第68回「未来を信じる」

【質問】

 私は、お父さんから「自分の未来を信じたら良い」と教えていただいたことがありますが、今ひとつ信じきれていないような自信のなさを感じます。どうすれば、お父さんお母さんのように未来を信じられるようになるのですか。

 

お父さん:

 これね、自分の未来を信じるとかの以前に、未来を思い描く、ということが大事なんです。
 意外に、ほとんどの人ができないのは、スケール感のある未来を想像することなんです。
「貴方に100億円あげます、自由に使って良い」
 と言われたら、何に使いますか。
 じゃあ、10分以内にプランをうまく書いたら差し上げましょう、と言われて、書ける人はおそらくいない。なぜなら、100億円のスケールで考えた経験もなければ、想像することすらできないからです。
 うんと減らして1億円でも、きっといないはずです。
 1千万を自由に使うプランを思い描いてください、でもいないですよ、ちゃんと描ける人は。
 カップラーメンを倉庫いっぱい買うとかね。なっちゃうんですよ。
 これはおカネの使い方を例えにしてみたのですが、自分の能力にしても、自分の活躍する世界にしても、高いレベルの自分を想像して思い描くというのは、意外に難しくて、なかなか自分の体験から出られないのです。

 みんなが子供を生んで、四畳半くらいの狭いアパートで育てたとして、広い代々木公園に連れていって、遊ばせたとします。
「さあ、好きに遊んでいいよ」
 と言うと、子供は「わあい」といって四畳半の範囲をくるくる走り回ってますからね。最初のうちはなかなか四畳半分のスペースから外に出ない。その人の家の広さがわかっちゃいます。
 そういう空間的なスケール感も、あまり広がらないんですよ。まあ、半日もすると広い範囲を走り回れるようになりますけどね。
 だから想像できないものは信じられないので、まず自分の未来のイメージというのを作ることが大事なんじゃないかなと思うんですよ。
 
 
 意外に、これは一部でもいいんです。
 一部って変ですけど、例えば、「自分が将来住む家はまず、これ」みたいなね。
 絵を描いちゃうんです。
 自分の家から見える景色。
 そんなことでもいいんですね。
 
 
お母さん:

 お父さん、家の絵を描いていたことがあるねえ。それ、実現した?
 

 
お父さん:

 いや、実現したんですよ。大きな家を描いたんですよ。
 いま考えると、それは自分の家ではなくて、なのはなファミリーで実現しているんですよ。ただ自分が描いた絵と、なのはなファミリーは形がちょっと違う。
 
 そのとき僕はまだ、なのはなファミリーをやるって決めてないのに、なぜか部屋がいっぱいあって、吹き抜けで大きなリビングがあり、色んな人が来てそれぞれ勝手に住んでて、僕はまだもの書きの前提でしたから、ちょうど放送室のようになったガラス張りのところで、僕はものを書いている。1人で原稿書いているのは寂しいのでガラス張りで。声が聞こえると原稿書けないのでガラス張り。
 来てた人は何してたか知らないけど。上に向かって叫ぶと、みんな「なあに」って出てこれる。
 
 僕は将来、そこに住んでたくさんの人と一緒に生活している、というイメージでそういう絵を描いていたんですね。結果的にここになっちゃいましたけど、形はちがうものの、不思議なのは、そのときたくさん人が一緒に住んでいるという、イメージだったんです。それがなのはなファミリーになったんです。なのはなファミリーができるずっと前から、イメージだけは持って、いつかそれが実現するだろうと信じていました。
 
 で、僕は、ちっちゃいときから、自分みたいな子供をいっぱい集める施設をやろうと思っていたんです。……いや、施設じゃなくて、自分の子供として里子をたくさん貰おうと思っていて。部屋がいっぱいあって、そこにみんなが住んでるというイメージのね。そういうふうな生活をしたいんだと言って、絵まで描いて壁に貼っていたんですよ。お母さんにも見てもらっていた。
 そしたら、それがなのはなファミリーになって実現していた、ということなんですけどね。
 
 
 いろんなことを断片的でいいからイメージしてみるのが大事。自分の仕事のことでもいいんですよ。イメージだから、あまり根拠や理由にとらわれなくていい。
 僕は家を例にいいましたけど、家と言うより生活のイメージだったんですよね、僕のね。将来こんな生活をしていたいという。
 それをイメージする。
 まずはこういうイメージという、それがどんどんリアルになっていく。信じるもなにも、イメージは作るもの、未来はつくるもの。頭のなかで先に作り上げちゃう。ということですよ。

 それを、みんな、ある程度自分の中のどこかの一部でやってるはずなんです。
「自分はこんなふうになりたい」って願っているはずなんですよ。それを、もっと意識的に、具体的にイメージする癖をつけていくといいんです。
 よく言っているでしょう、「自分の思った以上にはならない、思った以下にもならない、思った通りになる」。いかに思うということが大事なのかということなんです。
 本当に高い生活、高いレベルの精神生活、質の高い本当にやりがいのある生活、生きがいのある人生、それを生きたかったら、そういう、生きがいのある人生をイメージするということですよ。
 

