第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」

【質問】
 人は気持ち次第で生き方が全く変わってしまうとわかった時、大きな責任があるような恐ろしさを感じました。どうして人間だけに気持ちが必要なのですか。
 
自分の答え:神様が人間に世の中を作るよう役割を与えたから。

 

 
お父さん:
 どうして人間だけに気持ちが必要なのか。
 考えてみると気持ちがあるのは、人間だけですね。動植物の中で、人間だけが気持ちを持っている。
 人間は考える葦である。というデカルトの言葉がありますね。
 考える。――自分って何だろう。
 葦って、草のすすきみたいな葦ですよ。あれも生きている。人間も猫も生きている。
 同じ生きているのに違いないけど、考えるところだけが、人間はほかの生き物と違う。
 葦も人間も同じ生きているのには変わらないのに、違うのは考えるところ、つまり気持ちがあるということなんですね。
 
 これは、かなり本質的な問題ですよね。
 考えがあるんだけど、人間の中でも幼稚な考えというのもある。
 気持ち次第で生き方が全く変わってしまう、というのもそうですね。
 大きく生きるのも小さく生きるのも、大成功するのも、大失敗するのも、何もしないのもするのも、ぜんぶ自分の気持ち次第です。
 どう生きても良い。
 
 
 人間は、いつから何をもって生きたのかな、と思いますけど……。
 この、「どうして人間だけに気持ちがあるのか、必要なのか」。
 もともと人間は、今のような動物ではなくて、類人猿のようなゴリラのようなものから進化したと言われています。ゴリラは多分考えてないですね。チンパンジーも。
 そこから人間になってきて、どのあたりで考えを持ったのかな。
 
 四大文明発祥の地、というのがありますけど、そういう文明みたいなのを持つころから、気持ちが出てきたんでしょうね。
 でもまだ単純で、かなり動物的なものだったんじゃないかな。
 サルがボスになったり、ナンバー2になったりするのと、人間が社会の中でボスになるのと、ナンバー2になったりするのと、あんまり変わらなかったんじゃないか。
 それが、人間らしい気持ちというようになったのは、宗教が出てきたころじゃないかな。
 人間はどう生きたら良いのか、何を悲しんで、何を喜んだら良いのか。
 本質的に考える。それが人間的な行為で、そのころから宗教を必要としたのでしょう。
 あまりの悲しみから抜け出るために、宗教がどうしても必要だった。
 
 
 今、西暦2018年ですが、それはキリストの生誕からの年数です。
 そのころ一斉に宗教が生まれ、人間が人間らしい社会を作るようになったということでもあると思います。
 最近も、だいぶ問題になっていますが、イスラム教とキリスト教とユダヤ教と根っこが同じですから、聖地も同じで、みんな自分の宗教の聖地だと言って、三つ巴がずっと続いてきていて、誰も手を触れてなかった。
 それが、イスラエルの首都はメッカだとアメリカが認めると言ってから、大混乱が起きています。いずれにしても、人間が人間らしくなったのは、2000年ちょっと前頃なんでしょう。
 どうして人間だけに気持ちがあるのか、って言うと、やっぱり食べるものが充分にあり、暑さ寒さを凌ぐものがある程度できてくると、考える時間ができる。
 それで、暇にあかして、いろんなものを作ったり、考えたり、絵を描いていたりしているうちに、どんどん気持ちが進んでいった。
 より奇麗なもの、高度なもの、美しいもの、良いもの。
 どんどん人間の心が求めるようになっていって、向上心を持って、より良い生き方を求めだした時、その頃、気持ちが出てきたんじゃないか。そう思いますね。
 
 で、動物を考えると、そんなに気持ちが長続きしないものです。
 自分の子供をライオンに食われた。これが悔しいから、ライオン一族に仕返ししてやろう。ウサギの大反乱。実際、そういう風にならない。忘れちゃう。
 恨みをもったり仕返しをしようとしてウサギがライオンを追っかけたりすると、結果的に、一族が全滅しちゃう。
 わりと、襲われたら簡単に気絶して死ぬ。恨みもしない。家族もそれを忘れる。悲しまない。
 気持ちを、動物は簡単に切る。生きる、死ぬでもそうなんです。
 
