがオーラになって人に見えるんですよね。
 いくら自尊心を高く持っていても、「自分」をやっている人からはそんなにオーラは出ない。自分をやっていては、だめなんです。「今、自分をやってる」といったときの自分というのは、他者を意識しない自分のための自分です。

 みんなを見てると、自分をやってる人と、自分からちょっと離れて理想的な人を演じている人、その2種類の人がいます。自分をやってる人が多いです。
 オーラは出ません、それではね。
 前からやってみたかったので、今がいい機会だと思います。自分の前後左右に座っている人を見渡して、この人を演じてみようという人を見つけてください。今、決めて下さい。この人を演じてみよう、という人です。決めましたか?
 じゃあ、下を向いて。その人を演じて顔を上げてください。
 ……みんなこれまでの感じと微妙に違いますね。その人になりきったまま、まわりを見回してください。
 
 自分をやってるということは、周囲に対して無実の人を演じている人でもあるんです。
 それじゃ、オーラが出ません。
「私は無罪ですよ、潔白です」っていう顔をしてしまうんです。
 素をやっちゃうと、そうなってしまうんです、だからオーラが出ない。オーラというのは、自分以外のものを演じたときに初めて出ると思います。
 だから、なるだけ高い、理想的な人を演じるんですよ。

 じゃあ今度は隣の人じゃなくてですね、理想の人、こうあるべき人というのを演じてみましょうか。もう1回下を向いてください。
 すごく立派な自分。自分を離れた自分、になりきってください。
 はい、顔を上げてさい。あ、さっきよりもいいな。
 なんか、目の前に利口な人いっぱい揃ってるな、という感じがします。なんか理性的な人が増えたな、という感じがする。
 

 

お母さん:
 いつもこうであってもらいたいな。

 

 

お父さん:
 そうだよね、いつもこうであってほしいな。うん、言葉は適切じゃないかもしれないけど、利口そうな人がたくさん、という感じを受けますよ。
 ……あのさ、アセスメントのときみんなこんな顔をしてよ。アセスメントのときでも何でも、自分を演じないで。利口そうにしてよ。いいです、気持ちがいいな、ね、お母さん。
 みんなオーラが出てるよ、オーラが。
 すっごい人に見えるよ、OLのすごく仕事のできる人っていう感じだよ、顔がね。
 お母さんこれからいつも、オーラタイムというのを作ろう。
 見せようと思う自分をいかに出すか、という時間です。

 自尊心じゃなくて、自分じゃなくていいんです。すごく立派な人を演じている自分も自分のうちですからね。最高の自分を演じたってやっぱりそれぞれの限界があるわけですから。限界まで最高の自分を演じる、でいいんです。
 それをやっているとね、綺麗な人になっていきます。タレントなんかでもそうなんですよ、最初は田舎臭いお姉ちゃんが、テレビで見るたびに綺麗になっていって、しばらくしたらすごいオーラがでるようなアイドルになってることあるでしょう。
 昔はよく、NHKの朝ドラの主人公が、出始めの頃と、半年経った最後の頃とでは、見違えるように綺麗になるとよく言われていました。テレビで半年も撮られて演じているうちに、どんどんきれいになっていくんですね。連続ドラマだから変化が見えるんです。
 変わっていくんです。それは変わろうとする意識、演じようとする意識が変わっていく。そして、演じるレベルが少しずつ高くなっていく。演じることによって、自分で自分のオーラをどんどん高貴なものにしていくことができるのだと思います。
 素の自分でいないこと、オーラを出すにはそれが大事だと思います。

 

 

(2018年7月13日掲載)









第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」

第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます!
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.