【質問】
 真面目さとは何のために持つものですか?

 〈自分なりの答え〉
 人に貢献するため、役に立つため。人のために持つもの。
 真面目さ、一生懸命さは人にプラスの印象や刺激を与える。

 

 


 真面目さとは何のために持つものですか。
 うんとね、これ反対のことを考えてみてください。
 不真面目な人。ものすごく不真面目な人とものすごく真面目な人がいるとしますね。例えばものすごく不真面目な人とトイレ掃除を一緒にする。
 ストレスなくトイレ掃除できると思いますか? できないね。腹立ちますよね。
 ものすごく真面目な人とトイレ掃除を一緒にする。気持ち良くできるんじゃないですか?
 じゃあ畑に2人で鍬を持って出ます。ものすごく不真面目な人とジャガイモの土寄せを2人でやるとする。次に、真面目な人とジャガイモの土寄せを2人でやるとする。どっちが楽しいですかって話ですよ。

 で、今度は相手じゃなくて自分が真面目なとき、相手がどう思うかです。自分が不真面目なとき、相手がどう思うかです。
 そんな人と友達になりたくないですね、不真面目な人とね。
 どうなんだろうかな、お母さんね。
 僕ね、お母さんの話で、忘れられない話ありますよ。

 


 なになになに、なに。

 


 お母さんが高校生のときの話です。
 野球部の男の人だったと思うんですけどね。ある素敵なスポーツマンの男性から、付き合ってほしいと言われたんですね。お母さんは、どうしようかな、と思ったんですね。今日、学校から一緒に帰ってほしいと言われて。お母さんですから、断るはずがないです。

 


 そんなことないよ。

 


 まずは2人で一緒に帰ってみよう。
 そしたら学校を出る前に、急に雨が降ってきちゃった。
 お母さんは、傘を持っていない。その人も傘を持っていない。どうしようって学校の玄関先でちょっと立ちすくんだ。その人はすかさず、傘立てに近寄っていって、傘立てにあった誰かの傘を取って、これでいいやって、相合い傘で帰ろうと言った。そのときお母さんは、その人と付き合わないことに決めました。どうしてか。不真面目だから。いくら傘立てに置きっぱなしになってるとは言え、人の傘を平気で盗るという行為が納得できない。それで「あ、この人は嫌い、嫌です」っていう結末を迎えたんです。

 


 よく覚えてるね。

 


 お母さんは、不真面目な人は大嫌いなんです。
 僕もほとんど同じ経験があるんです。
 まだ若かったときに、大手出版社の編集者と国会議員会館へ取材に行ったんです。国会議員への取材でした。
 その帰りだったと思うんですけど、雨が降ってて、議員会館の前の傘立てに傘がいっぱい並んでいる。
 そしたらその編集者が、「あ、これ借りていこう」といって盗ろうとしたんです。借りて行くったってそれ人の傘でしょ、あんた返しに来んの? 有り得ないですよ。そんな人のものを盗るなんてね。
 もう、僕はね、元々その人ちょっと怪しいなと思ってましたけど、一瞬でその人の人格を疑いましたね。その人のことは信用しない、と思いました。

 


 よくあるよね。お母さんもそれが一番初めなんだけど、なんか、社会人になってからでも、ああ、ビニール傘だから、いいよいいよって言って、人の傘を差していく人。じゃあそのビニール傘の持ち主、今雨降ってるのに、困るじゃんって思うし、それだけじゃなくて、ええって思うことがやっぱり今、簡単にまかり通るよね。

 


 もうね、立派な窃盗ですよ。
 今その、急に思い出して怒りがムラムラとこみ上げてきましたけど、高田馬場のラーメン屋であったことですが……。おいしいラーメン屋で有名な店でした。もう何十年も前の話だけど、雨が降ってたんですよ。出入り口に傘立てがあって、その傘立てはパチンって止める鍵のついてない壷のような傘立てだったんですよ。カウンター席しかないんですよね、狭くて。それでその傘立てに、傘を入れて、席についたんですよ。近いから大丈夫だろうと思って。それに、カウンターだけなので、だいたい人が見えてるわけですから。
 それでラーメン頼んでラーメン食べてたんですね。隣の男が食べ終わってお金払ったかと思うと、なんか、バサ! っていう感じで飛び出していったんだね。もしかしてと思って自分の挿した傘をみたら、無いんですよ、僕の傘が。
 もう、窃盗でしょ? それは明らかに。
 もう、一気にそのラーメンが美味しくなくなりました。
 僕はその後、もちろん濡れて歩きましたけどね。ひとの傘を盗るくらいなら濡れたほうがよっぽどまし。それは犯罪ですからね。

