6月16日「たった一度のリハーサル」 なお

○たった一度のリハーサル
 
 明日は、TACの模擬試験の日です。
 私たちボーイングチームは、TAC岡山校で受験をします。私にとって、税理士試験のリハーサルと言えます。他の受験生に囲まれて問題を解く機会は、本試験までたったの一度きり、明日だけです。
 
 模擬試験を受ける一番の目的は、いつもとは違う場所で、いつもと違う人たちに囲まれて、いつもとは違う空気の中で、2時間の問題を解く、という体験をすることです。なのはなにいて模試試験を解くときは、1人きりです。もちろん時間を計って解きますが、自分だけの世界に入ってマイペースで解くことができいます。慣れた場所なので、とても解きやすい環境です。
 
 しかし、本番は違います。当たり前のことですが、1人ではありません。試験官がいて、前後左右にずらっと受験生がいます。自分の緊張感だけでなく、周りの人の緊張感もひしひしと感じます。試験中も、たくさんの電卓を叩く音が聞こえ、問題用紙のページを繰る音が聞こえ、理論にペンを走らせる音が聞こえます。試験中だけでなく、試験開始を待つ間も、独特の緊張があります。TACの全国公開模試は、その空気を体験できる大切な日です(ちなみに大原の全国公開模試は岡山に受験会場がないので、自宅受験をします)。
 
 全国には税理士を目指している人がたくさんいる、ということは頭では解っていても、なのはなの中にいると、その存在を実感として持つことが難しいです。ボーイングチーム3人だけの世界です。それが、外へ出て、模擬試験を受けると、他の受験生の存在を、リアルに感じることができます。
 
 いま、緊張をしています。いつもと違う場所で受験するということはもちろん、どんな問題が出てくるのか解らないという点での緊張感もかなりあります。それはきっと、まったくわからないような問題が出たときのことを考えて、不安に感じているのだと思います。できることならば、模試で良い手応えを得て、お父さんにもお母さんにも、村田先生にも、みんなにも「良い調子です」と伝えたい気持ちがあるのです。私は、とても見栄っ張りだなと思います。もしもまったく箸にも棒にもかからないような結果になったら、恥ずかしいなと思います。そういう結果を求める欲がある自分にもごまかさずに向き合って、気持ちを正して、謙虚に試験に向かいたいです。
 
 どれだけの数の人がいても、どんな人がいても、他の人の雰囲気に飲まれず、マイペースを貫けるか。淡々と解き進められるか。
 覚えていない理論が出たら、それは仕方ないです。本試験までに、覚えます。まだ反復演習ができていない直前期の計算項目が出て解けなかったら、仕方ありません。本試験までにできるようにします。覚えた理論が出たら、優先順位をつけて時間配分をうまくして書く、基礎の計算項目は焦らず落ちついて答える。それを意識します。自分の力以上のものを出そうと力むのでもなく、これまで積み重ねてきた、現時点での力を出して、表現します。
 
 本試験と同じ気持ちで、明日受験します。神様に祈るような気持ちで、良い税理士になりますと誓いを立てるために、問題を解きます。
 
 台所の人が、明日のためにお弁当のおかずやおやつを用意してくれました。ともかちゃんが、お弁当に入れるお魚を焼いてくれました。保冷剤を入れようかなと私が言ったら、すぐに取り出せる所にあるものを教えてくれました。
 明日はみんなより少しはやく朝食をいただきます。あいこちゃんとひなのちゃん、のぞみちゃんと一緒です。夕食後にあいこちゃんとたかこちゃんと3人で朝食の用意をしました。あいこちゃんが「なんだか楽しいね」と、いつもと違うメンバーで食べることを嬉しそうにしてくれました。それから、お茶は3人の分あるかな、と気にかけてくれました。
 
 こうして食事の準備をしているだけでも、みんなのさりげない心使いをたくさん感じました。応援してくれるみんなの気持ちがいつも側にあることを、気付かないくらい自然に側にあることを、あらためて感じました。
 
 私は、自分だけのために、自分ひとりでいま勉強しているのではない、ということを忘れません。私はなのはなの代表として、なのはなの子らしく、真面目に、全力を尽くして模試を受けてきます。そして、岡山まで行く機会をいただいたのだから、本試験につながる体験にしたいと思います。他の人の空気を肌で感じながら問題を解く、たった一度きりの機会を、大切にします。
 
 出発は8時です。道中の運転にも気をつけます。では、行ってきます。




受験日記のトップページへ戻る
←なのはなファミリー トップページへ





「夢を語り続ける」 6月1日

「実りのための勉強を」 6月2日

「ゆりちゃんのお誕生日」 6月3日

「すっきり、の1日」 6月4日

「Nice to meet you, Mr. Kakomon」 6月5日

「22条の森を旅する」 6月6日

「成功を日常に」 6月7日

「前向きに、逃げない気持ちで」 6月8日

「考えること、生み出すこと」 6月9日

「おごらず、謙虚に、あるべき心持ちで生きる」 6月10日

「簿記部6期生、2級受験の日」 6月11日

「回復の目標を持つ」 6月12日

「正しい道が目の前にある」 6月13日

「6月14日」 6月14日

「心からわき上がるゆりかちゃんのプライド」 6月15日

「たった一度のリハーサル」 6月16日

「収穫多きタックの旅」 6月17日

「『おめでとう』と『ありがとう』の1日」 6月18日

「回復すること、幸せになること」 6月19日

「ひとつの節目、そしてトップギアへ」 6月20日

「誰かのために、自分のために」 6月21日

「橋を焼く、そして私は強くなる」 6月22日

「同じ気持ちで生きる仲間」 6月23日


←なのはなファミリー トップページへ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.