【質問】

『高いプライドをつくるには』

「プライドが高いと、その高いプライドに適った行動をとる」というお話しを聞かせてもらって、私はおそらく、自分のプライドは低いと思いました。
 ミーティングでも、誇り、プライドを持つことの大切さを何度も教えてもらっているのですが、以下のことを意識して生活したら、正しく、高いプライドを持つことができるようになりますか? 高いプライドを作っていくことができますか? 

 自分なりの答え
 私は、自分の誇りを考えたとき、『なのはなの子』以外のプライドがないです。
 なのはなの子としてのプライドを高めるためには、お父さんとお母さんの話や、なのはなクレド*を意識して生活して、『なのはなの子』として恥ずかしくない行動、言動をとり続けて、実績を作っていくことで、高いプライドを作ることができる、と、考えました。具体的には、なのはなクレドを見える所に貼り、意識して生活する。

 

 

【今日はお父さんと村田先生です】

お父さん:
 なのはなクレドってありますけど、それをプライドに生きていく……、なるほどね、どうでしょうね……。
 なんかこう、それだけではなくて、個人的なプライドというのが欲しいような気もしますよね。
 なのはなの子、っていうのももちろんプライドにしていいですけど、その他に自分ならではのプライドが欲しいような気がするんです。
 どうなんでしょうね。
 村田先生はプライドはどうですか、どのくらい高いですか。
 

あゆ:
 すごい質問……。
 

お父さん:
 そうね、どういうところに高く持っていますかね。
 

村田先生:
 そうですね、これ仕事だと凄く難しい面があると思うんです。僕たちの仕事(税理士)は特にだと思うんですけど、あの言語化が難しいんですけど、要はただでやってしまうことと、お金をいただくことという、そこの違いがあるような気がしています。
 

お父さん:
 なるほど。
 

村田先生:
 誤解を恐れずに言うと、プライドがない人は何でも結構ただでやってしまうような気がしているんですね。いい商品、サービスを提供したら、いい仕事をした結果儲かるということが僕は大事だと思うんですけど、いい仕事をした結果お金をいただくというのは正しいと思うんですけど、なんでもただでやってしまって、結果、ただのいい人みたいになっちゃうような。そういうの、プライドっていうんですかね。仕事上はお金をいただく、いただかないというところでプライドがある、ない、はけっこう難しい気がしますね。
 

お父さん:
 仕事だったら、お金をもらわないと成立しないですよね。
 

村田先生:
 成立しないんですけど、ほんとにただでやってしまう人がいるんですよね……。
 この場合のプライドの定義というのはどういうものなんですか。
 

お父さん:
 誇り、自尊心ですよね。
 自分を尊く思う気持ち。まあその字の通りだとするとね。
 プライドは、自尊心ですけど、お釈迦様が、生まれたあとすっくと立って、片手で上を指差して、もう一方の片手で下を指差して、「天上天下唯我独尊」と言ったというんです。天の上にも天の下にも、ただ自分こそが、1人尊いものであるという意味です。
 そういうことを言った、っていうんですよね。
 これが正しいプライドの持ち方だと思うんですよ。天の上にも天の下にも私は唯1人の尊い存在である。
 こういう、ちょっと考えると、驕りとか……何と言ったら良いんでしょう、少し、高みに上がりすぎているくらいの、そういうプライドが、凄く正しいような気がするんですよ。
 思い切り高くしちゃうってことです。
 誰でも、みんながそれぞれ、唯我独尊と思っていていいんです。

 僕のプライドっていうのはね、そういうお釈迦様の話を知らない頃のことでしたけど、僕は子供の時から段階的に3回くらい、母親に同じ話を聞かされているんです。ちなみに僕は上に姉がいて、下に弟がいる。
 母はこう言ったんです。
「お前は特別な子だ。お前を産むときに、『この子供は大きくなったら世の中の役に立つ立派な人間になる』って思いながら産んだ。姉のときは産むことに一生懸命で、何も考えないうちに産んでしまった。弟のときには3人目で、なんとなく惰性で産んでしまった。お前だけは違う。特別にそういう願いを込めて産んだんだ。だから、お前はきっと、立派な人間になる」
 お前は大きくなってから、世の中の役に立つ人間になる、と母親から言われたんです。
 言われてしまうとおかしなもので、そうならなければいけない、っていう気持ちになるんですね。期待を裏切るわけにはいかない。だから自分は必ず役に立つ人間になるんだという、思いが強かったですね。
 

