第87回「統合力を高めるには」

【質問】

 私は統合力が低くてそれを自覚しているのですが、統合力を高くするには何を訓練し、日々何を意識して生活していけばいいでしょうか。
 
 
 
お父さん:
 そうですね。摂食障害の人には、統合力が弱い人が多いですよね。
 ここでいう統合力というのは、頭の働きのことで、頭で考えるという働きは、記憶する、認識する、考えるという3つの機能に大きく分けられます。
 この3つの機能をうまく連携させれ、それを統合して判断する力が統合力です。
 それがうまくいかないと、記憶するのはできても、適切なときにその記憶を引き出せないとか、認識はできるけれども、過去の記憶と照合してその認識をもとに考えるといったことができない、などの不都合が出てきます。
 
 統合力の高い人は、いま見たことを認識力でしっかりと分析し、過去の記憶を引っ張り出してその記憶と現在の認識の擦り合わせを行ない、それを元に自分の行動を判断するとか、自分の考えをまとめる、という一連の脳の働きがスムーズに運びます。
 そういうことができにくいのが統合力の低い人です。
 一概に、頭が悪いということはありません。記憶力はしっかりありますから、学校のテストなどでは抜群の成績を収めることも多くあります。
 ただ、日常生活の場や仕事の場で、応用が求められたり、状況が刻々と変化する環境で変化への対応を次々に求められるといった場合には、とても困ったことになってしまいます。
 そうでなくても、行動がワンパターンになってしまったり、ジョークが通じなかったり、視野が狭くなってしまうなど、困ることがあるので、統合力を高められるのであれば、できるだけ高めたほうが、何かと都合がいいです。
 
 ところで、実は統合力は何もしなくても、年々上がっていくものなのです。
 およそ32歳くらいになるとかなり社会性がでてきて、統合力がないために何の仕事もできないということはなくなります
 意外に統合力が弱い人は多いです。東大生の7割は統合力が弱いとも言われています
「僕ね、雑談が苦手なんですよ」これね、「私は統合力が弱いです」って告白してるようなものなんです。
 実際に「私は雑談1つするのが苦手でしてね」という人には何人も会ってきました。年配の人もいれば若い人もいます。そう聞くと、あ、この人は統合力が弱いのかな、と思います。
 みんなに質問します。雑談するのが苦手だ、と自分のお父さんが言っていた人は手を上げてください。あるいは聞いてはいないけど、自分の父親は人と雑談するのが苦手そうだなという人……。いっぱいいますね。
 そうなんです、雑談が苦手、これ統合力が弱い人なんです。でもお父さんくらいになると、そういう人でも、社会人としては立派に成立しています。おそらく、本人の中には年がいってからでも雑談は苦手だなという意識はあると思います。

 

 ……あの、僕は、物書きをやっていたときには、今思い返すと、統合力を高める訓練を毎日やってたようなものだと思うんですね。
 どういうことかというと、取材の場が統合力を鍛える場なのです。

 

 取材の日と原稿書く日は分けていましたから、取材のある日は1日3人くらいに会います。午前中1人、午後1時半に1人取材。3人目が4時から取材となる。
 で、取材するときというのは、同時に、3つのことをするんです。
 1つ。相手の話を聞く。聞いて理解する。それで、その聞いたことをメモに取る。
 ところが、聞くスピードとメモするスピードではどっちが速いです? 相手が喋るほうが速いんですよ。だからメモが遅くなる。一時的に、暗記して、記憶をしていなきゃならないんです。その記憶を追いながら、必死でメモを続ける。ところがそうしながらも、リアルタイムで相手の話しをきいて、相づちを打っているわけです。
 更にその話をふまえた上で、次の質問を考えています。相手の話が終わった途端に次の質問をしなければならない。場合によっては、質問しながらも、前の話しの書ききれてないメモを書いてるわけです。これは、統合力をつけるのにすごく効果があったのではないかなと思いますね。だいたい、1人に取材しただけで、確実に1キロは痩せます。

 

