【質問】

 私は、いつも頭が働かず、物事に集中することや、深く考えること、真面目に力を出すことができていません。
 こういう自分でいることに、いつも罪悪感があり、ぬけだしたいです。
 
 日々の当番であったり、作業のこと、演奏に向けての練習、日記、なのはなの生活で自分のやるべきことや、やりたいことがたくさんあるなかで、いつも頭が働かず、考えがまとまらないこと、集中できないことに、自分にイライラしています。
 
 やるべきことが、進まない、集中できない。
 頑張れないことは、心持ちが間違っているからですか?

 

 

 
 奇しくもこの1つ前の質問とちょっとかぶる感じがしますね。
 いつも頭が働かない、というところで、ちょっとかぶるところがあります。
 だけどこっちの質問は、集中できていないんじゃないか、力が出せてないんじゃないか、というところに力点がありますよね。だけどここにやっぱり、「なのはなの生活で、自分のやるべきことや、やりたいことがたくさんある中で」っていうところが同じだよね。

 

 うーん、……そういう中で頭が働かない、ということですよね。
「やるべきことができていない」というストレスもさっきの人と同じように相当あるんですよね。
 さっきの人も「頭が働かない、身体が動かない」って言いましたね。
 
 いいですか、さっきは人間が5できる時間と能力があるとしたら、ということで言いました。
 5できる人に、「5、頑張って」と言ったら、5の分をかちっとやるんです。
 ところがね、その人に「8やって」って言ったとします。そしたら、2か3しかできないんです。あれれ、と思うでしょう。8のうち、5はできるんじゃないの、と。
 5できるんだから「8やって」と言われたら、8のうちの5やればいいじゃない、と思うようだけど、「8やって」と言われたら、2か3しかできない。
 なぜなのか。
 8もやらなきゃいけないというプレッシャーがあると、うわーーっ、無理だ! ダメだ! と自分で自己否定に走っちゃって、もう駄目……みたいな悲観的な気持ちでいっぱいになる。1やるときからそう思ってるんです。
 無理だろ、駄目だろう自分、ってやる気をなくした状態で始めるわけです。
 能率が悪くなって、3くらいで時間になっちゃう。ということなんですよ。

 

 5の能力がある人に「1やって」と言うと、嬉々としてラクラクやります。0.5くらいの時間でやります。
「2やって」と言うとラクラクやるんですよ。
 特に勉強やるときなんか、これを使うと良いんですよ。
 難しい勉強をするときに、すごい大変な量をやろうと思うと、固まっちゃってできないんです。
 簡単なところからやるとできるんですね。

 

 僕が予備校で教わった英語の先生というのは、早稲田の教授だったんですけどね。この人の話がすごい印象的だったんですよね。
 その人は学歴が無くて田舎から出てきて、語学で身を立てたいな、と思ったんです。
 それでですね、アテネフランセに入ったんです。当時はとても有名な外国語の専門学校ですけど、入学試験なんか無かったと思います。
 
 その人は、その専門学校の初級・中級・上級とあるうちの初級に入ったんです。
 多分、英語で身を立てたいと思ったくらいだから上級くらいの力があった
 それなのに、初級に入った。
 その人は、クラスでの成績はどのくらいだと思いますか? そう、トップなんです。
 本当は上級なのに初級。クラスの中で一番、英語ができるんです。先生が言ってること超丸わかりです。そこでトップを取って、中級に上がって、そこでもトップを取って、その勢いで上級へも行った。
 自分では、初級のときから上級の勉強もしていますから、当然、できます。 
 
 先生はこの生徒をどう思うか。「凄い生徒が出てきた。初級からトップのまま上級へ行って、上級でもトップだよ」って。
 その後、アテネフランセの講師になったんです。戦略が当たったんです。その後、早稲田大学に引き抜かれて、早稲田大学の助教授になって、やがて教授になってるんです。
 これですよ。

 