 人間は、だんだん粘り強く考えるようになっていって、死についても考える。
 それを考えたとき、より良い生き方、死に方、生活を考えたときに、これは自然の流れだったんじゃないかと思いますね。
 で、日本の歴史でいうと江戸時代が300年続きましたけど、その中で町人文化が花開いた頃。政治的に300年も江戸幕府が続いて、かなり安定していました。
 街の生活が安定したのは、身分制度があって、士農工商があったからでもあります。
 実際に、職業選択の自由とか、住居選択の自由とか、旅行の自由とかほとんどなくて、親がやってた仕事を継ぐしか無い。
 住むところも一生、同じ。限定的。
 より良く生きようとしたら、一家の代々繋がる職人的な仕事を高めて、深めて、職人の頭領、親方として尊敬されようとどんどん技術を深めて行く。
 競争はあるけど、技術的な競争、深める競争であって、お金を儲ける競争や、ステータスを高めたり、広い土地を求める競争ではない。
 極めて文化的な競争、内面的な競争だったと言えます。
 それだから江戸の町人文化は、華開いた。大きな争いは起きない。
 
 人間はある程度、枠を狭められて、そこで考えると深まるんじゃないでしょうか。
 そのころの日本の数学者で、微分積分的な考え方を独自に産み出し、世界のトップクラスの実績を残した関孝和という人も出ました。枠はある中で、考える時間があれば知的なものも発達する。
 そういう中では、今のような生きづらさは、ある意味ないかもしれない。
 職業選択、住むところの自由が無いのは、たとえ不自由でも、無限の中で迷うような生き辛さの不自由、悲しさはないかもしれない。
 今はどこに住んでも、何を職業にしても学歴も自由。全く自由。
 どう生きたら良いかが、決めにくい。
 親自身も、かつては子供として成長して、こんな失敗した、できなかったことがある。だから、自分の子供にはああさせたい、こうさせたい、と子供を教育する。右も左もわからないのが子供ですから、親の言いなりになって右往左往。
 こういう中で、どこに幸せがあって、誰が幸せで、今、自分は幸せなのか。それがつかみにくい。枠がない。

 こういう中で、人間的な気持ちをどう持ったらいいかですよね。
 対外的に、自分は幸せだ、と見栄張りたいけど、内面的に焦りがあって、ちっとも幸せじゃない。そういう人たちが集まって、社会を形成している。不安定なのが今じゃないでしょうか。

 今は経済的には衣食住が満ちたりているけど、その半面、ものすごく精神的な安定に欠けた、苦しさ、悲しさが、内在化していると思います。水面下にはそれがあるけど、なかなかそれが表には見えにくい。
 そういう時代に、多くの人が人知れず、苦しさを味わっているんじゃないか。
 本当に自由になって、どこに住んでも、何しても良いとなった時に、人はどうしたら幸せになれるのか。
 世界の特に先進国の人たちが国を上げて、今、それを探しているのではないかと思います。
 僕はそういう意味で、短絡的でない永続的な人の幸せを先進的に求めて生きているのは、ノルウェーとかフィンランド、スウェーデンといった北欧の国ではないかと感じています。
 日本よりも、一歩も二歩も進んでいるという感じしますね。

 ただ、どの国も探している。途上国では、ひとまず貧しさから抜けて、経済的に豊かになることが幸せの目標になっているけれども。
 アメリカが、アメリカ・ファーストといったり、ロシア、中国が覇権主義で、周辺の国をおびやかしたりと、世界でもまだまだ試行錯誤が続いている。
 平和とか、人間の幸せを深く考えているような先進国でも、ちょっと驚くのは、フィンランドなんか、銃器の保有率が世界第4位なんです。
 平和なのに、ものすごく銃器を持ってる国。それはなぜかというと、自分たちの文化、人生、資産を守るのは、先祖の努力があったから初めて実現していると自覚しているからです。
 過去には、隣国のロシアから攻められた歴史があり、今も気を許せばいつ侵入してくるかわからないという危機感を持ち続けている。
 言ってみたら、優しい心のアンパンマンと、戦う心のバイキンマンを常に心に持ってバランスをとっている。
 だから、ロシア兵が攻めてきたら、すぐにでも戦って銃器をぶっ放す。常にそういうあり方をしている。もちろん徴兵制もあります。日本は徴兵制はありません。
 日本で徴兵制をとろうと言ったら、おそらく多くの人が反対する。