 1時間インタビューして、それを原稿に起こすとします。相手が何を言ったのか。自分の質問と相手が言ったことを原稿に起こす。400字詰め原稿用紙換算で、1時間の取材で40枚から50枚は取材原稿を書きます。総合月刊誌の取材だったら、1つのテーマで最低でも10人くらいは取材しますから、400字詰めの原稿用紙にして500枚くらいは取材原稿を書きます。これを毎月、毎月、休みなくやるんですね。
 その他にも、週刊誌の仕事で毎週、取材して書いてる記事があるわけです。
 で、こういう仕事を、大小はありますが常時8本くらい抱えてるんですよね。
 だから、自分が書いた原稿を並べていったら、地球を一周してるんじゃないでしょうか。それは大げさかもしれない。ともかく、連日、もう山のように原稿を書きました。
 いまでもそうですが、僕のワープロを打つ速さと、みんなの中で1番速く打つ人とでは、きっと僕は負けてないですよ。一番速い人よりも速くパソコンを打てると思います。
 あの、そういうことをしながら、すごく統合力を鍛えたんじゃないかなと思うんですよね。
 
 まあ、それはみんなにやってくださいということができないので、みんながやれる方法ではどんなことがあるか、考えてみましょう。
 まずは、走ること。これは統合力を鍛えるのに、いいと思います。一歩一歩を出すときに道路のコンディションを見て、風が吹いたりしたら倒れないように身体をキープしつつ、車を避けながら走る。……走るということはね、色んなスポーツのベースにありますよね。
 それから、そうそう、逆立ちです。逆立ちは統合力を高めるのにすごく役立ちます。
 ジャンプもそうです。
 特に統合力の弱い人は、両足ジャンプが苦手です。両足ジャンプ。つまり、このくらいの(手で示しながら)低いバーでも、両足を揃えて飛ぶのが苦手です。
 そういう、両足ジャンプをやるといい。縄跳びで、いいです。
 体育館で縄跳びをやる、逆立ちをする。これはいいでしょうね。
 逆立ちは朝と晩に必ずする。これは壁倒立でいいんです。壁倒立で、朝と晩、まあ、朝5分、夕方5分ずつやると、それだけでもかなり統合力が高まります。

 

 それからソフトバレーですね。
 ソフトバレーが上手になる。これは、先読みするんですよね。それで、どうボールに反応するか、考える。しかも相手のコートの状況を把握しておいて、自分の記憶をもとに、相手のどこにどんなボールを落とすとポイントが取れそうかと考えるスポーツです。
 つまり、自分のコートの上に上がったボールを見上げながら、いざ攻撃のボールを打とうとしているその瞬間に、あの人はおそらくさっきの場所よりも前に出て、いまこのあたりでジャンプしてブロックしようとしているはず、と予測して、打つと見せかけてその後ろにフェイントのボールを落とす、というようなことを常にやっているわけです。
 
 そういうことを常時予測しながら、状況に対応して、相手の裏をかくボールを出している。 
 つまり頭の中が、自分のボールを打つということと、相手の動きと、仲間の動き、仲間にこうやってもらって自分はこうする、同時に複数のことを頭のなかでイメージして、それもスピーディーにやらないといけないので、ものすごく早く統合して、今得られる情報と認識を統合して答えを出し、それに対して自分が反応しなきゃならないということで、大変忙しい。
 統合力のない人には大変なスポーツがソフトバレーなんですよね。それをやってうまくなる、それが統合力を高める良い訓練になるんじゃないでしょうか。
 
 そういうふうに統合力を高めるための訓練というのはたくさんあるかなというふうに思います。他にもあるかもしれませんけど、今パッと思いついたのでいうとそんな感じがします。
 摂食障害から回復するのにも、逆立ちは有効だ、と僕は思っています。
 よく器械体操の選手は、基本トレーニングとして逆立ちをします。なんでかというと三半規管を鍛えることができるからです。平衡感覚を養うのに役立ちます。統合力の弱い人は三半規管が弱く、平衡感覚も鍛えられていません。三半規管を鍛えると統合力は高まります。
 
 
(2018年6月5日掲載)








第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」

第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます!
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.