 で、意外に、人間の脳みそって、潜在能力は高いんですけど、リアルな能力は限界があるんですよね。
 限界というのは、考えるキャパシティの限界です。
 脳の活動は、インプットとアウトプットの2つに、僕は分けられると思うんですけど、その脳のキャパシティをインプットで使い切ってしまうと、もうおしまいでそれ以上は働きません。今日の消費エネルギー終わり、ジャンジャン。エネルギーをアウトプットで使っても、同じ。脳はそれ以上、働きません。

 インプットの最たるものはテレビです。テレビを見てると、自分と関係のない、向こうのテレビ局の人が作った原稿、あるいは思いついたおしゃべりで、それをきいてるとそれで頭が一杯になって、ジャンジャン、お終い。それで脳のキャパシティを使い切ってしまうんです。
 すると、自分のイメージというのもアウトプットですし、プランというのもアウトプットですから、アウトプットすることができなくなってしまうのです。脳がテレビ視聴で疲れ果てて、あらゆるイメージがしにくくなります。
 なのはなファミリーではテレビを見ない、というのはそれもあるんです。テレビのような垂れ流しのCMや雑多な言葉、色、映像で脳を疲れさせたくない。

 いいインプットには、本があります。それも、小説を読むこと。
 意外に、僕が見ていて、あれれれって思うなのはなファミリーの子は、僕のおすすめ本じゃない本を読んで喜んでいることが多いです。感動している。僕のおすすめ本じゃないのばかりを読みたがる傾向がある。そんな子は何が好きかというと、一番顕著な例では啓発本を読みたがる。ここには今はそういう本は置いていないですが、自分で持ってきて読みたがります。
「こうやって生きがいある人生を送ろう」みたいな本があるとします。そういうのを読んで、「感動しました」みたいなね。それは僕の考えと違うことが多かったりするんです。変な話し、啓発本への依存もありますからね。やたら啓発本ばかり読みたがる、成長した気になってしまう。セミナー依存みたいなね。教わるのが好きなんだと思います。
 インプットでもそういうのでは困っちゃうんですけど。
 みんなの場合は特に、頭の中の世界を広げる手段のインプットとして小説を読むのがいいと思います。自分の内側を耕す小説、これはインプットでも内側を耕すからいいんですよ。ただ知識が増えるというだけではなく、小説の中で疑似体験をしながら、感情の幅を広げていく。

 それでいてアウトプットも同時にしていくこと。その1つは日記を書く事です。調子が悪くなると日記も書かなくなる。自分の妄想の方に行っちゃうんですね。正しく適切なインプットをして、適切に正しくアウトプットができるようにする。

 未来というのは、明日も未来ですよ。1か月後も未来、10年後も未来です。
 10年後の未来を、上手に想い描ける人というのは、明日のプランもきちっと立てられる人なんです。
 なのはなで、ダンス、音楽をやってる、農業、建築をやってる。色々やってるけど、それできちんと自分のプランを立ててなのはなで活躍できる人は、5年後のプランもおそらく自分が活躍できるプランを立てられる。
 今、なのはなでうまく作業が進められない、活躍できない人というのは、つまり3日後のプランも1か月後のプランも、上手には立てられていないはずなんです。
 

 先日、しょうおう町民音楽祭がありましたけど、そこで自分がピシッと踊って、ピシッと演奏して、ステージをきちっと盛り上げよう、とイメージできなかった人が、5年後10年後の自分のプランというのはイメージできないはずなんですね。
 まずは近未来をきちっとイメージする練習をする。
 イメージ通りいく、という人は、認識力が高い。行動力も伴っている。
 そういう人は、5年後、10年後もきちんと間尺に合ったイメージをして、間尺に合ったプランを立てていける。
 

 だけど現実はどうかというと――。
 僕の体験では、イメージしたよりも、ちょっと上に行きます。現実はね。
 これは不思議なものですよ。
 それはね、“頑張らない人分のプラス効果”があるからなんです。僕が思うには。
 前から時々言ってるけど、自分の持てる力が100、あるとします。
 50頑張ると見返りは20くらいです。持てる力の80くらいやると見返りは40か50。
 それが自分の持てる力の100%でやると、見返りが150くらい来るんです。
 じゃあその100にプラスされている50は何かというと、80頑張った人ののこり40とかが、100%頑張った人のほうに上乗せされるのだと思います。
 頑張らない人は、頑張っても頑張っても見返りはうんと少ない。100%頑張った人は、ときに100の見返りではなくて、150も200も、場合によっては300も見返りがある。つまり、見返りが偏ってくるんです。
 だから、全力を尽くして生きていると、思った通りよりも、現実にはちょっと上へ、上へと行っちゃう。そういうことなんですね。
 

 そんなに難しいことじゃないです、みんな持てる力の100%出せばいいわけですから。誰よりも力を出さなきゃいけないんじゃない。比較じゃないですから。
 自分の100%でいいんです。
 早いうちに100%頑張って、ぽんといいところへ行く。そこでまた100%頑張って、またいいとこまで行く。
 だから、子供のときは、あれ大した人じゃないなと思った人でも100%力を尽くしていると、年を取ってきたらその倍々の効果ですごくいいポジションに行く場合があるんです。もちろんその反対に、いつも力の出し惜しみをして、40%くらいでやっていると、その逆に先細りしてしまうということになってしまいます。
 そういう未来のつくりかた、自分の信じかたをしたらいいんじゃないでしょうか。

 

(2018年3月30日掲載)









第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」

第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます!
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.