 ここで質問者が言うのはそんなことじゃなくて、もうちょっと真面目に作業するかどうかとか、真面目に何かここでするかどうか、そういう話しだと思うんですけどね。

 


 あのね、混乱しちゃうけど、その、お父さんにその傘のことを言ったときもう1つ、聞いたことっていうか、話したことがね。
 真面目と、ちょっと違うかもしれないけど。約束を守るとか、規則を守るとかっていう関連の話なんだけどね。
 お母さん、東京へ出たとき、結構苦しいときだったんだけど、そのときにね、……あるビジネス街で、車が1台くらい通る路地から大きな通りへ出るところに横断歩道と信号がついていたんです。
 お母さんが渡ろうとしたら、歩行者は赤信号でした。
 ビジネス街なので、日頃は凄く人通りが多いんだけど、その日は日曜で、車も人もほとんどいない。何も来ないので、ササッと赤信号を渡って行こうと思ったら、反対側にじいっと赤信号で、待ってる人がいた。
 そしたらそのおばさんが、じっとこちらを睨んでいる。ずっと睨んで、もう追いかけてきてお母さんに文句言わんばかり……。結局、追いかけられなかったんだけど。
 “なんであなた赤信号で渡るんですか!” みたいな感じの文句をいいそうな……。

 


 それで、ぐさっと来たわけね。

 


 そう。それでお父さんに聞いたことがあるの、話ししたの覚えてる?

 


 覚えてる。

 


 それって止まらないといけないものか、ってお母さんはすごく思って。この睨んだおばさんが、おばさんじゃなくて小学校1年生とか幼稚園とか、学童だったらお母さんは止まってると思うの。だけどもう50、60歳のおばさんでしょ? 車も来てるわけじゃないんだよ、通ってないし、ほかには人っ子ひとりいない赤信号で止まらないといけないというのが、ものすごい違和感を感じて。それで、お父さんに聞いたのね。

 


 そのおばさんをベトナムに連れてったら気が狂ってしまうね。物凄い混み合ってる交差点の真中でUターンする車が普通にいますからね。
 ほんとにね。
 あの、バイクの群れが鰯の群れに見えてきますからね。それでガイドの人なんかは「すっごく危険ですよ」とか「絶対に1人で街中を歩いちゃいけませんよ」と言うんですよ。
 だけど、よく観察してそこを無理に何度も横断して歩いてみたんだけど、雑然としたオートバイの群れにも微妙に不文律があるというのがわかるね。

 物凄い交通量の交互通行で、信号もへったくれもあったものじゃなくて、みんなガッコガッコ行きたいほうへ行くんですけど、ルールがあるんですね。“止まらない”っていうルール。止まらないんです。かと言ってスピード出さない。ゆっくりのスピードだからすれ違えるんです、避けながらでもね。そのルールを理解してると赤信号だろうがなんだろうが向こうから人が来ようがゆっくり走ってお互いによけて通る事ができる。
 僕はタクシーの助手席に乗ってたときなんか、とても恐いですよ。対向車線側からは群れでオートバイが直進してくるのに、その群れに突っ込むようにハンドルを切って進んで行く。

 


 正面衝突すると思うもんね。

 


 正面衝突しに行くんですよ。でも、ぶつからない。お互いに止まりもしないで走っていく。
 非常にモラルの高い国だなと、その無茶苦茶な運転を見て思いましたけどね。
 僕は向こうの外交官に、
「よくあんな、事故が起きないものですね」
 と言ったら、
「いや、ものすごく交通事故、多いですよ」
 って。何だ、ぶつかってるのかって思いましたけど……。けっこうぶつかってるんでしょうね。だけど大事故ではないでしょう。交差点ではみんなスピードは出してないですから。
 