村田先生:
 なるほど。
 

お父さん:
 ところが、そういう思いが行き過ぎていましたから、ほんとに僕は子供のとき可愛げのない、食えない子供でしたね。
 小学校のとき、1年2年が同じクラスで、3年4年で同じクラス。5年生になったらまたクラス替えがあるんです。担任の先生が変わる。
 5年生になったときの作文です。先生は子供たちと初めて顔を合わせて、どんな子供たちか知りたいので、5年生になった抱負を書いて先生に出してください、という作文があった。
 その作文で僕は、
「私は県内の私立中学を受験してそれに合格し、東京大学医学部に入って医者になり、シュバイツァー博士のような世界的名医になり、ノーベル賞を受けるつもりでおります。ですから、先生もそこを踏まえてしっかり指導してくれないと困ります。くれぐれもそれも心得違いの無いようにお願いいたします」
 と書いた。
 

村田先生:
 真剣に。
 

お父さん:
 そう、本気で書いていました。それで先生、しっかりしないといけませんよって。
 今考えるとどの面下げて書いたのか。まったく可愛げがない。
 

村田先生:
 すごいですね。
 

お父さん:
 まさに天上天下唯我独尊が、行き過ぎていますよね。担任の40代の先生に向かってですよ。
 ひどい子供でしたね。
 

村田先生:
 ははは。
 

お父さん:
 それだけじゃない。母親が亡くなったあと、遺品整理をしたときに、僕が小学校1年生のときの文集が出てきた。母親がその文集だけ大事にとってたんですね。
 その文集がまたすごいんですよ。
『ぐしもち』というね――家を新しく建てたときに餅投げ、餅拾いをやるでしょ。その『ぐしもち』っていうタイトルなんですけど、ぐしもち拾いにいきましたという内容はほとんど出てこない。「朝起きたら寒い」という文句を書いてるんですね。
 朝起きたら寒かったです。寒くてなかなか起き上がれないので。ん―! って言いながらやっと起きましたと。そしたら枕元に僕の着る服が用意されていなかったので、お母さんを、怒ってやりましたって書いてある。
 何ていう子供だと思いますよね!
 ええって思いました。それを読んで。書いた覚えがあるんですけど。
 これね、プライドなんですかね、なんですか。何様だと思ってるんだっていうね。
 なんでこれほど大事な子供を大事にしないんだ、と怒ってる。寒い朝、せっかく我慢して勢いつけて唸りながら起きてやったのに、服を用意してないから寒い思いをした。
「怒ってやりました」。
 

村田先生:
 はあ! ……他の子達の作文は?
 

お父さん:
 いや、他はあまり読んでないですけど、そんな子供はないでしょうね。
 でも「母親を怒ってやりました」ってね、いま見ると、この思い上がりかたは何なんだろうと思いましたね。先生はそれを直させもしなかったんですね。
 なんかね……ちょっと恥ずかしいです。
 でも、僕のプライドの持ち方の片鱗が、この作文からも伺えるでしょ?
 

村田先生:
 はい。
 

お父さん:
 「なのはなの子」って言うと弱い感じがする。たくさんの人の中の1人、みたいなね。
 唯我独尊的なプライドが欲しいですよね。
 

村田先生:
 こないだも相談されたんですけど。全然、深い話じゃないんですけど、僕のお客さんの社長さんの息子がいて、10月生まれらしい。
 まだ幼稚園なんですけど、10月に誕生日を迎えたときに、誕生日にはお誕生日プレゼントをもらえるということをインプットしたわけですね。
 で、1月になったある日突然、どうしても欲しいものが出来たらしい。
「今日から1月生まれになる」、って言って、「1月生まれになったからお誕生日プレゼント買って」って言うそうなんですよ。
 その幼稚園では毎月、お誕生日の子は合唱をする。しれっと1月生まれの人の中に入って合唱して、既成事実を作ろうとした。それで「先生も認めてくれたよ、1月生まれって」って。
 

お父さん:
 素晴らしい子供ですね。
 

村田先生:
 既成事実を作って、もう1月生まれになったから、買って、っていう交渉をしようとしている。
「どうしたらいいですか」と。
 

お父さん:
 10月を過ぎてしまったからね。
 

村田先生:
 10月にももらって。1月になって、欲しいものができた。
「そういうことできないんだよ」って言っても、「いや、1月生まれだから」と。
 親に言っても否定されるから、既成事実を作ってしまえと、しれっと合唱の中に入ってしまおうと。先生が認めてくれたからって。
 

