« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「奇麗になった桃畑」 ちさ




8月29日

*みとみちゃんとろくすけ君

 みとみちゃんとろくすけ君がいてくださって、それだけでとても嬉しいなと思います。
 ろくすけ君の声を聞くと元気を貰います。
「まっ」と、おいしそうにご飯の時、おやつのトウモロコシを頂いているときのろくすけ君の声。
 廊下を走る、軽やかな、元気いっぱいの足音。
 みとみちゃんの靴をはいて、大きい靴を嬉しそうにはくろくすけ君。
 色んな人の中で、遊んで貰って、笑っているろくすけ君。

 そして、みとみちゃんがいてくださるだけで、その落ち着いて、穏やかな空気にすごく安心した気持ちになります。

 同じように1日を過ごしているのだけれど、また違った空気があって、お母さんがお昼に仰っていたみたいに、いてくださるだけで自分の気持ちも、空気も和らいで、嬉しいなぁと思います。
 ろくすけ君と遊ばせて貰ったり、だっこさせて貰うと、それだけで幸せな気持ちになります。
 そんなみとみちゃんとろくすけ君の姿だったり、卒業生の姿は、自分たちにとって本当に希望だなと思います。
 同じこの道を通って、前を歩いてくださって、切り開いてくださっていて、とても嬉しいことだなと思います。

 みとみちゃんのお腹にもまた1人赤ん坊がいるのだと。
 とても嬉しいなと思います。
 みとみちゃんやろくちゃんから、幸せをたくさん貰っています。

*奇麗になった桃畑

 夕方は、池上桃畑の草刈り・草集めの作業に入らせて頂きました。
 昨日、一昨日で、見違えるように奇麗になっていっていて、今日はもう少し残っていたところや、最終的な仕上げをしていきました。
 あんなちゃんとあけみちゃんが斜面の仕上げや、反対側(上田んぼ側)の斜面の草刈りを進めてくださいました。
 そして、のりよちゃんと草集めにはいりました。
 斜面の最終的な草集めと、下の整理をしていきました。
 溝が見えるように、下の方も奇麗に集めました。桃の近くにあまりよらないと嬉しい(手入れのため)ということで、山を奇麗に整えたり、やりたいことはたくさんありました。
 山を移動させるときは、とても大きな山で、のりよちゃんと一緒に、セーノで持ち上げて、押しました。一気にゴロッといったときはすごく嬉しく、気持ち良く、なんだか笑ってしまいました。

 のりよちゃんと作業をさせて頂けたことが嬉しかったです。
 作業の中で、のりよちゃんがずっと気持ちを大切にしてくださっているのを感じました。のりよちゃんの暖かい、真っ直ぐな空気にとても安心した気持ちになりました。
 いつも笑顔で、「これをいこう」「次こうしたら良いかな?」などと声を掛けてくれていて、前向きな空気に気持ちを引っ張って貰いました。
 のりよちゃんといると、凄く楽しかったです。それはのりよちゃんの優しさなのだと感じました。
 のりよちゃんのように自然と前向きな、優しい空気でいられる人になりたいです。

 ふと、斜面を見上げると、そこには数日前に見た斜面とは全然違うものに思えました。木や草などが刈られて、開墾されて、斜面も生き生きとしているように見えました。スッキリしていて、涼しそうで、気持ち良さそうでした。
 斜面に住んでいた、草たちが、お引っ越しをして、今は桃の隣で休んでいます。笹は堆肥化しないから燃やすのだと、あんなちゃんが教えてくれました。
 ものによって答えが違ってくるのだと思いました。
 みんなの中で桃畑の草刈りの作業に入らせて頂いて、自分は判断力が乏しいことを感じました。(自分のことになってしまいすみません)
 今まで、周りの人に言われたままに従って、自分を消して、相手の都合に合わせて生きてきて、だから、いつも周りを伺って、自分で判断する力がないのだと思いました。
 草を山にするときも、どのくらいまで大きくして良いだろうか。どこにつくったら良いだろうか。もう1つ作るべきなのか、邪魔なのか。
 迷う部分はいくつもありました。でも、これでいいのかわからない気持ちがあって、最後はのりよちゃんが一緒に考えてくれたり、あんなちゃんに聞かせて貰いました。
「もうすぐ肥料入れとかもあるから、できたら桃の葉の周りより1メートルぐらい離れていたら嬉しいな」
 という風にあんなちゃんがいってくれて、そうなのか、と、思いました。
(笹が堆肥化しないから離したいのかな)などと思っていたのですが、それではどこまで話したら良いのかわからなくて、あんなちゃんの言葉に、そういうことか、と思って、自分は抜けていたと思いました。
 もっと視野を広く、先を読んで、判断ができるようになりたいです。
 今はみんなからもっと吸収していきます。だから他人事にしないで、言われたままにやるのではなく、心の中で(リーダーさんだったら、こうするのかな)などと考えながら、同じ気持ちで作業をしていきたいです。
 
 少しズレてしまうかも知れませんが、お昼にお父さんがお話し下さった「改善」も大切にしたいです。
 言われたままに、単独作業をするのではなくて、心を使って、もっとどうしたら効率良い作業ができるかを考えながら取り組みたいです。
 
 
(話が戻りますが)上田んぼ側の斜面も、刈ってくれて、草集めも終わりました。道路から見上げると、桃の木が見えて、とても景色が開けて、凄く嬉しいなと思いました。
 少しでも多く日が当たるようになりました。
 今までより、もっともっとたくさん光を浴びて、大きくなる来年の桃がまた楽しみだなぁと思って、もう今からワクワクします。

 お父さんお母さん、みんなのことが大好きです。
 ありがとうございました。

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.