 そうそう、さっき、不真面目な人と一緒にトイレ掃除を2人でやったらどうかと。
 もう1つ言うの忘れてましたね。中くらいの人と掃除したらどうか。
 不真面目でもない、真面目でもない、中くらい。
 そういう人と一緒にやったらどうでしょう。自分が真面目にやろうとしたとする。どうなんでしょうね、おそらく中くらいの人でも、自分が真面目にやってたら、不真面目だなと感じることになるんじゃないですか。

 畑で2人で土寄せしてるとき、相手が中くらいだったとする。自分よりも遅い。あれ、この人もっと体力あって、早くやろうと思えばやれるのに私より明らかにやってない。それに気がついても特に急ごうともしてない。不真面目なんじゃないかって疑い出てきませんか。
 それについてどう考えたら良いのか、というのがこの問題の本質でしょうね。
 どう考えますか? みんなはどう考えますかね。

 うんと……じゃあ自分が中位だとして、たまたま一緒になったペアが超真面目だったとする。それで自分は普通のペースでやろうとしてジャガイモの土寄せしてるのに相手はすごいスピードで、ブンブン! って言いながら――言わないか――ジャガイモの土寄せしてる。

 さあみなさんどうします。みんなに聞いてみましょう。
 じゃあ選択肢は3つで。
 1、まあ自分は普通の人なので、そのまま土寄せ続ける。
 2、まあその超真面目なエンジン音立てながらやってる人ほどいかないけど、普通より頑張って無理してでも急いでやる。
 3、その他。
 3択でやりましょう。1番、2番、3番……。結果は2番がほとんどですね。
 3の人が1人。それは何?
 
 
3に手を挙げた人:
 真似をして、自分の出来るペースで。質を真似をしてやります。
 
 
お父さん:
 じゃあ限りなく2番に近いね。
 それから1番の人が1人。それはなんで?
 
 
1番の人:
 いや、できることを、やる。できないことはやらない。
 
 
お父さん:
 なるほど。
 こういう少数意見は、あるんだと思うんですよね。
 あのね、例えば、今みんなは、ほとんどの人が2番に手を挙げました。それかなり正解なんです。正解なんです。
 あの、ご飯だってそうなんです。
 食事のスピード、飲むスピードというのは、だいたい、お互いに合わせ合うものなんです、無言のうちに。それを無視して、いつまでも飲まなかったり早く飲んだりするのは、人の気持ちを汲まない人ということになっちゃうんです。わかります? 

 人というのはよほど何もなければ、だいたいは相手に合わせようとするものだし、そうすべきなんですね。すべきなんです。
 
 で、ところが、例えばさっきの掃除の話じゃないけど、自分がこのくらいのスピードでやっても、やってこないときがある、相手が合わせてこないときがある。
 それは2つに1つなんです。
 よっぽど、人の心配りができない、無能で無頓着な人か。
 もう1つは何か事情があると思うべきですね。事情が。
 
 それで僕なんかはどっちかというと、何かの事情を汲みますね。何かちょっとはっきりは言えないけど何か事情がある人なんですよね。
 だから、自分の真面目さ、自分のスピードに何かしらでついて来ないと言ったら、なにか事情があると思ったほうが良いんじゃないでしょうかと言うね。時と場合によってはですよ。
 そこも含めて考えてくれないかなということなんですよ。
 
 ただね、今の中学校とか高校へ行くと、明らかに意地悪で、明らかに傍若無人で、明らかに態度の横柄な人間がゴロゴロしてるのも確かです。だから明らかに人格的におかしいやつ、不真面目なやつは相手にしない。何か理由があっておかしな人格をやっているにしても、相手にしないほうがいいでしょう。

 だけどその他のことではおかしなことが無いのに、今日なにか自分に合わせてこないっていうのは、不真面目というのじゃなくて、なにか事情があるのかなというふうに考えたほうが良いんじゃないでしょうか、っていうふうに思いますね。
 
 ということでね。これ、真面目さとは何のために持つものですかという、ちょっと抽象的な質問なんで、抽象的にしか答えられませんけど、今言ったようなことを考えて分析したらーー。
 良いですか、普通の人は、真面目さをだいたいお互いに合わせ合うものだ、ということになるでしょうね。
 合わせてこないということは、なにか事情があるか何かなんだというふうに考えてみるのも良いんじゃないでしょうかね。
 というふうにちょっと僕は思いました。
 いいかな、お母さん。
 ちなみにお母さん、僕は真面目だと思いますか、思いませんか?

