« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「還元するために」 よし




6月11日
 
○簿記2級の試験の日
 お父さん、お母さん、村田先生、皆が支えて下さって、あたたかく見守ってくださって、今日を迎えることが出来て、本当に嬉しかったです。
 2日前から村田先生が来て下さっていて、今日の午前中にも、簿記の勉強の時間をいただきました。この数日間は、直前答練の第5回までの見直しを中心に勉強を進めていたのですが、昨日、村田先生が作って下さった予想問題を時間を計って解いたときに、初見で今までで一番良い点数を取ることが出来たことが、最後に、小さな自信に繋がりました。
 先生の作って下さったスペシャルプリントの最後のページには、「簿記部6期生の集大成!」「真剣勝負」というメッセージと、5年生教室で村田先生を囲んで簿記部の皆で撮った写真が印刷して下さってあって、何度も見返しては、励ましていただきました。
 
 お父さんに、「簿記部6期生には気合いが足りていない。小学生や中学生でも理解出来るような問題なのだから、集中すべきときに集中して一気に覚えてしまう」と教えていただいて、自分の甘さや、勘違いに気付かせていただきました。それからは、村田先生に質問をしに行く前に、テキストや問題集に載っている類題を見て、自分で答えを探しだすぞ、と、気持ちを強く持って、甘えた気持ちを無くして取り組もう、と思いました。テキストの付属の問題集の解答を見て、形から、そっくりそのまま覚えてしまおう、と思いました。
 村田先生が分かりやすく解説して下さったものを板書したノートも、見直しました。「勉強は、ウンウンと唸りながら苦しみながらやるものでは無い」、お父さんの仰る通りのやり方で、丸暗記してしまおう、と、決めてからは、点数が伸びていきました。(もっと早くに、お父さんが教えて下さる通りの勉強の進め方で、取り組んでおけば良かった)と、悔いが残りました。
 
 古吉野を出発するときに、お父さんとお母さんが声を掛けて下さって、「どうせやるなら、100点を取ってくるんだぞ!」と仰るお父さんの表情は、穏やかで、元気良く応えるちさちゃんの横顔が眩しくて、格好いいなと感じました。
 古吉野に戻ってきてからは、5年生教室に集まって、久し振りに村田先生のお話をゆっくりと聞かせていただきました。お話の中で、人との関わりを大切にすることや、学んだ知識を、周りの人、社会に還元するために勉強をするということを改めて教えていただいて、最近自分が感じていることと重なる部分があって、村田先生のお話を聞かせていただいた時間が、嬉しかったです。
 村田先生は、何度も、勉強は楽しいものだと仰っていて、私も、テキストの上だけで無くても、日常生活の中でも、人の役に立つような情報を仕入れたり、積極的に学んで、周りの人に還元していくことの出来る人間になりたい、と思いました。
 
 お父さん、お母さん、皆、いつも本当にありがとうございます。大好きです。

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.