第66回「自己否定について」

【質問】

 誰かのいい所を探そう、見ようと思い、見つけた! と思った瞬間、自動的に自己否定をしています。

 例えば、「◯◯ちゃんはフットワークが軽くて、作業効率がいいな」と思った瞬間、勝手に、
(自分はだめだ)
(体型がおばさん体型だからだ)
(頭、使えていない)
 など、考えなくていいことが間髪をいれず頭に浮かんで、次の瞬間には、自分に突き刺さり、ひどいときには涙が出ます。
 
 昨夜、自己否定のクセは簡単になおらない、というお話しがありました。
 けれど、こうもすぐに自己否定して、凹んでいては、つみかさねていけないです。

 人のいいところを、比べずに、自分を落とさずに、自分に入れることはできますか?

 又、何度も話して頂いているのですが、もう一度、自己否定をなくす方法(反省をしない、以外)で意識したらいいことがあれば、教えていただけるとうれしいです。

 

 

お父さん

 ということですね。
 うーん、これね、僕ね、この、自己否定は、かなり根本的な問題なんじゃないかなって思っています。
 1人ひとりの精神のありようを考えるとき、まず、それ(自己否定)があるかないかという根本的な問題――。で、みんなに共通する問題でもある。ここにいるほとんどの人にね。

 で、これをなくす、一番いい方法というのはね、これをテーマにしたミーティングで、自分が――多分、親からなんですけど――誰かから否定された体験というのを、洗いざらい全部見直してみる必要があるんじゃないかな、と思っています。

 というのはね、まあ親から叱られる機会なんていうのは何回もあるわけです、子供のときにね。みんな叱られると思ってるでしょ。ところがその叱られ方の違い。怖さのレベルとか、その状況というのは、人によってかなり違うんですよ。
 みんな一緒じゃないんですよね。
 
 で、この自己否定の強い人というのは、かなり、ぐさっと叱られている。ものすごく叱られて、悲しくて残念でしょうがないという状況を経験しているんです。
 取り返しがつかないんじゃないかというくらいです。
 そんなふうに、

「本当に申し訳なかった、どうしよう、どうやったら償うことができるんだろう」
 くらい、反省してるわけですよ。子供ながらにね。

 普通の人は、時が流れたら、何でもなかった、忘れようということになるわけですけど。
 こういう人は、その心の中で、解決ができてない。未解決のまま来ちゃってるんじゃないか、ということなんです。

 

 何かで自分が失敗して、叱られた。
「アンタ何してるの」と強く叱られた。
「もうお母さんは、どうしようもないわよ」
 って仮に言われたとして、自分のせいで、親が物凄い大きな被害を受けている。大きな悲しさに満ちている。

 翌日、
「あ、それは、こうやって解決したから、もういいんだよ」
「何だ良かった。心配しちゃったよ」
 っていうことがあったとしたら、これ解決なんです。
 ところが、それがないまま、翌日も翌々日も解決がないまま、
(あれはどうなったんだろうか)
 っていう未解決事件となって、自分の中に残り続ける。

 
 そういうことが何回かあると、それが、自分の意識の下で、
(自分は、駄目だ。
 親に、物凄い迷惑をかけた、取り返しのつかない失敗をした人間だ)

 っていう後悔とか、自分を責める気持ちというのが強くなったり弱くなったりしながら、いつまでもうずき続けてるんじゃないかな。

 だから、機会があるごとに別なことで誰かと較べて自己否定したり、機会があるごとに自己否定をしてしまう。

 

 そういう場合には、自分の日頃の心がけとかなんかのレベルじゃなくて、もしかしたら、根本的なところへ立ち返って、なのはなファミリーで時々やる大きなミーティングで、自分の家族関係とか自分の傷を探るミーティングで、自分が否定された、怒られた、自分が失敗した、その体験だけをピックアップして、それを解決するというふうにしないと、根本的には解決できないのかもしれないなというくらい深い傷だと思っています。

 で、これはやっぱり解決しないとね。みんながみんなじゃないですよ、自己否定の強い人だけなんですけどね。あるいは、なにがしか一部の症状が尾を引いてる人というのは、何かそういう未解決の傷を持っているんじゃないかなと思っています。
 
 だから、これを別枠のミーティングでやらないと駄目なんじゃないかなと思っているくらいなので、簡単に自己否定を無くす方法と言っても難しいよね。

 

 どうしても、日々、簡単にできる方法でというと、ときどき「鏡を見る」というのがいいですよね。
 鏡を見る。自分の顔を見る。するとこういう人は意外と、鏡を見るとびっくりするくらい、
「なんて自分は自信なさげな顔をしてるんだ」
 と感じるだろうと思います。

 何気なくぱっと鏡を見ると、自信のなさそうな、気弱な顔をしている。

 だいたいは、人って、誰かを見て、笑顔で返されると、
(あ、嬉しいな)
 って思うんですね。悲しそうな顔してると、心配だなというふうに思うんですよ。

 で、自分も、鏡の顔を見るとね、悲しそうな顔をしてるので、あ、心配だなって思う。徐々に、心配だ、慰めてやろうかなと――。

 自分の顔ですから、明るい顔してにこやかにしておくと、あ、大丈夫だなってね。まあそんなふうにリアルタイムで自分を勇気づけることは、鏡を見ながら、できますね。

 

 あとやっぱり、人間ってちょっとしたことで失敗すると、(失敗したかな)と思うし、ちょっとしたことで成功すると、(やった)と思うし、自分は天才じゃないかと思っちゃうんですね。
 できるだけ普段の生活の中で、小さい成功体験をするように持っていく。

 壮大な成功体験をしよう、じゃなくて、小さな成功体験を日常的にしようというふうな、なんていうかな、リズムを作っていくということが大事なんですよね。

 
 ちょっと考えてみなよ。例えば、こないだ何人か包丁研ぎしましたよね。多分1人10分も研いだか研いでないかくらいです。切れなくなった包丁をシュシュシュッて研いで、シャッて切れるようになった。雑な研ぎ方にしろ何にしろね。これ成功体験なんですね。
 やった、自分は切れない包丁を切れるようにした、って。

 その前に建築担当の人は鑿(ノミ)を研いだよね。自分が鑿を研いで、刃が奇麗にとがった。これも小さい成功体験です。小さい成功体験は自分の自信を深めますので、そういうすぐにできる成功体験を見つけて、日々やっていく心がけというのは、かなり有効じゃないかなというふうに思います。

 

(2018年3月23日)









第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」

第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます!
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.