 


 真面目だと思います。

 


 良かった。一緒に住んでて、そうじゃなかったら困るものね。

 


 (お母さんは)どうですか?

 


 真面目だと思いますよ。
 まあみんなの前で褒め合っててもしょうがない。

 

( 2018年5月11日掲載)









第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」
第134回「上品に、笑顔で、美しく」
第135回「続『上品に、笑顔で、美しく』」
第136回「嘘をつけない」
第137回「お父さんが怖い 前編」
第138回「お父さんが怖い 後編」
第139回「見事やで」
第140回「頼まれごとが不安・時間に遅れる①」
第141回「頼まれごとが不安・時間に遅れる②」
第142回「頼まれごとが不安・時間に遅れる③」
第143回「大きな声を出すこと」
第144回「時間の使い方」
第145回「お腹がすく」
第146回「本を読む時、第三者の視点になってしまう」
第147回「罰ゲームの答えとユーモア」
第148回「アイデアが出ないこと」
第149回「気持ちと身体の助走」
第150回「花や動物を可愛いと思えない」
第151回「美味しいセロリ」
第152回「尊敬している人といると、あがってしまう」
第153回「考え事がやめられない」
第154回「認めてもらいたい気持ち」
第155回「寝汗をかかなくなった」
第156回「時間の不安について」
第157回「楽器を練習したい、本を読みたい」
第158回「疲れを認めたくない」
第159回「アトピーと蕁麻疹」
第160回「はっきりした人になりたい」
第161回「会話と、興味の深さについて」
第162回「思春期の不安定」
第163回「潔癖症について」
第164回「自尊心」
第165回「自分の身体のサイズ感をとらえるのが苦手」
第166回「兄弟を心配する気持ち」
第167回「自分の声への違和感」
第168回「野菜の調子が悪いと、自己否定してしまう」
第169回「好きな気持ちと、誤解をされることへの不安について」
第170回「トイレが近いことについて」
第171回「競争意識について①」
第172回「競争意識について②」
第173回「コンディションによって態度が変わる人、変わらない人」
第174回「恐がりなことについて」
第175回「テンション」
第176回「目を見ること、見られること」
第177回「よいお母さんになる10か条」
第178回「音楽と我欲①」
第179回「音楽と我欲②」
第180回「時間の使い方と焦りの気持ち」
第181回「自分に疑心暗鬼になって、不安に陥ってしまうのはなぜ」
第182回「有志の募集に手を挙げづらい」
第183回「緻密に」
第184回「いつも怖い」
第185回「体型に対するこだわり」
第186回「気持ちの切り替えが、うまくできない」
第187回「米ぬかぼかし作り」
第188回「評価すること」
第189回「堂々とした人に怯えてしまう ①」
第190回「堂々とした人に怯えてしまう ②」
第191回「耳が良くないこと」
第192回「限界」
第193回「物を簡単に捨てることができてしまう」
第194回「整理整頓、片付けができない」
第195回「次のミーティングは、いつですか?」
第196回「整理が過ぎるのは症状ですか」
第197回「人をもっと理解したいということについて」
第198回「体育の授業が怖くて、さぼっていたことについて」
第199回「完璧が怖い」
第200回「やるべきことに追われてしまいがちな気持ちについて」
第201回「正面から受け取りすぎることについて」
第202回「手持ち無沙汰にさせることが怖い」
第203回「生き物が好きで触りたくなる気持ちについて」
第204回「魚の食べ方について」
第205回「ステージで間違いがあったときは」
第206回「作業で焦ってしまう」
第207回「調理されて食べられる魚はかわいそう?」
第208回「頑張ろうとすることに疲れた」
第209回「自己愛性パーソナリティ」
第210回「期待について その①」
第211回「期待について その②」
第212回「アウトプットで生きる」
第213回「キャパシティを大きくしたい」
第214回「コミュニケーション」
第215回「秋が寂しい」
第216回「我欲と、自分を大切にすることの違い」
第217回「声を前に出して歌うには」
第218回「できる気がしない、と感じてしまう」
第219回「苦手なことをしている時間を苦痛に感じてしまう」
第220回「握力について」
第221回「喜び合うための全力」

第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます!
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.