« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「一瞬一瞬を心に刻んで ――田植えに向けて代掻きをして――」 なる




 

 播種が終わり、苗作りが進むと同時に田んぼではトラクター2台で代掻きが進み、田植えに向けて準備が進んでいます。
 水面に映る緑の濃くなった那岐山や青空のなかを進むトラクター、「サラサラ」「シャバシャバ」とトラクターが水面と土をかき混ぜる音、私は代掻き、田んぼが大好きだと思いました。代掻きをしている田んぼで水に足を入れて畦塗りをしている時間は贅沢で、心が満たされていきます。
 トラクターと一緒に田んぼをまわらせてもらい、代掻きは2回あって、1回目は耕すことで細かい土が土の間を埋めて水を保つようにすること、土が落ち着くには2~3日かかること、2回目はならすことが目的であること、代掻きが済んだら土が出ないようにすることなどを教えてもらいました。目的や意味を知ると、見える景色が変わり、おもしろさや好きな気持ちが大きくなりました。

 ■お父さんの代掻き

 雨の降る日、お父さんが代掻きをされるのを畑のチームごとに見学に行きました。
 私が行ったとき、奥々田んぼの代掻きが始まるところで、初めて1枚の田んぼの代掻きを最初から最後まで見ることができました。
 初めて見る子が、
「代掻きって、トラクターでするんだ」
「雨でもできるんだね」
 と話すのを聞いていると、自分にも代掻きが新鮮に映りました。

 
 
 
 奥々田んぼでは、ツバメが、多いときは9羽、トラクターに乗るお父さんのすぐ近くを飛び交っていました。ツバメもトラクターも白と黒と赤で、まるでツバメが仲間だと思って応援しているように見えました。
 畦からみんなでお父さんに手を振り、応援できた時間が嬉しかったです。
 田んぼは地域の景色、文化なのだと感じます。1年1年、農家のみなさんで文化を守っていて、自分もそのなかの1人であることに誇りを思います。
 いよいよ田植えが始まります。一瞬一瞬の景色、時間を心に刻んでいきたいです。

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.