5月17日「夜空に輝く……」 なお

○夜空に輝く……
 
 古吉野のグラウンド、中庭、あるいは畑の一角。そこかしこに、マイトマトとマイカボチャが植えられています。
 
 ユーノスハウスの側には、永禮さんのマイトマト(ポルトガルトマト)もあります。のりよちゃん、ももちゃん、さちこちゃんたちが永禮さんのトマトを一緒に育てているそうです。
 
 今日、永禮さんが畑作業を手伝いに来てくださり、その帰りにマイトマトを見に行ったことを、るりこちゃんが話してくれました。永禮さんのトマトの名は、『夜空に輝く永禮さんトマト』。トマトのヘタの形を星に見立てて、“永禮(流れ)星”から、ももちゃんが命名したそうです。
 
 永禮さんとトマトをかけたとても素敵な名前は、さちこちゃんが作ったかわいいハート型のネームプレートに書かれています。永禮さんはそれを見てとても感激してくださったとるりこちゃんは言いいました。私もとても嬉しくなりました。
 
 
 いつもなのはなのことを支えてくださる永禮さんへの感謝の気持ちが、そのトマトの名前や一緒に育てていくということに込められているように思いました。
 
 るりこちゃんがその話しを夕食の席でいてくれたとき、トマトのことを本当に喜んでくださる永禮さんの笑顔が浮かんで、食堂にいたみんなの空気がとてもあたたかくなりました。
 
 誰かが、誰かために、という優しい気持ちを持って動くことや、そのことを嬉しく思う気持ち。お互い様の気持ちがなのはなにはたくさんあって、そのことを感じると安心します。自分も、いつもそんな風にありたいと思います。
 
 
 
○ボーイングのカボチャ
 
 6年生教室の前の植え込みの間で育つ、ボーイングチームのカボチャについて。先日、さやねちゃんがあんどんを外してくれました。今日は、たかこちゃんと一緒に藁をしきました。ウリハムシの対策もしないとね、と話しました。キラキラしたものを嫌ったよね、という話しから、空き缶を苗の近くに埋めてみました(本格的な対策は後でするとして、ひとまず効果があってもなくても置いてみようか、という感じで)。
 
「ここ、結構良い場所だね」
 たかこちゃんが言いました。すぐ側に柊の木と、もみじがあります。完全に日陰というわけでもなく、程良く木が陽射しを遮ってくれています。
 
 うっすらと西日を受けるもみじのシルエットが、綺麗でした。私も、そこにいると落ち着くなと思いました。やや斜面になっているので、水はけもよさそうです。土もさらさらです。栄養はなさそうだけれど、カボチャは多少やせた土地でも育つので、追肥のときにきちんと栄養を与えれば大丈夫かなと思います。
 
 ちなみに、3つのカボチャの苗字は『えびす(恵比寿?)』です。それぞれ、いま下の名前を考案中です。えびす一家のえびす3姉妹(兄弟)を、ボーイングチームでしっかりと愛情を込めて、育てていきたいです。明日、カボチャミーティングをする予定です。
 
 
 
○集中することと、心を開くこと
 
 勉強をしていて、優しくなかったなと思うことが出てきてしまいます。
 模擬試験を解いていたときのことです。なっちゃんの訓練が終わってから、私は6年生教室で問題を解きました。そのときに私は話しかけてくれたなっちゃんに対して、つい心ここにあらずで、上の空の返事になってしまいました。
 
 問題を解き終わってなっちゃんと食堂に行くとき、なっちゃんに気持ちを伝えました。
 
「問題を解くことで頭がいっぱいで、サメのこと(なっちゃんが話してくれたのは仲屋食品さんから届いたサメのことでした)を考えられなかった、ごめんね」
 
 正直にこう言いました。なっちゃんは、私の状況を理解してくれていました。なっちゃんは、悪かったよ、ごめんね、と言いました。私は、一緒にいたなっちゃんやりなちゃんに、気を遣わせてしまいました。
 
