【質問】
 私は、動物を飼うことについて、どう思って良いのかわからないところがあります。
 生き物を愛玩物にすることに罪悪感を感じたり、動物が本来持っている自立して生きていく力を奪っている、というような気持ちがして、(本当に、これで良いのだろうか)と思ってしまいます。
 動物園や水族館に行くと、可愛いと思う一方で、檻に入っている動物を見て、どこか切なく感じてしまいます。 
 
 鹿を捌くお話しをきいたり、動物を食べることには抵抗を感じないのですが、“飼う”ということについて、どう思って良いかわからないです。
 動物を飼うこと、可愛がることについて、どう感じて、どう思うことが適切ですか。
 
 

 

 そうだね。この人はね――『高安犬物語』(戸川幸夫 著)というのがそこの本棚に無いかな。それを読んでみてください。動物を飼う、犬を飼う楽しさとか、喜びというのが、わかります。
 高いレベルの、愛玩動物を飼う喜びと、低いレベルの喜びというのがあると思うんですよ。やっぱり高いレベルでわからないとしょうがないですよ。
 世の中のペットの中には本当にね、素晴らしい、ものがあります。
 
 
 渋谷の「忠犬ハチ公」って聞いたことあります? 銅像がありますね。あれね、ちょっとあれは微妙ですよ。
 忠犬ハチ公、主人が亡くなる前に立てたという話もありますね。
 何かと言うと、主人の帰りを待って渋谷駅まで迎えに来ている犬が有名になった。ちらっと銅像を立てようかという話があった。すると何ということか、そのための資金集めがばんばん行なわれるようになった。集まるようになった。それを集めたのは誰かと言うと、小さい詐欺師たちなんですよね。「ハチ公の銅像を立てるために募金しています」と言って、集まったお金を全部自分の小遣いにしちゃっているグループが、たくさん出てきちゃったんですね。
 それで慌てて、そういうグループを無くすためにどうしたらいいか。次々出てきちゃうからいけない。そういうグループを無くさせるには、銅像をパンと立てちゃう。もう立ってるから、今頃「資金集め」なんておかしいでしょ。
 あのハチ公が素晴らしい犬かどうかというのはちょっと眉唾です。
 そうじゃあなくて、『高安犬物語』読んでみてください。
 
 
 動物を飼うということでいうと、僕は小鳥をたくさん、小さいときから飼っていました。ウズラも、チャボも、アヒルも飼いました。ニワトリも。
 小鳥屋さんで売っている鳥の、半分くらいは飼ったかもしれません。ジュウシマツ、セキセイインコ、それにメジロ、ウグイス、モズ、スズメといった野鳥も飼いました。
 飼ってないのはハトと……。

 

 


 でもお父さん、ハトは、ベランダに巣を作って子供を孵してたよ。

 

 


 そうですね。ベランダで飼ってました。子供産みました。……でもそれは僕のハトじゃない。餌やってませんでした。だから飼ってたとは言えないよね。
 小鳥、可愛いですよね。何が可愛いんだろうね……。まあちょっと、いいです。
 動物を飼うと、可愛い、という感情が育つでしょうね。
 ぜひ、高安犬物語、この小説読んでください。
 他に動物を飼う面白さがわかる小説は、何があるかな。いくつかあります。ちょっと今、『高安犬物語』しか思い出せませんけど、いくつか、ペットについて書かれた名作と言われる小説があります。そこで、動物を飼う喜びというのはすごくわかるでしょうね。
 
 ぜひ、知って欲しい事があります。
 子供の頃、メダカを飼っていたんです。ちょうど春にメスがタマゴを産むシーズンで、ずっと水槽のメダカを見ていたんです。
 そしたら、産卵を迎えたメスにオスが寄り添いました。すると、息んでいるメスをかばうように横についたオスの背びれと尻びれが、メスを抱くように横に曲がったのです。
 オスのメダカの背びれが90度、横に曲がってメスを抱くようにしたのです。尻びれも曲がって下から支えるように抱くのです。まさに抱擁です。そしてメスが卵を産みました。大感動、です。
 まさか、メダカが抱擁をするなんて、初めて見たし、聞いたこともなかったし、うわーってみんな、見て、見て、見て、見て、たいへんだーっいうくらい、感動したんですよ。
 そんな小さな生命の感動を、すぐそばでたくさん見せてもらえる、それが動物を飼う歓びの1つでしょうね。
 
 猫も、僕は好きですよ。
 猫可愛がりみたいなことはしませんけど、猫って、人の気持ちを汲むんですよ。
 だから、もし悲しい気持ちで僕がすごくお母さんに叱られた、みたいなことで階段に座ってちょぼんと頭を垂れていたら、猫は絶対、横に来てそっと座ってくれますよ。黙って、横にじいっとして頭を垂れてね。必ずそうします。悲しみを共感してくれるんです。
 余計なことは言いません。ただ、じっと同じ悲しさで寄り添ってくれる。それが猫です。
 みんなも悲しいことがあったら、靴箱辺りで座ってみてください。
 猫が寄ってきて、スッと、こうやって(頭を垂れて)くれます。猫のそういうところは好きですね。でも、猫アレルギーの人はやらないほうがいいですね。この人は猫アレルギーがあるって、猫のほうではわかってくれませんから。

 

 

(2018年6月22日掲載)









第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」

第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます!
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.