« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「葡萄と睡蓮」 もも




7月11日

 午後から、第2回目の水墨画教室が開かれました。

 新しい人もいたので、最初、太田先生が直筆と側筆、濃淡の付け方など基本的なことを教えてくださりました。
「水墨画は渇筆(かっぴつ)といって水気を絞った描き方と、わざとぼやかす描き方がある。渇筆だと硬い感じが出るし、ぼやんと墨が滲んでいると柔らかそうに見える。水墨画は、物の濃淡だけでなく質感まで表現できるという魅力がある」
 ということを聞いて、一色で、ものの本質的なところを表現できるということがすごく面白いと思いました。

 そのあと、木多さんに葡萄、高崎さんに睡蓮の花の描き方を教えていただきました。
 葡萄は木多さんの御宅でも育てているらしく、写真を見せてくださって、オクラやタチアオイみたいにグローブ型の葉をしていることを初めて知りました。
 品種はピオーネで、最近、袋がけをしたらしいです。なのはなでも葡萄の幼木を育てているので、未来を描くようで嬉しい気持ちになりました。
 葡萄は蔓を渇筆で細く生き生きと描くことがポイントだと思いました。また、葡萄の丸をきちんと丸くすることが意外に難しく、滲んでしまったり歪んでしまったりします。
 葡萄一粒一粒の濃さや表情を変えながら描いて、葉は筆のお尻が葉の先になるように5枚連続で描くのが難しかったです。

 睡蓮の花は濃淡や配置で個性が出ます。葉の葉脈や雌蕊の点々は少し滲むくらいが良くて、乾ききらないうちに描きます。水分を含ませ過ぎるとすぐに滲むのが酷くなってしまうので、調整が必要です。
 睡蓮は水の上に浮かんでいますが、自分の名前は水面に描かない、というルールがあるということも教えていただきました。なので敢えて、睡蓮の葉の上に名前を書きました。

 太田先生や木多さん、高橋さんが教えてくださる南北水墨画というのは、筆数をなるべく少なくして、単純化された精神性の高い水墨画です。
 睡蓮の葉は筆をふたつポンポンと置くだけで出来てしまうのですが、そのふたつで決めるということは、実はすごく高い技術、或いは集中力が必要です。

 今日は色紙とハガキも2枚ずついただいて、そこにどんな絵を描こうと考えるだけでも楽しい気分になります。
 もっと練習して、先生方のように、伸びやかで洗練された空気感を出せるようになりたいです。

 また、お父さんが夕食の時に黒板に貼られたみんなの絵を見て、「それぞれ良く雰囲気が出ているね」と言ってくださって、すごくほっとして嬉しい気持ちになりました。
 正解に当てはめるような苦しいものではなく、水墨画という自分にとって新しい方法での表現法の練習なのだと思いました。
 そういうことが出来ること、先生方がご厚意で教えに来てくださることは、当たり前じゃなくい、嬉しいことだと思いました。

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.