 人にとって何が必要か。何を考えればいいのか。
 人の気持ちは、いつ、どういう時に、どう使えばいいのか。
 考えるという行為そのものは抽象的なのだけれど、実際にはそういうことは、実はあまり抽象的なものではない、というふうに感じます。
 人が気持ちを持つことができるのは、生活が成り立って、初めてできることです。
 そこを忘れてはいけないように思う。
 人は、どういう時に、誰と戦うのか、平和をどこに向かって求めるのか。
 そして、自分が生きる、ということに、何を求めるのか。
 自分の歓びを何に求めるのか、悲しみとか、苦しみを、自分はどう位置づけるのか。
 メリハリをつけて考えるべき。日本全体としては、考える枠組みが、とても曖昧だと思う。
 何か考えようとしても、枠組みが見えにくい。
 考える枠組みがない時代で、上手に考えたり、気持ちを作ったりすることはとても難しい。
 非常にものを考えにくい時代だと思います。
 そういう中では悩みをもったとき、立ち直ろうとしても、考える手掛かりが少ないから、すごく立ち直りにくいんじゃないか、そんな気がします。

 

(2018年6月12日掲載)









第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」
第134回「上品に、笑顔で、美しく」
第135回「続『上品に、笑顔で、美しく』」
第136回「嘘をつけない」
第137回「お父さんが怖い 前編」
第138回「お父さんが怖い 後編」
第139回「見事やで」
第140回「頼まれごとが不安・時間に遅れる①」
第141回「頼まれごとが不安・時間に遅れる②」
第142回「頼まれごとが不安・時間に遅れる③」
第143回「大きな声を出すこと」
第144回「時間の使い方」
第145回「お腹がすく」
第146回「本を読む時、第三者の視点になってしまう」
第147回「罰ゲームの答えとユーモア」
第148回「アイデアが出ないこと」
第149回「気持ちと身体の助走」
第150回「花や動物を可愛いと思えない」
第151回「美味しいセロリ」
第152回「尊敬している人といると、あがってしまう」
第153回「考え事がやめられない」
第154回「認めてもらいたい気持ち」
第155回「寝汗をかかなくなった」
第156回「時間の不安について」
第157回「楽器を練習したい、本を読みたい」
第158回「疲れを認めたくない」
第159回「アトピーと蕁麻疹」
第160回「はっきりした人になりたい」
第161回「会話と、興味の深さについて」
第162回「思春期の不安定」
第163回「潔癖症について」
第164回「自尊心」
第165回「自分の身体のサイズ感をとらえるのが苦手」
第166回「兄弟を心配する気持ち」
第167回「自分の声への違和感」
第168回「野菜の調子が悪いと、自己否定してしまう」
第169回「好きな気持ちと、誤解をされることへの不安について」
第170回「トイレが近いことについて」
第171回「競争意識について①」
第172回「競争意識について②」
第173回「コンディションによって態度が変わる人、変わらない人」
第174回「恐がりなことについて」
第175回「テンション」
第176回「目を見ること、見られること」
第177回「よいお母さんになる10か条」
第178回「音楽と我欲①」
第179回「音楽と我欲②」
第180回「時間の使い方と焦りの気持ち」
第181回「自分に疑心暗鬼になって、不安に陥ってしまうのはなぜ」
第182回「有志の募集に手を挙げづらい」
第183回「緻密に」
第184回「いつも怖い」
第185回「体型に対するこだわり」
第186回「気持ちの切り替えが、うまくできない」
第187回「米ぬかぼかし作り」
第188回「評価すること」
第189回「堂々とした人に怯えてしまう ①」
第190回「堂々とした人に怯えてしまう ②」
第191回「耳が良くないこと」
第192回「限界」
第193回「物を簡単に捨てることができてしまう」
第194回「整理整頓、片付けができない」
第195回「次のミーティングは、いつですか?」
第196回「整理が過ぎるのは症状ですか」
第197回「人をもっと理解したいということについて」
第198回「体育の授業が怖くて、さぼっていたことについて」
第199回「完璧が怖い」
第200回「やるべきことに追われてしまいがちな気持ちについて」
第201回「正面から受け取りすぎることについて」
第202回「手持ち無沙汰にさせることが怖い」
第203回「生き物が好きで触りたくなる気持ちについて」
第204回「魚の食べ方について」
第205回「ステージで間違いがあったときは」
第206回「作業で焦ってしまう」
第207回「調理されて食べられる魚はかわいそう?」
第208回「頑張ろうとすることに疲れた」
第209回「自己愛性パーソナリティ」
第210回「期待について その①」
第211回「期待について その②」
第212回「アウトプットで生きる」
第213回「キャパシティを大きくしたい」
第214回「コミュニケーション」
第215回「秋が寂しい」
第216回「我欲と、自分を大切にすることの違い」
第217回「声を前に出して歌うには」
第218回「できる気がしない、と感じてしまう」
第219回「苦手なことをしている時間を苦痛に感じてしまう」
第220回「握力について」
第221回「喜び合うための全力」

第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます!
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.