« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「ジャガイモの追肥」 ゆうこ




 今年は立派なジャガイモをたくさん収穫したい、とお父さんが話してくれました。ジャガイモの大豊作を願う気持ちはみな同じです。毎週日曜日にいただくカレーの中にたくさんのジャガイモが入っているとうれしい気持ちになります。
 こないだまでとっても小さな芽を土から出していたジャガイモは、1か月も経たないうちに、土から10センチ以上も真上へ伸びていました。日に日に大きくなる野菜を見るとうれしくなります。
 畑へ行くたびに、水やりや草取り、肥料まき、土寄せなどたくさんの作業があります。水やりにしても野菜の育ち具合や土の乾き具合、それぞれ野菜によって水の分量、水のあげかたが違って、畑作業は本当に奧が深いなぁと驚くことばかりです。
 野菜の気持ちになって優しく丁寧に作業を進めることがとても大切なことなのだと思います。野菜を育てていると、自分の気持ちまで丸く優しい気持ちになれる気がします。
 今回大きく育ってきたジャガイモに追肥をする作業をしました。牛肥をバケツに詰めてみんなでバケツリレーで畑へ運んで、ジャガイモにたっぷりと栄養を与える作業は本当に楽しいです。
「はい、はい」
 と声を掛け合いながら隣の子へバケツを回す作業は、みんなの存在を近くに感じ、心も身体もあたたまります。
 毎回作業のリーダーさんがどうやったら効率よく作業が進められるか考えて指示してくれます。時間を大切に使い、先を見据えた行動を日々心がけています。
 みかちゃんが、
「牛肥を取りに行きたい人」
 と声をかけてくれました。私は真っ先に手をあげてみかちゃんが運転する車で牧場へ牛肥を取りに行きました。
 初めて行く牧場にはたくさんの牛がいて、1匹ずつ名前がつけられていて、耳のところに札で名前が書かれていました。近くで見ると思っていた以上にとてもたくましい牛に興奮してしまいました。
 牧場の方がエルフの荷台に溢れそうになるくらいにたっぷりと牛肥を入れてくれました。その牛肥を持ち帰り、みんなで畑のジャガイモに牛肥をまいていきました。

 ■慎重に

 エルフの荷台に登って、スコップで牛肥をバケツに詰めていく人と、畑に一列になってバケツリレーで牛肥を撒いていく人にわかれて作業を進めていきました。
 畝肩と畝間にジャガイモに直接牛肥がかからないように慎重に撒いていきました。 追肥の作業が終わって、畑を見渡すと一面にジャガイモを取り囲むように牛肥が広がっていて達成感がわいてきました。みんなの愛情をたっぷり感じて、たくさんのジャガイモが土の中で育ってくれることを願います。
 作業が終わってみんなで空を見上げるときれいな虹が出ていました。作業の疲れなんかどこかへ飛んでいき、うれしい気持ちで胸がいっぱいになりました。
 なのはなへ来て本当に畑仕事が大好きになりました。私ももっと畑のことを勉強して今よりももっと畑作業を好きになってみんなとの作業を楽しみたいです。
 自分のためだけではなくて、お父さんお母さんみんなで美味しい野菜をいただくことを想像しながら作業している時間が本当に幸せに感じます。誰かが喜んでくれることをするのは本当に気持ちがいいです。
 これから夏に向けて畑の野菜たちが様変わりしていきます。夏場は畑作業が一番忙しい時期です。夏に向かってみんなと丈夫な心と身体を作ってたくさんの立派な野菜を育てていきたいです。 

 
〈池上桃畑に植わっているジャガイモに追肥。
桃とジャガイモは日々一緒に成長しています〉

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.