お父さん:
 それは認めちゃって良いんじゃないかな。
 僕だったら認めちゃいますね。よし、1月生まれになれ、と。
 

村田先生:
 唯我独尊的なところを、その子にも感じるなということなんですけど。
 

お父さん:
 そう、それいい、と思うんですね。
 ただね、大きなマイナスもある。
 その高いプライドを持ってるでしょ。自分はそうやって、大人までも下に見て、唯我独尊で生きてきて、それが東大に入れないんじゃないかとわかったときのつまずきの大きさがきついのです。東大医学部に入れない、ということが薄々わかると、今までの自分は何だったんだと、過去に遡って自分を全否定しなければならなくなってくる。
 あれだけ唯我独尊的に振る舞ってきて、それができない以上、自分はなんの価値も無い、みたいなことになっちゃうんですよね。
 そうするとこう……立ち直れないくらいの大きな痛みを抱えちゃう。
 というね、そういうことはありますよ。

 だけどほら、そのときでもまだ生きてるのは、それでも何か、大きくなったら、世の中の役に立つ立派な人間になる。これはなかなか消えないですよね。立派な、人様の役に立つ人間というのは、別に学歴じゃないし、職業を決めているわけでもないので。
 それで救われてる部分というのはありますよね。
 だから、その抽象的なことで、唯我独尊のプライドを持つ、というのが良いんじゃないですかね。
 で、プライドを持つというときには、持つと言っても、手放せるような持ち方ではなくて、思い込む、みたいなね。それを信じ切るというか。完全に思い込んでそれになりきるくらいの強さというのは必要なんだろうなという気がするんですよ。
 だから……高いプライドを、作っていくというよりも、即座に今作って思い込んでしまうのがいい。私はこう決めた、みたいなね。その男の子みたいにね、1月生まれになる! っていう、そういうようにね。
 私はこうなる、っていう、自分ならではのプライドというものを持ってしまうというのが、大事なんじゃないかな。
 

 だから言ってみたら、高いプライドというのは、キュウリの苗と一緒だと思うんですよ。
 私はこうなるって決めて、プライドの苗を植えるわけですよ。「こうなる」っていうプライドに毎日水をやり、たまに肥料をやり、伸びてきたら誘引する。育てていく。やがてプライドも立派に押しも押されもしない姿になり、葉を茂らせ、育っていく。要するにプライドはキュウリの苗だと思ってくださいよ。
 さっき言ったのはヒントですよ。学歴とか職業だとかじゃなくて、ちょっとやそっとのことで失敗してもくじけないような、やや抽象的なもので、長続きするものでそれで唯我独尊敵な内容のもの。
 僕の場合には、「大きくなったら、世の中でものすごく役に立つ立派な人間になる」っていうね。抽象的でしょ。何をやって役に立つか、詳しくはわかっていない。子供の頃はね。

 でもどんな仕事をしながらでも、どこかでほんとに役に立たなければと思い続けていた。
 物書きの仕事をしているときでも、自分は世の中に、雑誌によっては何十万人あるいは100万人以上も読むような雑誌なり単行本があるわけで、そういう場所で文章で世の中にいい影響を与える立派な人間になったんだと、そういう思いもちょっとありました。
 でも、これで世の中の役に立ったからジャンジャン、おしまい、じゃなくて、もっと役に立つんだと思い続けていた。
 書くにしても本当に役に立つことを書かなければいけない。人を助けるような記事を書かなければいけない。お金になるから埋め草記事を書けばいい、ではいけない。
 その思い込みが、プライドの高さが、より良い仕事をしよう、もっと高みへという気持ちでずっと駆り立て続けるわけですよね。
 

 そうこうするうちに、もっと役に立つ、もっと役に立つ、というので積み上げてきて、まあ、なのはなファミリーまで来ているわけですけど、この先、僕が盛男さんくらいの歳になったとき、みんな見ててくださいよ、僕が何をやってるか。世の中のもっと役に立つことをしてると思いますよ。あと30年もあるんですからね。僕にはあと30年以上残されていますんで、見ててくださいよ。みんなとの競争ですよ。みんなと僕と、どっちが世の中で役に立つ人間になるか。まあ、できるものなら僕を追い越してみてください、僕はまだまだ先まで走っていきますよっていうね、そういう感じのプライドの持ち方ですよ。ね、みなさん頑張って僕を追い越してください。
 そういうことで自分で考えてオリジナルのプライドにしてください。
 
 

