« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「なるちゃんの思いやり」 のん




8月30日
 
○早朝作業
 今朝も朝6時から早朝作業をしました。今日は下町川のピーマンとナスにダストと米ぬかと、苦土石灰を溶いた水を、畝肩の裾あたりに穴を掘ってそこに入れて土をかけるというのをやりたいということで、みんなが収穫してくれているときになるちゃんと2人でダスト取りに行かせていただきました。

 ダストがあるところまでの道のりが遠く、しかも街中の道で、なるちゃんが急いでいる感じがしたので、あまり話しかけない方がいいかなと思い、そんなに会話はなかったのですが、それだけにそこで交わしたいくつかのことがすごく心に残ったなぁと思いました。

 精米機の前に雀がいるのを見て、落ちたお米を食べているのかなという話をしていて、私がどうやってあの固いお米を食べているのでしょうかと言ったときに、なるちゃんが、田んぼにあるできる途中のお米は液体の時期があって、それを吸っているというのは聞いたことがあるよと教えてくれて、液体のお米が想像出来なくて、それがとても衝撃的でした。それにしても固いお米は丸呑みしているのでしょうか……。気になります。

 それから、なるちゃんがこの前体調を崩して横になっていたときに、私は布団に寝たり、薬を飲んだりして楽になれるけど、ピーマンとかナスは病気になったら自分じゃどうにもできなくて、それに自分が何もしてやれないのが申し訳ないというようなことを話してくれて、だからこの前、黒枯病だと分かってダコニールで防除できると知って、防除しているときには、これでよくなれるねぇ~! って思いながらやっていたんだと話してくれました。

 それを聞いて、なるちゃんはそこまで野菜のことを思っていて、野菜の気持ちを考えて、人だけでなく野菜と同じ目線に立って、野菜を育てているんだなぁと思いました。自分の野菜に対する気持ちがどれだけ浅いかということを思い知らされました。少しでもなるちゃんの思いやりの深さに近付けるように努力したいと思いました。

 ダストの山があるところに着くと、すごく木の良い香りがしました。手箕に三ツ鍬でダストを入れ、それを軽トラに空けて、軽トラ1杯分のダストをいただいたのですが、2人でものの10分で終わってしまいました。その間ずっと良い香りに包まれていました。帰るときも、信号で停止したときにふわっと香りが漂って来て、幸せな気分になりました。

 
 ダストや米ぬかなどを全部入れ終わって、作業が終わったときに、なるちゃんが、穴の中で微生物たちが動き出して何かが変化しているような感じがするねということを話してくれて、そうであったらいいなと思いました。

○お昼の集合
 お昼の集合で、お父さんが、仕事とはシステムを考えることだということを話してくださいました。ただ単純作業をやっているだけでは労働としての価値が低いと。単純作業の中でもここはこうした方が良いというシステムの改善点を見つける姿勢が大切で、ただ言われたことをやっていて、それで野菜が病気になるのを見過ごしたりしているようではいけないと。

 なのはなでやる畑作業やダンスなどは、その物事に対する姿勢を作るための手段なのだと。卒業して社会に出たときにやっていけるようにするためにやっているのだと。

 私は自分が何かを思っても、自分ごときが口出しをするものではないと思い、それを誰かに伝える勇気もなく、なら考えても仕方ないと考えることさえ辞めていたなと思いました。桃花を作るときでさえちょっとずつシステムが変わっているなぁと思っていたのに、それを受け身で構えて、あぁやり方変わったんだくらいにしか思っていなくて、本当は自分ももっといいやり方を探そうとするべきだったのだと思いました。

 どんな小さなことに感じることも、心がけひとつで自分が成長する手段にしてしまえるのだと思いました。その小さな積み重ねを大事にしようと思います。

○夜の集合
 夜の集合でお父さんが、なのはなではみんな善意を持って接しているから、自分が嫌われているとかそういう感情は被害妄想でしかないということを話してくださいました。最近何度かそういった話を聞いているはずなのに、今日誰も悪意を持って接していないということを聞いたときに、あぁ、そうなのかと思いました。全部私の勘違い、妄想だったのだと。上手く言えませんが、なんだか妙に納得してしまいました。

 誰かを好きということを考えていれば、嫌われている、嫌いということを考える頭のスペースがなくなる。でも疲れているとき、睡眠不足のときには要注意で、好きと考える余裕もないから、そんなときに頑張ってしまうと、なんで私はこんなに頑張っているのにみんな頑張ってないの!? とイライラしてしまうことがあるということも教えてくださいました。

 最近の私はまさにそんな感じだったなと思いました。精一杯というよりいっぱいいっぱいになってしまっていました。ちょっとしたことに目くじらを立てて、イライラしたり、悲観的になって被害妄想をしたりしてしまっていました。疲れたら早めに休む。頑張りすぎない。そういう調節をする要領の良さを身につけたいと思います。常に人を好きだと思えるくらいの、良いとこ見つけをできるくらいの余裕を心に持って生活したいと思います。

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.