« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「正しくあろうと思う気持ち」 ゆき




8月30日
 
○台所作業

 最近、毎日台所作業をさせて頂いています。お父さんが、お話し下さった、手を切りやすい野菜、カボチャの正しい切り方を、河上さんが、台所に入っていたメンバーに教えて下さいました。私は、大きくて丸い形の野菜を切るとき、固定概念で、4分割にしなければならないと考えてしまっていて、1番大切な、安定感を横に置いて、4分割にして切ることを優先させてしまっていました。河上さんも、みんなはカボチャを4等分にして、いつも切っているとお話し下さって、正しい切り方は、まず、半分に切ってから、半分の状態のまま、左から順々に切っていくと、安定した状態で切れると教えて下さいました。それは、きちんと頭で考えると解ることだと仰っていました。

 私も、その言葉を聞いて、私は自分の頭で考える事をしていなかったのだと思いました。河上さんも、藤井さんも、野菜の切り方なんて、誰からも教わっていないけれど、考えたら解ると、仰っていて、私は、周りの人の切り方を真似しただけで、自分で、カボチャをどう切れば安定した状態で切れるのかを考えていなかったと思いました。4等分にすると、ぐらぐらして切れにくいことは、今考えてみると誰もが解ることことです。私は自分のとっていた、無責任な行動が恥ずかしくなりました。

 お父さんと、お母さんが、いつも自分の心と頭を使って物事を考えなさいと、教えて下さることを、実践できていませんでした。でも、今回その間違いに気が付くことが出来ました。作業でも、日々の生活でも、自分で考えて、それでも、もし解らない事があれば、自分ではこう、思うけれど、正しい方法を教えて頂けますか? と、まず、自分の考えを相手に伝えてから、教えて貰うようにしていきたいなと思いました。カボチャの正しい切り方を教えて頂いた後に、切らせていただいた、カボチャは本当に安定感があって切りやすかったです。何事にも、あるべき姿、正しい姿があります。そのことを胸に置いて、過ごしていきたいなと思います。

 お父さん、お母さん、いつも正しい事を教えて下さって有り難うございます。もっと、自分の行動に責任を持って、誠実に生活していきます。

○アコースティックギター教室

 昨夜、たかこちゃんがアコースティックギター教室に新しく入ってくれて、またアコースティックギター教室のメンバーが増えて、賑やかになりました。たかこちゃんの、誠実で真面目なところを、とても私は尊敬しているので、一緒に練習していけることが嬉しいなと思いました。教室には、みとみちゃんと、ろくすけくんも来てくれて、図書室の空気を一段と明るく、華やかにしてくれました。

 アコースティックギター教室が始まる前に、お父さんが、楽器に向かう姿勢についてお話し下さいました。高い意識を持って楽器に向かい合っている人と、大体で考えて弾いている人の上達の違いをお話し下さった時に、私は、自分の出している音が甘いなと思いました。明らかに、まえちゃんと同じ音ではないからです。同じ曲を弾いているけれど、正確さが、違っていることを感じました。

 私は、妥協しているというよりも、早く曲を完成させたくて、焦って練習していた気がしました。丁寧で綺麗な音を出すことよりも、暗譜して曲が間違いなく弾けることを目標としていました。一音一音を丁寧に、正確に弾いていくことを、忘れてしまっていました。

 そのことは毎回、アコースティックギター教室の度に感じているのに、1人で練習しているときは、忘れてしまっていました。1人の時だからこそ、音を丁寧に当てていく美意識を持って、ギターを弾いていかなければならないのに、私は闇雲に、楽譜に書かれた音を出しているだけでした。
 
 それでは、人の心を動かせるようにはならないと、お父さんのお話を聞かせて頂いて思いました。まえちゃんのように、自分の出している音に責任を持って、正しい音を出せるように、日々心がけていきたいなと思いました。お父さんが話して下さることは、全部私に当てはまっています。自分の未熟さや、甘さを痛感するけれど、お話を聞かせて頂くことで、自分の間違った甘い考えを知る事が出来ます。そして、正していこうと感じる事が出来ます。いつも、間違ってばかりで、迷惑をかけてしまうことも多いのですが、正しい事を教えて下さって、正しい方向に導いて下さって、本当に有り難うございます。少しでも、正しいあるべき姿に近づけるように、努力していきます。

 アコースティックギターを弾きながら、私は自分を深めていきたいし、人の心を動かせるような演奏をしていきたいなと思います。昨夜も、まえちゃんの横で練習させて貰えて、まえちゃんの正確な音を沢山聞かせて貰いながら、一緒に練習させて貰えたことが嬉しかったです。今、感じている、正しくあろうと思う気持ちをいつも、胸においていたいと思います。

○ベストオブ日記

 みんなの日記を読ませて頂いていると、自分が感じることが出来なかった感情や、気持ちを知る事が出来ます。同じ1日を過ごしていても、深い人は、深みのある1日を過ごしているのだなと思います。私も、もっと心を深くして、心を耕して、濃い世界を見ていきたいなと思いました。

 なのはなファミリーに来て景色を見る目が変わってきたことは自分でも実感しています。今までは見過ごしていた景色に目をとめられるようになったし、関心が持てるようになりました。知らない花の名前を幾つも覚えたし、野菜がどうやって育っていくかを知る事が出来ました。何よりも、畑に出る喜びを知る事が出来ました。幸せな世界がみんなの中にいると広がっていきます。そのことがとても嬉しいし、私の喜びとなっています。

○季節

 最近、室内にいると、外から涼しい風が入ってきます。朝晩も、丁度良い温度で、ずっと、この気温が続いてくれたら良いのになと思う程、過ごしやすいです。夏の暑さで眠れない夜と、冬の寒さで眠れない夜の、中間地点にあるこの季節は短いけれど、この、穏やかで過ごしやすい季節の変わり目を楽しみたいなと思いました。
 四季のある国に生まれ落ちて、四季を感じられる場所にいられることが嬉しいです。今朝も、降っていた雨が止んでくれて、みんなが畑に出られて、作業が進んだお話を聞かせて頂けて、嬉しかったです。台所から、見えるグラウンドの横を走りながら作業に向かっている姿を見ると、とても嬉しいです。
 
 このまま、稲刈りまで、穏やかな天気が続いてくれたらいいなと思います。みんなで行う、お母さんが指揮をして下さる稲刈りも楽しみです。秋晴れの下、みんなでの稲刈りが出来ると思うと、わくわくした気持ちになります。

「わくわく」ってよく使ってしまうけれど、正しい日本語なのか不安になって辞書を開いてみると、期待、喜びなどで心がはずみ、興奮気味で落ち着かないさま。と書かれていました。使い方が間違っていなかったので安心しました。わくわくする気持ちを心に持っていられるように、いつも前向きで、外向きな姿勢でいたいなと思います。

 ○野花

 崖崩れハウス前畑に咲いている露草が最近とても綺麗だなと感じていて、調べてみたら、ツユクサ科のツユクサ属であることが解りました。花びらも見た目では藍色の2枚しか見えないけれど、下にも半透明の花びらがある事が解りました。雄しべは、長い2本だけが完全で、黄色いものは不完全で、仮雄しべと書かれていました。私は、不完全な雄しべがあることを知らなかったので、仮雄しべの文字を見たときに、少しびっくりしました。知らないことをしっていく感覚が、とても楽しいし、もっと、もっと、知識を増やしていきたいなと思います。ツユクサって、よく聞く野花だけれど、名前と花が一致していなかったので、名前と、花が一致したことが、嬉しいなと思います。

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.