 勉強をしているといっても、完全にシャットアウトして自分の中にこもって良いわけではありません。1人で生活して、1人で勉強をしているのではないのに、私はそのとき自分のことしか考えられずに、自分の都合を優先してしまっていました。理論を書いていて、そのこと以外は考えたくない、となっていました。
 
 なっちゃんに自分は優しくなかった、と思わせてしまう私の方が優しくなかったと思いました。
 
 
 以前お父さんが、家族の中に受験生がいても、その子のことを腫れ物に触るように扱って家族みんなが心配して気を遣っている、というのは間違っていると話してくれたことがあったと思います(違っていたらすみません)。私は、自分がそうなってはいけないと思いました。
 
 全力で、自分の限界を超えるところを目指して勉強はするけれど、いつでも心をぱっと開いて外に向けられるようにしていきます。それが普通の人だと思います。勉強をしながら、心を上手に閉じたり開いたりする練習をしていきます。
 
 きっと、働くときも、家庭を持っても、そういうことは大切になります。生きていくことは、常に周りの人と心を交わらせていくことです。
 
 みんながいてくれるから、毎日勉強ができます。1人ではできないことを、しっかりと自覚して、メリハリをつけて気持ちを周りに向けていきます。ぴりぴりした空気を作らないように勉強していきいます。もしもこの時間は集中して解きたい、というときは、場所と時間を選びます。
 
 
 話は変わるのですが、最近、勉強をしていてなっちゃんの訓練の30分のペースが集中しやすいなと感じます。主に、個別問題集の解答や、理論の暗記にこの30分を目安に進めています。次の30分で何問解く、次の30分で何題暗唱する、と目標を決めています。
 
 なっちゃんのタイマーが鳴ると、脳がふっと脱力します。1日の勉強のプランも、どの時間帯になにをやるのが効果的かを考えていくのが面白いです。
 
 
 
○第5回実力判定公開模擬試験~後編~
 
 今日、計算問題の解き直しをしました。
 欠損金の繰越し控除と繰り戻し還付を整理できたのが良かったです。個別問題集では解いていたけれど、総合問題でこの両方を問われたことは初めてだったので、初見では対応できませんでした(時間もなくて、後回しにしたら手をつけられなかったです)。
 
 解説を読んだ後に解いてみたら、複雑な計算があるわけではないので、後回しにするべき項目ではなく、むしろ優先して数字を埋めて点を取るべきものなんだと思いました。
 
 圧縮特別勘定積立金も、積立年度と翌期の取崩年度、そして圧縮の要件を満たして圧縮積立金を積立てる、という3段化になると、どれかひとつの処理を忘れてしまうということがありました。
 
 初見ではできたのに、2回目はミスをしていて、それは行き当たりばったりで気付いたところから埋めていくというやり方だからだと思いました。自分のなかで、解答手順を作って、もれなく処理ができるようにしていくことでミスをなくそうと思いました。
 
 また、私は還付税金とまだ仲良くなれていないということがはっきりとしました。これまでの実判でも、初見の時には還付には白旗を揚げてしまう状態でした。処理のパターンを暗記するのと、それを裏付ける基本思考の理解をしていきいます。
 
 焦らずじっくり自分のものにしていきます。気がついたら理解できていた、できるようになっていた、大好きになっていた、そうなれることを信じていきます。

 
受験日記のトップページへ戻る
←なのはなファミリー トップページへ

 
 

 
5月17日「気持ち」 さやね

○気持ち

 今日も勉強をしました。6年生教室で、なっちゃんとなおちゃん、たかこちゃん、りなちゃんと、午後からはゆうなちゃんとちさちゃんも一緒に、みんなと勉強をしました。一生懸命に勉強しました。
 
 今日から、勉強のメインは理論の暗記です。法人税法は、理論サイクル表の新しいサイクルになりました。欠損金や確定申告の論点を、改めてテキストを読み、書き写して、理解をしています。理論の暗記をしながら、計算のテキストも見て、計算パターンも押さえていきたいです。
 
