« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「午後の作業」 うり




8月30日

*早朝作業
 マクワウリの収穫をさせていただきました。日に日に元気になってきている気がします。新たな実も沢山、見つけることが出来ます。最近の朝食で納豆も出ていたので、実の下に納豆パックの蓋敷きもすることが出来たのが良かったです。
 収穫の後には、崖崩れハウス前畑の、昨日まりのちゃん達が定植してくれたブロッコリーに鶏糞の追肥をし、土に馴染ませたあと、不織布と日除けの為に寒冷紗をかけました。人数がいたのであっという間でした。
 また朝食まで時間があったので、石の下畑に行き、須原さんに作っていただいた畝をもう少し高畝にしたいということで、畝幅を少し小さくして、高さを作りました。また新たに定植するキャベツ用に4畝しました。最後に、隣に植えてあるシャルムの水やりをしました。朝から、沢山の野菜の作業を回る事が出来て嬉しかったです。土から少しポコッと頭を出して植えてあるシャルムが可愛かったです。

*朝食
 みとみちゃんの持ってきていただいた牛乳をみんなでいただきました。一昨日くらいに、保冷のケースを持ったみとみちゃんを見かけて(こんなに大きなのに何が入っていたのだろう)と思っていたのですが、きっとそこに牛乳が入っていたのですね。禄ちゃんも更に、お腹の中にももうひとり居て(今日、お話聞いてびっくりしました。凄く嬉しかったです)大変だろうに、みんなにお土産を持ってきてくれたみとみちゃんの優しさが嬉しく、本当に有り難いなと思いました。
 
 牛乳パックには「花とミルクの島 淡路島牛乳」とありました。私は、淡路島には行ったことが無くて、島にはどんな花が咲いているのだろうと、また牧場が沢山あるのかな、と雄大な自然を創造しました。行ってみたくなりました。ゆうきちゃんの小豆島も魅力的で、島巡りをしてみたいな、と思いました。
 また副菜に出ていたモロヘイヤもいただけて嬉しかったです。ネバネバパワーで夏の最後の暑さを乗り切りたいです。

*午後の作業
 小豆の土寄せの作業に入らせていただきました。夕の子畑上・下・桃横畑と3つの畑を回りました。耕耘機をかけてくれていて、土がふかふかでした。けれど、私は30分もやると手や首、腰がしんどくなってきてしまいます。いつも土寄せの作業は、辛いな、と思ってしまいます。手にマメが出来て、潰れてしまいました。みんなはいくらやっても疲れてないようで、勿論慣れもあるのだと思いますが、私はやり方が違うのかなと思います。力のいれ具合も間違えてしまっているのかもしれません。
 そう思って、みんなのやっている手つきを見させてもらうのですが、自分との違いがよく分かりません。ただ単に身体の出来、体力が無いだけかもしれません。(少しゆっくりやってもいいだろうか、休んでもいいだろうか)などと、駄目な気持ちが浮かんできます。
 けれど、前を見ると、私よりも入居が浅いのに(そんな比較は違うのかもしれませんが)かなちゃんは手を緩めずに一生懸命やっていました。こんなところで自分に負けちゃいけない、と私も言い聞かせることが出来ました。
 
 もう少し、もう少しと進みました。5時になり当番さんが抜けて人数も減ってしまったので、終わるかなと思ったのですが、稲おこしのチームのメンバーが駆けつけてくれました。そして、5時30分の段階であみちゃんが、「今日の作業は、45分までの15分で夕の子畑下は終わらせよう」と言いました。けれど、みんなの猛烈な追い上げで6分で終わりました。また、あみちゃんが、「桃横畑も行けるとこまでやろう」と言ってくれました。すると、またもやスピードがアップし、なんと全て終わらすことが出来ました。ずっと、もう駄目、身体が痛い、休みたい、と思っていたに、あみちゃんの声やみんなの姿を見ていたら、やれる! やりたい! 頑張ろう! と力が湧いてきました。みんなに引っ張ってもらいました。

*お父さんのお話
「将来、桃で何千万も儲かったら何に使いますか?」
 という質問に対してです。この地域の農家さん、またそれだけでなく農業全体のことを考えているお父さんの答えに感動しました。お父さんは、やっぱり凄い人だな、と思いました。こういう人が世の中を変えていくのだな、と思いました。そして、自分やなのはなの事だけが良ければおしまい、ではなく、周りの人のことを考えるお父さんの優しさを感じました。私も今、そのシステムを考えられる一員としていられることが嬉しいです。お父さんのお話を聞かせていただいて嬉しかったです。

「人を好きになる」には、自分の気力、体力が無くてはならないと仰いました(言葉が間違っているかもしれません)。睡眠をちゃんととり、自分を安定させた上で、気持ちにも余裕が出来ます。また、作業中の注意不足での怪我も防げます。
 ただ、私はすっと疲れがとれません。睡眠を上手くとれるようになりません。眠っても浅く何度も目が覚め、トイレにも起きます。シエスタでも眠れたことがありません。なのはなに来る前は、睡眠はとれていたのですが、それでもいつも疲れていて、自分の元気な状態というのが分からないほど、もう何年も楽に動けた記憶がありません(小学校の時からそんなかんじです)身体は常にだるく、頭も働きません。
 作業は、一生懸命やっているつもりです。今日、お父さんの仰った少しゆるめの一生懸命というのが難しいです。手を抜く、というと言い方が悪いですが、自分が許せなくなってしまいます。完璧主義とは少し違う気もするのですが、真面目でない自分は嫌です。また、人の目線が怖いのかもしれません。人と比べてしまっているのかもしれません。
 今の自分の身体の状態と、精神的な状態のギャップがあって、しんどくなります。どちらにも余裕が無くなっています。疲れを取る方法や、睡眠はどうやって上手くとれるようにしていけば良いでしょうか? 教えていただけたら嬉しいです。

 ペンキの塗った竹のことです。ペンキの塗った竹は、持ちがよくなるということを知りました。ただマクワウリの支柱で、横竹はペンキの塗ったものを使っていたのですが、黒マルチを剥がす時に、そのペンキとマルチがくっついてしまっていて、剥がすときにかなりマルチがやぶれてしまっていた箇所がありました。破れてしまったマルチは、かなりボロボロでこの間、一応まき直したのですが、他の何かに使えるか微妙になっていしまいました。上手い剥がし方を考えられればいいなと思うのですが、そこが少し難点だなと思いました。
 
 宿儺南瓜を初めて見て、びっくりしました。前に(誰だか忘れてしまったのですが)食事の時のコメントで
「(宿儺南瓜を持っていたときに)最初、何を持っているのか分からなくて、恐竜を抱いているようだった」
 と言っていたのですが、今日、お父さんに見せていただいた宿儺南瓜は、頭が曲がっていて、緑の色も少し恐竜の赤ちゃんぽくみえるな、と思って面白かったです。宿儺南瓜の漢字も気になって調べたのですが、こんな漢字を書くんだ、とびっくりしました。私は、ホクホク派なので(また栗も大好きなので)どんな味がするのかな、と、みんなでいただける日が待ち遠しいです。
 
今日もありがとうございました。おやすみなさい。

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.