« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「宝物が、1つずつ」 なる




――お父さんが運転する田植え機と一緒に田んぼを回って―― 


〈田植え機を使っての9枚の田んぼの田植えは、
2日半で終わりました〉
 

 ものすごいスピードで進んだ田植えでした。
 うるち米のミルキークイーンを9枚の田んぼに田植機で植えました。
 なのはなの田植えは、5月27日、石生田んぼから始まりました。始まったと思ったら、午前中に石生田んぼに続いて保育園真裏田んぼ、午後には上田んぼ、ストップ田んぼと、1日で4枚の田植えが終わりました。
 2日目は、午前に那岐山3反田んぼと河原小田んぼ、午後に桃横田んぼ、コミュニティ田んぼの4枚、そして3日目に奥々田んぼと、3日間で9枚の田んぼの田植えが終わりました。9枚のうち4枚は約3反ある田んぼでした。
 グラウンドに並んでいた苗が次々と田んぼに旅立ち、見るたびに苗が少なくなっていきました。5月12日に播種をしてからみんなで水やりをして育った苗は緑が濃く、広い田んぼに送り出すのが嬉しく思えるくらい力強かったです。


〈石生田んぼの田植え。お父さんの田植えを見学しました〉

   
〈上田んぼの田植え〉
 

 ■一瞬の風景

 これまで田植えというと、田植えが終わって苗が植わった田んぼが思い浮かんでいました。
 今回、田植え機と一緒に田んぼを回らせてもらい、苗を植えていく瞬間の風景があることを知りました。それは田んぼ1枚1枚で違いました。
 1枚目の石生田んぼでは、みんなで畦からお父さんの田植えを応援しました。お父さんがノンストップでターンするとき、田植機についたマーカーと畦との距離は数センチでした。
 当たるのではないかと思って息を飲むと、畦のスレスレを通過して、お父さんのスピードと正確さに驚きました。
 上田んぼでは、田植え機の先端から田んぼ一面に水紋が広がっていきました。
 ストップ田んぼでは、風でなびく水面がキラキラと光り、田植機が海のなかを進んでいるようでした。
 那岐山3反田んぼでは、お父さんが反対側の畦に進んでいくとき、お父さんの水色のシャツとその下に田植え機に積んだ緑色の苗、それが背景の空と木々の緑と重なりました
 河原小田んぼで田植えをしているとき、田植え機のツメを留めるネジが取れてしまったのですが、お父さんが田んぼの中で直してすぐに動くようになりました。

 ■田んぼを回るたびに

 コミュニティ田んぼにいるときは夕方だったのですが、作業の終わったみんなが応援に来てくれて、少しの時間だったのですがみんなでお父さんの田植えを応援できたのが嬉しかったです。
 それぞれ心に焼き付く一瞬の風景があり、田んぼを1枚回るたび、宝物が1つずつ増えていくように心が満たされ、豊かな気持ちになりました。
 田植えの3日間は本当に幸せな時間でした。
 田植え前に水を落とすことや水の深さ、苗のトレーを湿らす具合など、田植えをするとなったら気を遣わなければいけないことも知りました。
 機械植えに続いてみんなでの手植えも終わり、無事に12枚の田植えが終わりました。今安心しています。これから3か月、稲の成長とその時々の風景をみんなと見守っていけることが楽しみです。

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.