 国徴は、理論を唱えています。計算の総合問題を解きました。明日、国徴の講義があるので、前回の講義の範囲を一通り見直しました。
 
 夕方は朝食当番で台所に行きました。まりこちゃんと一緒にお米を研ぎました。ミルキークイーンは、明日の朝と夜でおしまいになり、これからはコシヒカリになります。美味しいお米が炊きあがるように、研ぎました。あっという間に、夜になりました。
 
 私は、とても浅くしか生きていなくて、心を動かしていないから、日記を書いても浅いことしか書けません。なおちゃんの日記を読ませてもらって、なおちゃんの深さに、ただ頭が下がります。
 
 一緒に勉強をさせてもらって、一緒にいさせてもらっていて、なおちゃんはこんなにも深く感じ、心を動かして、言葉にしています。なおちゃんの深さや、なおちゃんの大きさに、私は足下にも及びません。
 
 なおちゃんは、いつでも勉強の手を止めて、なっちゃんに気持ちを沿わせたり、なのはなのみんなの笑顔の中で、力を尽くしています。なおちゃんは、いつもみんなの中で、勉強をして、なのはなのみんなのなおちゃんで、なおちゃんの役割を責任を持って果たしています。
 
 私は、勉強をしている振りをして、何もできていなくて、みんなに気持ちを開けなくて、どんなに視野が狭くて、心を使わずに、大切なことを見ないように流して生きてしまっているか、と思います。
 
 私は、なのはなの子として、一生懸命に真面目に生きたいです。私は、なのはなで勉強をして、税理士の資格を取って、資格を生かして、まだ見ぬ誰かのために力を尽くしたいです。なのはなのみんなのさやねとして、正真正銘のなのはなの子として、生きたいです。
 
 何ができてもできなくても、あきらめないで、前を向いて、まだ見ぬ誰かが、いてくれてよかった、と思える生き方をしたいです。お父さん、お母さんが示してくれた、私の生きる使命を全うしたいです。
 
 深くなりたいです。なおちゃんのように、深く、なのはなを愛して、なのはなを守り、なのはなを作っていく1人になりたいです。なおちゃんのように、自分の人生に、誇りと責任を持ち、どこまでも相手の人のために、利他心を持ち、誠実に真面目に生きたいです。深く、日々を積み重ねたいです。意味のある人生を刻みたいです。
 
 なのはなのみんなを守るリーダーとして、新しい時代を作っていくリーダーとして、強くなりたいです。身体は小さくても、心は誰よりも大きく、強くなりたいです。
 
 自分のためではなくて、仲間のために、まだ見ぬ誰かのために、私の身体を、心を、人生を、尽くしたいです。どんなときも、なのはなのさやねとして、誇りと品位を持ちます。
 
 あきらめなければ必ず道は開けるから、この気持ちを、祈るような気持ちで、勉強をして、ダンスを踊り、生きていきます。




受験日記のトップページへ戻る
←なのはなファミリー トップページへ





「夢を語り続ける」 6月1日

「実りのための勉強を」 6月2日

「ゆりちゃんのお誕生日」 6月3日

「すっきり、の1日」 6月4日

「Nice to meet you, Mr. Kakomon」 6月5日

「22条の森を旅する」 6月6日

「成功を日常に」 6月7日

「前向きに、逃げない気持ちで」 6月8日

「考えること、生み出すこと」 6月9日

「おごらず、謙虚に、あるべき心持ちで生きる」 6月10日

「簿記部6期生、2級受験の日」 6月11日

「回復の目標を持つ」 6月12日

「正しい道が目の前にある」 6月13日

「6月14日」 6月14日

「心からわき上がるゆりかちゃんのプライド」 6月15日

「たった一度のリハーサル」 6月16日

「収穫多きタックの旅」 6月17日

「『おめでとう』と『ありがとう』の1日」 6月18日

「回復すること、幸せになること」 6月19日

「ひとつの節目、そしてトップギアへ」 6月20日

「誰かのために、自分のために」 6月21日

「橋を焼く、そして私は強くなる」 6月22日

「同じ気持ちで生きる仲間」 6月23日


←なのはなファミリー トップページへ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.