【コラム 「なのはなクレド」】

1 なのはなの子どもは、
  判断に迷ったときには、相手の利益を優先して考えること。

3 なのはなの子どもは、
  常に、誠実に、正直に、あること。

3 なのはなの子どもは、
  自分の誇りにかけて、損得を考えずに行動すること。

4 なのはなの子どもは、
  次世代の精神的な社会基盤を作っていく1人であること。

5 なのはなの子どもは、
  実質的な意味で、常に公平であること。

6 なのはなの子どもは、
  常にプラン(企画)を立てて行動すること。

7 なのはなの子どもは、
  時間と場所が違えば、答えが変わることを知ること。

8 なのはなの子どもは、
  品格高く、行動すること。

9 なのはなの子どもは、
  合理性よりも、人情や義理を優先すること。

10なのはなの子どもは、
  常に仲間を守ること。

 

(2018年5月15日掲載)









第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」
第134回「上品に、笑顔で、美しく」
第135回「続『上品に、笑顔で、美しく』」
第136回「嘘をつけない」
第137回「お父さんが怖い 前編」
第138回「お父さんが怖い 後編」
第139回「見事やで」
第140回「頼まれごとが不安・時間に遅れる①」
第141回「頼まれごとが不安・時間に遅れる②」
第142回「頼まれごとが不安・時間に遅れる③」
第143回「大きな声を出すこと」
第144回「時間の使い方」
第145回「お腹がすく」
第146回「本を読む時、第三者の視点になってしまう」
第147回「罰ゲームの答えとユーモア」
第148回「アイデアが出ないこと」
第149回「気持ちと身体の助走」
第150回「花や動物を可愛いと思えない」
第151回「美味しいセロリ」
第152回「尊敬している人といると、あがってしまう」
第153回「考え事がやめられない」
第154回「認めてもらいたい気持ち」
第155回「寝汗をかかなくなった」
第156回「時間の不安について」
第157回「楽器を練習したい、本を読みたい」
第158回「疲れを認めたくない」
第159回「アトピーと蕁麻疹」
第160回「はっきりした人になりたい」
第161回「会話と、興味の深さについて」
第162回「思春期の不安定」
第163回「潔癖症について」
第164回「自尊心」
第165回「自分の身体のサイズ感をとらえるのが苦手」
第166回「兄弟を心配する気持ち」
第167回「自分の声への違和感」
第168回「野菜の調子が悪いと、自己否定してしまう」
第169回「好きな気持ちと、誤解をされることへの不安について」
第170回「トイレが近いことについて」
第171回「競争意識について①」
第172回「競争意識について②」
第173回「コンディションによって態度が変わる人、変わらない人」
第174回「恐がりなことについて」
第175回「テンション」
第176回「目を見ること、見られること」
第177回「よいお母さんになる10か条」
第178回「音楽と我欲①」
第179回「音楽と我欲②」
第180回「時間の使い方と焦りの気持ち」
第181回「自分に疑心暗鬼になって、不安に陥ってしまうのはなぜ」
第182回「有志の募集に手を挙げづらい」
第183回「緻密に」
第184回「いつも怖い」
第185回「体型に対するこだわり」
第186回「気持ちの切り替えが、うまくできない」
第187回「米ぬかぼかし作り」
第188回「評価すること」
第189回「堂々とした人に怯えてしまう ①」
第190回「堂々とした人に怯えてしまう ②」
第191回「耳が良くないこと」
第192回「限界」
第193回「物を簡単に捨てることができてしまう」
第194回「整理整頓、片付けができない」
第195回「次のミーティングは、いつですか?」
第196回「整理が過ぎるのは症状ですか」
第197回「人をもっと理解したいということについて」
第198回「体育の授業が怖くて、さぼっていたことについて」
第199回「完璧が怖い」
第200回「やるべきことに追われてしまいがちな気持ちについて」
第201回「正面から受け取りすぎることについて」
第202回「手持ち無沙汰にさせることが怖い」
第203回「生き物が好きで触りたくなる気持ちについて」
第204回「魚の食べ方について」
第205回「ステージで間違いがあったときは」
第206回「作業で焦ってしまう」
第207回「調理されて食べられる魚はかわいそう?」
第208回「頑張ろうとすることに疲れた」
第209回「自己愛性パーソナリティ」
第210回「期待について その①」
第211回「期待について その②」
第212回「アウトプットで生きる」
第213回「キャパシティを大きくしたい」
第214回「コミュニケーション」
第215回「秋が寂しい」
第216回「我欲と、自分を大切にすることの違い」
第217回「声を前に出して歌うには」
第218回「できる気がしない、と感じてしまう」
第219回「苦手なことをしている時間を苦痛に感じてしまう」
第220回「握力について」
第221回「喜び合うための全力」

第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます!
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.