 この質問の人は、反対なんです。
 エキスパートくらいのことをやろうとして、ひいはあ、ひいはあ、言っちゃってる。
 上級くらいの能力を持っていても、そっちこっちで、やりたいこと、やるべきことがいっぱいあって、あっぷあっぷしながら中くらいの力しか出せない。それで、自分を責める理由がいっぱい出てきちゃっているのです。
 だから、物事をシンプルにして、簡単にして、自分を調子づかせる。それが大事なんじゃないか、というふうに思いますよね。
 それが、抜け出せるコツですよ。
 自分のプレッシャー、やるべきことというのは、なるべく簡単なものにして、それをやすやすと乗り越えるという、そういう工夫というのが必要なんじゃないでしょうかね。

 

 僕、昔ね、原稿書くのを仕事にしているとき本当に忘れられないことがありました。初期の頃です。物書きになって、すぐの頃ですよ。
 明日の朝、編集者が会社に来るまでに、原稿をどうしても書かなきゃならない。長尺ものの原稿をね。
 ところが、もうその前からずっと睡眠不足で疲れ切っていて、夜10時、11時になってもなかなか頭が回らない。原稿が進まない。その中で一生懸命に書こうとしていたんです。
 
 そのとき、
「ちょっと布団の中に入って休むと良いよ」
 ってアドバイス貰ったんですね。
 ものすごく甘い誘惑ですよね。「寝たら良いよ」ってね。
 寝たら原稿書けないでしょっていう思いがありますから、自分から寝る気持ちにはとてもならない。そこに寝たらいいよ、というアドバイスなんです。
 
「あ、起こすから大丈夫。原稿が間に合うような時間に起こすから。ゆっくり寝て。起こすまで寝てていいから」
 って言われてて、そうだ、休んだほうが原稿が進むかもしれないと思って、23時くらいに布団に入ったのです。
 起きたら何時だと思います? 朝の8時ですよ。
「ええーっ!」って驚きました。焦りまくりですよ。
 原稿が間に合うように起こすと言ったら、普通、午前2時か3時には起こされると思うじゃないですか。最低でも朝4時には起こされると思っていた。
 それが起こされないまま、目が覚めたのが朝8時ですから――。
 もうぐっすり寝ちゃってね。一瞬、何で起こしてくれない、って怒りましたよ、

 

 だけど、一瞬だけ怒ったけどね、ものすごい爽やかなんですよね。体調がすっかり戻ってる。頭もスッキリしている。
 だけど、時間が時間だから、
「もうこれ、原稿、間に合わないよ」
 と言ったらね。
「いやいや、今から書けば良いんだ」
 って言われてね。
「ええ、でも間に合わないだろう」
「良いから、書いてみな」
「間に合わなかったらどうする」
「そのときは編集者に、『間に合いませんでした』って電話すれば良いんだから」
 って言われて、はあ、そんなバカなと思ったけど、それから原稿書いたら、スイスイ進む、スラスラ書けるわけ。ぐっすり寝てるから、頭がよく回る。難しいと思っていた原稿がどんどん進む。
 それで間に合っちゃった。なにこれっていう思いですよ。
 
 人生ってそういうことあるんですよ。
 徹夜して書かないと間に合わない、と思う。それが、ぐっすり寝たら、間に合わないどころか逆に良い原稿が楽に書けちゃうっていうね。思わぬことがあるんですよ。
「やらなきゃ、やらなきゃ」って責めながら苦しい中でやってると良いものができない。
 たまには大胆に寝てしまう。今は、やらないで寝る、という選択肢を取る。そういうのも良いと思いますね。
 
 よっぽど不貞腐れないと、やらないとか寝ちゃうとか――“ふて寝”というのがあるでしょ、なんかやさぐれた気持ちで寝るとね、「良いや、もうどうなっても。あとは野となれ山となれ」っていうやさぐれた気持ちで投げ出すというのがありますけどね。
 やさぐれた気持ちじゃなくて、前向きな気持で、明るく、前向きに、仕事を投げ出して寝る、というのが気持ちいいものだと思いますよ。
 ときにはそれをやってください。
 
 明るく前向きに投げ出す。そして体力を蓄える。
 それからやりたいことに取り組んだらどうでしょうか。進むと思いますよ。
 こういうのは、若いときの僕は最も嫌うところでしたけどね、でもこのくらいの年まで生きてくると、意外と誰にでも時々、そういう考え方が必要な時があるんじゃないか、という感じがしますよね。
 
 
(2018年5月8日掲載)








第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」

第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます!
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.